スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機の原因は?気になる金額の真相は?

ニュース・事件

上野動物園モノレール 存続危機が注目されています

長年親しまれてきた上野動物園のモノレールが11月から休止との報道です。

小さい子供から大人まで、大人気のモノレールでしたが、なぜ休止になったのでしょうか。

スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機の原因は?気になる金額の真相は?

上野動物園(東京都台東区)のモノレールが11月1日から休止されるそうです。
モノレールは、東園と西園を約1分半で結び、全長わずか0.3km。

たくさんの利用客があるにもかかわらず、なぜ休止されることになったのでしょうか。

上野動物園を訪れた際には、必ずこれに乗るという方も多いでしょう。

子どもの憧れのモノレールですが、何とか存続できなかったのでしょうか。

モノレールの老朽化に対する、東京都の対応はどういうものだったのでしょうか。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 

知らなかったよ上野にモノレールがあるなんて。 #上野懸垂線 #上野動物園モノレール #上野モノレール #上野 #40形

こばさん(@kobaq18_train)がシェアした投稿 –

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

「日本初のモノレール」が存続の危機です。東京都の交通局と建設局は2019年1月23日、上野動物園(東京都台東区)のモノレールを11月1日から休止すると発表しました。

 上野動物園モノレールは、東園と西園を約1分半で結ぶモノレールです。全長はわずか0.3km。車両は1編成(2両)だけで、予備の編成はありません。

 交通局によると、現在の車両(40形電車)は運行開始から17年が過ぎ、経年劣化が顕著に進んでいるため、法令で定められた検査の実施時期を迎える前に運行を休止することにしたといいます。休止期間中は電気自動車などによる無料の代行輸送が行われる予定です。

 これにかわる新車の導入について交通局は、「今後の車両更新またはそれに替わる方策については、都民等のご意見を伺いながら、検討」するとしています。新車の導入だけでなく「それに替わる方策」、つまり路線の廃止も含めて検討されるわけです。

 上野動物園モノレールの経営は、必ずしも厳しい状況とはいえません。交通局が公表している2017年度決算の概要によると、モノレールの経常損益は2400万円の黒字。利用者も比較的多く、国土交通省が公表している『鉄道統計年報』によると、2016年度の1日平均通過人員(輸送密度)は3290人でした。

 輸送密度はローカル線の存続、廃止を判断する指標として用いられることが多く、JR北海道は輸送密度が2000人未満の路線を「自社単独では維持するのが難しい」としていますが、上野動物園モノレールはその2000人を大きく上回っています。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  東京都の交通局と建設局は上野動物園(東京都台東区)のモノレールを11月1日から休止すると発表した。
  •  上野動物園モノレールは、東園と西園を約1分半で結び、全長わずか0.3km。
  •  現在の車両(40形電車)は運行開始から17年が過ぎ、劣化しているため。
  •  モノレールの経常損益は2400万円の黒字で、2016年度の1日平均通過人員(輸送密度)は3290人。

のようですね。

モノレールの老朽化で休止ということです。新しい車両は製造に3年ほどかかる上、費用が18億円以上かかる見込みです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機の画像や動画は?

上野動物園モノレール 存続危機の画像や動画を掲載しておきます。

上野動物園のモノレールのファンの人にとって、休止の報道はとても残念ですね。行った時に、たまたま故障中だっただけでもかなりのショックです。

 

 

スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

おそらく日本車輌も1件の為に専用設計から安全装備、メンテナンスに至るまでやるのは割りに合わないので、かなり多めにふっかけてる部分もあるでしょうね。
今はどこでも人手不足だし、事業としては継続的な発注が見込める一般鉄道に軸足を置きたいのが本音だろう。

景気拡大の実感は全くないけど、不況感もない。製造業の現場はとにかく人が足りない。
もう少し景気が落ちたら半額でも飛び付くと思うけど、タイミングも悪いね。

最終的には都民が税金投入してでも存続させるか判断すればいいと思う。

子供の夢。
自分も行く度に乗りたかったけど、親には乗せて貰えずいつも通過を見上げていました。
大人になって自分のお金で乗ったことはあります。
夢でもあり、象徴でもあった乗り物。
継続維持はして欲しいけど、もしかしたら状況は違いますが、野毛山動物園のように不動車両のまま無料解放する選択が一番、丁度意見の真ん中をとれるかも知れませんね。
ZOZO Town号になりませんかね前澤さんw

