スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然の画像!「台風家族」に1億円の賠償の可能性?

ニュース・事件

新井浩文 関係者騒然が注目されています。

スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然の画像!「台風家族」に1億円の賠償の可能性?

新井浩文容疑者が、派遣型マッサージ店の女性従業員へ性的暴行を働いたとして、2月1日に逮捕され、その影響が過去作品にも広がり始めたことで、テレビや映画業界が騒然となっています。

新井浩文容疑者は、名バイプレイヤーとして数多くの作品に起用されてた。
映画は確認できただけでも、公開予定だった2作を含め73作品に出演しテレビドラマは61作品西出演している。

映画「台風家族」は6月の公開延期を決めたが、公開中止の場合は、損害賠償に発展する。
「製作費が5000万円で全国100スクリーン以上とすればほぼ同額の宣伝・広告費がかかる。最低限、その額を所属事務所に請求することになる」と、1億円に上ることも予想される。

 

岡田准一さん主演の散り椿も新井浩文容疑者出演です。


享保15年。かつて藩の不正を訴えたが認められず、故郷・扇野藩を出た瓜生新兵衛は、連れ添い続けた妻・篠が病に倒れた折、彼女から最期の願いを託される。「采女様を助けていただきたいのです…」と。篠の願いと藩の不正事件の真相を突き止めようと、故郷・扇野藩に戻った新兵衛。散り椿が咲き誇る春-ある確証を得た新兵衛は、采女と対峙することとなり、過去の不正事件の真相と、妻の本当の想いを知ることになるのだった…。

 

 

スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

派遣型マッサージ店の女性従業員へ性的暴行を働いたとして、2月1日に逮捕された新井浩文容疑者(40)。その影響が過去作品にも広がり始めたことで、テレビや映画業界が騒然となっている。

今年は出演映画2作が公開を控えていたという新井容疑者。だが各スポーツ紙によると、6月公開を予定していた「台風家族」は公開延期が決定。また年内公開予定だった「善悪の屑」もW主演作のため、撮り直しは困難とみられている。

そしてさらに、2月2日にはNHKの有料動画サービス「NHKオンデマンド」が「真田丸」など10作品の配信を停止した。

「このままでは、大変なことになるのではないか」

テレビ局関係者からはそんな戦々恐々とした声が聞こえてきた。理由は、新井容疑者が出演した作品数があまりにも多いことにある。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 派遣型マッサージ店の女性従業員へ性的暴行を働いたとして、2月1日に逮捕された新井浩文容疑者の影響が過去作品にも広がり始めた。

  • 今年は出演映画2作が公開を控えていたという新井容疑者。

  • 6月公開を予定していた「台風家族」は公開延期が決定、「善悪の屑」もW主演作のため、撮り直しは困難

  • NHKの有料動画サービス「NHKオンデマンド」が「真田丸」など10作品の配信を停止

のようですね。

新井浩文容疑者の強制性交の逮捕により関係者騒然している。
ファンからも「作品にも共演者にも罪はない」と嘆きの声が上がっている。
新井浩文容疑者の関係者騒然についてまとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然の画像や動画は?

新井浩文 関係者騒然の画像や動画を掲載しておきます。

新井浩文容疑者は、週明けにも所属事務所を解雇される見通しである言われています。
この事務所は、浅野忠信さんの父である前社長が2017年に覚せい剤取締法違反で逮捕され、加瀬亮さんや菊地凛子さん看板俳優も退社した。

賠償問題もあるので、事務所の経営的にも大きな影響が出てくると思われます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

性犯罪犯した人は俳優だろうがスポーツ選手だろうが罪を重くして欲しい、被害者の方がいるんだし。

作品に罪はないとも思うが、高額のギャラは責任を持って品行方正に生活し他に迷惑をかけてはならないという重しの意味を持つという事も芸能人は理解するべき。でも本当多くの話題作に出演してきたからこっちは自粛するけどこっちはとかやり出したら大変だね。まー本人は実刑も含めこれからどうなるのだろうの不安でいっぱいだろうけど到底元の日々には戻れんわな。才能にも運にも恵まれたのに勿体なさすぎる。

難しい判断ですね。私はCMの場合には予測せずに目にしてしまうから被害者や被害者家族、視聴者の感情に配慮して中止するのは企業イメージを下げないためにも賢い選択だと思う。

一方でドラマや映画は彼を観たくなければ、その出演作を観なければ良いだけの話と思うけど、高校生になる子どもは「その俳優が出てる全作把握してないし、見たくないならキャスト確認して観ろ」っておかしな話じゃない?という考え方。

やっぱり思春期の女の子なんで、それ系の犯罪者には嫌悪感があるらしく顔を観たくない、名前も聞きたくない、文字でも見たくないと思うようで自分でもそう感じるのに被害者の人はもっとなのが理解できないの!!と叱られました。

そう考えると、最低限の配慮として放送や配給を望むなら雇用主や配給会社、放送局の責任ですべての出演シーンをカット、撮り直しした上でというのが誠意ある対応になるのかな。

過去の作品についてはもうしょうがないと思う。これからの作品は代役を立てる必要性とかはあるかも知れないけど。すでにあるものを無かったことにするのは反省と言う点でも問題あると思う。無かったことは反省する必要ないと言う方針に思える。それよりも、今後の事を踏まえこのような事件ではこれだけの違約金が発生しましたとかを公表した方が良い。さらにやはり在日の通名を廃止した方が良い。本名なのらないなんて差別でしょ。都合よく犯罪が出来る優遇政策ですか。

