スポンサーリンク

ズートピア 続編企画?こっそりしゃべったのはこの人だった!

ニュース・事件

ズートピア 続編企画が注目されています

ディズニーの人気アニメーション映画『ズートピア』の続編がついに制作されるかもしれないということです。

ズートピアの声優の一人が、現在2作の続編企画が進行中だと明かしました。

スポンサーリンク

ズートピア 続編企画?こっそりしゃべったのはこの人だった!

ついにディズニーの人気アニメーション映画『ズートピア』の続編が制作されるかもしれません。

ズートピアの声優の一人が、あるイベントで明かしました。

ズートピアと言えば、世界中で大ヒットした映画です。

ディズニーアニメファンには楽しみな情報となりました。ウサギの新米警官ジュディとキツネの詐欺師ニックの、あの世界が帰ってくるのでしょうか!世界中のファン待望の情報です。

 

『ズートピア』は、アカデミー長編アニメ賞を受賞し、ディズニー・アニメーション・スタジオ史上2番目となる累計興行成績を記録しています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ズートピア 続編企画の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ディズニーの人気アニメーション映画『ズートピア』の続編がついに制作されるかもしれない。声優の一人が、現在2作の続編企画が進行中だと明かした。

 『ズートピア』は、あらゆる動物が共に暮らす文明社会“ズートピア”を舞台に、ウサギの新米警官ジュディ&キツネの詐欺師ニックがある事件を追うさまを描いたアニメーション映画。2016年に公開され、世界興行収入10億2,378万4,195ドル(約1,126億円)を稼ぎ出す大ヒットとなった。差別・偏見といったテーマに真正面から取り組むなど革新的なストーリーも高く評価され、第89回アカデミー賞長編アニメ映画賞も受賞した。(数字は Box Office Mojo 調べ、1ドル110円計算)

 今回『ズートピア』の続編について語ったのは、ニックの詐欺師仲間フィニックの声を務めたトム・“タイニー”・リスターだ。カリフォルニア州オンタリオのレストラン「デイブ&バスターズ」で行われたイベントに出席したトムは「確かなこととして言えるのは、俺は今ディズニーと『ズートピア』の続編に取り組んでいるということ。3作になるんだ。(ドリームワークスアニメーションの映画)『マダガスカル』は3作あるし、俺たちはそれに取って代わる」とコメント。

 ディズニーの中でも製作費の高額なビッグプロジェクトになるといい、「前作の製作費は2億4,000万ドル(約264億円)だったが、今作は3億ドル(約330億円)になると聞いている」と続けた。

 ディズニーから正式な発表は何もないものの、バイロン・ハワード&リッチ・ムーアの監督コンビは、ブルーレイ発売時のColliderのインタビューなどで続編に前向きな思いを語っていた。ついに機が熟したのかも?

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  声優の一人が、ディズニーの人気アニメーション映画『ズートピア』の続編が制作されるかもしれないと明かした。
  •  『ズートピア』は、2016年に公開された、ウサギの新米警官ジュディ&キツネの詐欺師ニックがある事件を追うさまを描いたアニメーション映画。
  •  世界興行収入10億2,378万4,195ドル(約1,126億円)
  •  情報を明かした声優とは、ニックの詐欺師仲間フィニックの声を務めたトム・“タイニー”・リスター。

のようですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ズートピア 続編企画の画像や動画は?

ズートピア 続編企画の画像や動画を掲載しておきます。

ディズニーの繊細なアニメーションは、すごくいいです!大人から子供まで楽しめます。

 

スポンサーリンク

ズートピア 続編企画にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

正直ディズニー映画って子供向けじゃんwって思いながら嫁さんに引っ張られて鑑賞しましたが、びっくりするくらい面白かった。他のディズニー見てないからわからない事が多いですが、この作品は大人が見ても楽しめると思います。

『ズートピア』。ファミリー映画の皮をかぶった
社会派映画だね。

動物だらけの『ズートピア』は、実はアメリカの現在の姿。

差別や偏見、多様性という重いテーマを、
家族で観られる楽しい作品にしたディズニーの
手腕は画期的。

パート2は、そのテーマをさらに進化させて、
アメリカの分断や排外主義などを描くんだろうね。

楽しみですね。

世界観がもっと作り込まれていくのが楽しみ。

様々な哺乳類やそれに適した職業や、住居、食べ物、娯楽、裏の顔。現実の社会とシニカルに結びつけるのはこの映画の醍醐味。

ズートピアの惑星には他にも大陸があって、鳥類や爬虫類も住んでいるらしいので、他の大陸との交流や、トラブルも描かれる可能性があるのだろうか。個人的にはカモノハシや、ハリモグラ、絶滅したタスマニアタイガー、日本固有種のニホンカモシカ、タヌキ、ニホンザルが出てくると嬉しい。

ちがう種の動物同士の恋愛や、結婚、同居もテーマ?になりうるのかも興味がある。あまり設定を広げすぎると破綻しそうだが。

>製作費は2億4,000万ドル(約264億円)

日本のアニメや映画とは桁違いだね!
ただ、お金を掛けるに値するだけシナリオも良い物になっていた。
日本も粗製乱造ではなく企画・プロットの段階でしっかり詰めて
その中から良い物を選別して資本を集中して欲しい。
作り手が「これ面白くないなぁ」と思いながら
薄給で作らなきゃならないようなのはやめて欲しい。

アナ雪は完全に子供向けで大ヒット
ズートピアは大人も楽しめる事件物でヒット
カーズ2は子供向けだからヒットしたけど
1,3は話が大人すぎてあまりヒットせず
日本では子供向けにしないとヒットしないというのが何となく浮き彫り

それは楽しみ。
しかし続編の情報が出てから数年かかるってのもよくある話だからなあ。
ディズニーアニメはこれに限らず、目の動きとか表情の細かい動きの描写が好きだね。

 

 

子供に付き合ってみたが大人も楽しめる名作だと思った。

ヒットしたのは内容もさることながら、日本では声優として上戸彩を使ったり主題歌をDreamAmiが唄ったりした部分の功績も大きかったと思うね。

トイストーリー4もズートピア2も楽しみ!
なんだけど、ピクサー作品の全てに大きく関わってたジョン・ラセターがいないのが気がかり。ラセターなしで素晴らしい作品ができるのか、期待と不安が半々。。。

これは楽しみ。

前作を、そんなに面白くないだろうと思ってみたら、子供より大人がはまった。うまい具合に社会問題を反映させてて、深いなと。

ピクサー、ディズニーのYahoo!映画で好評価の作品見たあとに日本の好評価のアニメ映画見たらアニメは海外に負けてないっていう意見に違和感

子供と映画館に観に行ったけど、本当に面白い映画でした。
社会の縮図のような物語で、今までのディズニー映画は観たそのままを楽しんでいましたが、深く考えさせられる映画でした。
未だにDVDで月に1回は子供と観てます(^^)

ガワこそ子ども向きですが核心部は社会派で大人も楽しいのが魅力的。
ディズニーやワーナーなど海外の大手アニメは社会問題を取り扱い、
消費型の娯楽に留まらず社会に参加していて、そのスタンスが好きです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ズートピア 続編企画?こっそりしゃべったのはこの人だった!のまとめ

ディズニーの大ヒットアニメーション映画『ズートピア』の続編2本の企画が進んでいるのかもしれないということでした。

情報を明かしたのは、ニックの詐欺師仲間フィニックの声を務めたトム・“タイニー”・リスターでした。

続編を熱望するファンも世界中にいました。再び大ヒットするのは間違いないですね!

 

 

コメントをどうぞ