必要か?無くなると困るのか?と問われれば、廃止、代替輸送の選択となると思います。しかし、文化的、歴史的な意味を考えると個人的には残して欲しい気持ちが大きいです。
車両更新の時期とありますが、20年未満で新車に更新しなくてはいけないのでしょうか?鉄道の車両としては寿命の設定が短いように感じます。
大手メーカーからの保守部品の調達が困難なので、更新しか選択肢がなくなったのでしょうか?
東京都の旗振りで、「町工場」と呼ばれる中小のものづくり企業での復活プロジェクトを立ち上げて部品供給を応援できれば、話題づくりもできて良いと思うのですが。

人生で初めて乗ったモノレール。
ぶら下がっている独特の見た目が電車とは明らかに違ってワクワクした。
輸送手段というより園内のアトラクション。
動物でワクワク、乗り物でワクワク。
子供がいないので今は乗らずに歩きますが、待っている子供達の楽しそうな表情を思い返すと存続して欲しいと思います。

東京都が公式で寄付を募ったら幼少期の体験を今の子にもさせたい大人からかなり集まるのでは?
私もそんな寄付なら協力します。

まあーやめたいよね東京都としては
今の知事の考えでは無駄の象徴でしょうし
ただ文化的側面で考えると、個人的には東京都として残すべきものかと思うけど
40億高いとみるか安いとみるか
これが二本番目三番目なら価値と言うか意味ないので廃止もやむなしですが、一番初めですからね
やはり東京都として残すべきだと思うけど

特に実用線でないのでなおの事残すべきかと

あとは東京都が考える事ですが、文化って造って守るものですから

距離が距離だし。。。
一旦無くしたら二度と再開は困難だろうな。
でも、都政がもっと高額な無駄遣いをしていることもあるから、次世代に残して欲しい。

 

 

他の方の意見にあるように募金や町工場の協力を得て修理や内装の更新はすることは出来ないのかな?
うちの会社でも依頼することありますが町工場は材料と図面さえあれば新しい部品でも修理や復元する技術持ってますから。
こちらの地域だと車齢30歳で昨年三セクの列車引退しましたがあまりにも短い気がしますが利用者が多くて痛みが激しいのかな。
維持にお金かかるかもしれませんがこれも動物園や観光の一つと思えば悪くない投資と思うのですが。
あとオリンピックを控えての渋滞対策にも。

物心ついた自分が子供の頃行った時、モノレールを見た瞬間どれだけ心踊って目を輝かせたことか!自分の子供を連れて行った時、発券してから乗車、300mの乗車区間、降りた後に振り返る時も娘も息子も同じように心躍らせて目がキラキラ輝いてました。
ここのモノレールには子供達のキラキラがワクワクを引き出す素晴らしさがあると思います。
なんとか残して欲しいですね。

東京都のみならず、首都圏で上野までのアクセスの良い地域に住んでいた人たちには、子供の時の思い出の乗り物だったと思う。横に歩道橋があるのに利用者がいるということは、やはり人気の乗り物なわけだし、大人になっても、ここの下の道路を通りかかって、モノレールが上を通過すると足を止めて見入ってしまう。できれば存続してほしい。

平成13年に比べて4倍の価格と言うのには不自然さを感じますね。同じものを作れば開発、設計費用はほとんど不要でしょうし、元々が量産品ではありませんから製造コストは物価変動分程度でしょう。具体的な品目ごとの物価変動は把握していませんけれど、少なくとも人件費だけでみれば4倍と言うのはあり得ませんね。特定の製造企業だけに聞いたのでこの価格が出てきたと思われますし、企業の方からすると、やりたくないがための価格か、どうせ受注できるのだから、と言う価格に見えます。

見積もり四倍は、お断り価格なのだろう。むしろ、昔が四億五千万だったのが安過ぎたのかもしれない。メンテ費用を、なんだかんだで値切られたりしたのではなかろうか。それでも安全が関わる設備で手抜きはできないからなあ。
モノレールに限らず、最近似たような話はよく聞く。

都民をはじめ全国の来園者がモノレールの再開を心待ちにしています。
日常生活から解放され、可愛い動物たちと触れ合い、未来的なモノレールに乗れることは、都会で空中散歩を楽しめる夢の一時です。
今のような時代だからこそ、お金には換算出来ないこのモノレールの役割が、とても大切だと思うのです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

上野動物園モノレール 存続危機の原因は?気になる金額の真相は?のまとめ

上野動物園のモノレールが11月から休止ということでした。

子ども達が憧れ、いい景色を見せてくれたモノレールでしたが、見積もりでは18億円かかるということで、東京都は休止を決定しました。特別なモノレールだったので、作り直すのには費用がかかりすぎます。今までの利益ではまかないきれないということでした。

これから車両を更新するのか、新しい交通手段を作るのか、検討されるそうです。

モノレールのファンだった方の残念な声も多く聞かれました。今後東京都がどうするのか気になります。

 

コメントをどうぞ