「作品や共演者に罪はない」…。まぁ、その通りですが、それとこれとは別の次元の話。性犯罪を犯した中堅俳優が出ている作品をサポートするスポンサーがどこにいるのでしょうか?そんな無謀な企業を見付けるのは、少なくとも上場企業レベルでは難しいでしょう。

芸能界で仕事をするのであれば薬物や性犯罪は御法度のはずなのに繰り返し事件として報道されています。こういった事件が原因で過去の作品がされなくなったり、映画が上映されなくなるのは悲しい事ですね。
もうこのような事件は、繰り返さないで欲しいなと思います。

 

今撮っている・撮り終わっているけどまだ世に出ていないものについては仕方ないけど、一度世に出たものは既に過去の物だし、今から販売・放映中止にするのはやりすぎでは。共演者やスタッフが本当に気の毒だし。地上波だけは控えるという感じで十分かと思う。
印税的な物が問題なのであれば、彼に入る予定だった金を寄付や損害賠償に回すなどすればいいと思う。

有名になった位置からの奈落の底へ堕ちて行くってのは、ここまで来ると圧巻というか爽快というか何と言って良いやら。
先ずはよくぞここまでほんの僅かでも悪びれもせずに性犯罪を完遂した貴方自身に、目を背けたくなる光景だったと想像すると今後も嫌悪感が消える事は絶対にないでしょう。
酔って覚えてないと言い訳するのが精一杯だったのでしょうか。
今後、どれだけの損害賠償するかもそうですが、想定も出来ないほどの多くの人に迷惑をかけてしまったのか、これ程までの負の影響がこれまでの成功して来た輝かしい自分の人生をすべて軽く覆される影響が出た事は間違いのない事実。
どれだけ有名になろうとも、素晴らしい事をやったとしても自分の中の黒い血がどこかでいつか爆発するものでしょうか。やっぱり国籍が違うと駄目なんだな、と印象を決定づけたように思います。もう何をしても元に戻る事はありません。

「作品を見たい人は見れば良い、見たくない人は見なければ良い」という意見をよく耳にするが、消費者側にそういう選択肢があるように製作者側にも「作品を世に出したければ出す、出したくなければ出さない」という選択肢がある。

製作者側の意向・事情を無視して、消費者側だけに判断する権利があるかのように語るのは身勝手に感じる。

消費者の個々の判断によるプラスの影響・マイナスの影響はあくまで判断した個人の範囲に留まるが、製作者側の場合はそうはいかないのだから、製作者側の判断も尊重されるべきではないのか?

今の段階での自粛は当たり前の事だと思う。
公開前のものに関してもお蔵入りは妥当だと思う。(関係者はくやしいだろうけど)
一人の蛮行が関わりある者全体に迷惑をかける事を考えずに行動した容疑者には、そもそも『責任』なんて考えずに仕事に臨んでいただけの事だろうし皆で一つの作品を作り上げていると言う意識も無かったのかもしれない。

過去の作品に関しては一定期間を置いてから(ほとぼりが冷めた頃)の放送や販売なら問題ないように思うけど、主役級以外の端役での出演だったら、『見たく無い人』の目にも入ってしまう可能性は残るけどね。

一度付いた印象は(良いものも悪いものも)なかなか拭えるものでは無いと思う。
もっと大人として社会人として、一組織に属する者として、責任ある行動を取るべきだったね。

個人的には、全ての出演作品をお蔵入りにする必要は無いかと。
地上派での放送は難しいかも知れないけど、執行猶予なり刑期を終えたら、
映画、DVD、オンデマンド配信は問題無いのでは? 

地上派だと、たまたま目に入って不快な思いをするかも知れないけど、
上記は、自分の意思で見るんだから、彼を見て不快だと思うなら、
そもそも見ない、買わないと言う選択肢がある訳で、
そこまでは、否定しなくても良いと思うのよね。

まぁ、事件から逮捕まで時間差があるし、何かあるのかも知れないけど。

「作品に罪はない」という論調は一切やめてほしい。
話の本質がずれるから。

考えるべきことは「責任の範囲」だ。
現在進行形の作品であれば、関係者の責任を問われることはある程度仕方ないだろう。
しかし、既に終わった仕事にまで遡って責任を問うのは無理がある。
・未来永劫犯罪を犯さない人しか関係者に入れない
・その保証のための事前・事後活動をする義務がある
こんなこと、神でもなければできるわけがない。
現実的に不可能なことに対し責任を負わせるのはおかしい。

もちろん「被害者がある問題」の考えはわかるし、その配慮も必要だろう。だからって、「無理難題な連帯責任」はよくない。

配慮は必要だが、やり方はいくらでもあるはず。0か100かで考えるからまともな解決策が出てこない。今後もこういうケースがあると想定し、作品の配信の仕方を整備していく必要があると思う。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

新井浩文 関係者騒然の画像!「台風家族」に1億円の賠償の可能性?のまとめ

新井浩文容疑者の強制性交は、昨年の7月初めで、それから何事もなかったかのように仕事をしたり普通の日常を送ってたことが問題かもしれません。
本人には、罪と感じていなかった証明で、軽く感じていたのだと思います。

 

コメントをどうぞ