スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業に真相!働き方改革の挑戦に賛辞!!

ニュース・事件

スシロー 約500店舗一斉休業が注目されています。

スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業に真相!働き方改革の挑戦に賛辞!!

回転ずし最大手の「あきんどスシロー」は、今月5日と6日の2日間、ほぼ全店に当たる約500店舗を一斉休業すると発表した。
休日の確保が現場の士気向上につながると判断し「働きやすい環境づくりの一環」と説明している。

スシローの2月5日、6日の約5000店舗の一斉休業は、店舗が全国に広がった近年では初めての取り組みです。
「働きやすい環境づくりの一環」には、良い挑戦だと思います。

今後の企業価値を上げるために売上だけでなく社会貢献や従業員満足度が関係してきます。
『働き方休み方改革』での従業員の休暇を増加させるなど、新しい改革が必要です。
先進国に遅れを取っていた分だけ、ワークライフバランスの充実・メンタルヘルス対策を含める産業保健の充実などが必要になります。

 

スシローのことをもっと知るならこちらです。


経営理念は「うまいすしを、腹一杯。」だから、とことん原価をかけてネタは小さく切らない。企業を支えるのは職人気質と合理的マネジメント。ファンドと組んで、強くなったあきんどスシローが回転ずし日本一になったこれだけの理由。

 

 

スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

回転ずし最大手の「あきんどスシロー」は2日までに、今月5日と6日の2日間、ほぼ全店に当たる約500店舗を一斉休業すると発表した。「働きやすい環境づくりの一環」と説明している。一斉休業は、店舗が全国に広がった近年では初めての取り組みという。

 休業するのは、ショッピングモールなどに入っていて休めない11店を除く全国の店舗。従業員からの要望もあり、休日の確保が現場の士気向上につながると判断した。

 担当者は「お客さまや関係者への影響を最小限に抑えつつ、働きやすい環境づくりにつなげたいという思いで一斉休業の形をとることにした」と話している。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • あきんどスシロー」は、今月5日と6日の2日間、約500店舗を一斉休業する。
  • 「働きやすい環境づくりの一環」
  • 休業するのは、ショッピングモールなどに入っていて休めない11店を除く全国の店舗。
  • 「お客さまや関係者への影響を最小限に抑えつつ、働きやすい環境づくりにつなげたいという思いで一斉休業の形をとることにした」と話している。

のようですね。

スシローの約500店舗一斉休業がニュースになっています。
働き方改革の一環ですが、現場の士気向上にはつながるのでしょうか?
スシローの約500店舗一斉休業について調べてみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業の画像や動画は?

スシロー 約500店舗一斉休業の画像や動画を掲載しておきます。

飲食企業でのこの様な取組みは、とても良い傾向だと思います。
飲食業では、人手不足の影響で休みが取れにくい業界です。
これが、従業員の士気に繋がり笑顔でお客様を迎えれるようになれば顧客満足度も上がると思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

大変素晴らしいお話だと思います。
今後の社会は、売上及びNo.1ではなく『働き方休み方改革』におけるPRも含めた従業員の休暇を増加させるなど、今までに無かった改革が必要だと思います。

そうすることで、長年他の先進国に遅れを取っていた分だけ、ワークライフバランスの充実・メンタルヘルス対策を含める産業保健の充実などに繋がり、従業員の士気が向上します。

これは是非継続して頂きたいですね。
同時に、コンビニにも定休日・休業時間を設けても良いのではないでしょうか。人手不足・賃金不足の解消のために。

実際お値打ちの回転寿司の中で一番うまい。業界大手でありながらこういう大胆な判断ができる体制は素晴らしいと思います。

デタラメに長い期間でないのも、働いてる従業員のことを考えてて良いですね。生活費に影響出ますし。

月に2回ぐらいは2日連続の一斉休業をして
施設、設備メンテと清掃、クリーニングを定期的にやるべきでしょう

以前ドイツに観光に行きましたが、祝日なので商店やレストランがどこも閉店していました。日本は元旦も開店している店がありますがそこまでしてお店を開ける必要あるのかと思っています。

先日スシローに行ったときに休業の案内が貼ってありました。

いいことだなと思いました。

一日休みだと休みもあっという間だろうけど、二日あれば多少リフレッシュ出来るのでは?

年一回ではなく、年何回かこういうお休みを設けていただければいいなぁと思います。

まあ、祭日絡みの連休が増えても接客業系には無縁ですから、反対に接客業系の連休も積極的に取り入れるべし。
利用者側も月に2日や3日休みの日があっても事前に知らされていれば調整可能だろう。

 

 

店長さんクラスになると、自分のシフトは休みの日でも店が開いていれば、トラブルがあった時は連絡が来ちゃうし、二次クレームの対応をしなきゃいけない事もある。
休みなく動く現場の責任者って心も体も休まらなくて大変です。
24時間営業に近ければ近い程、もっと大変になります。
夜中でも何かあったら行かなきゃいけなくて熟睡できないし、携帯の着信音が怖くて仕方がなくなりました。
スシローさんは24時間の形態ではないですが22時くらいまでやっている店舗があるから、閉店作業中のトラブルがあれば日が変わる頃までは社員さんの気は休まらないと思われます。

なので、こういった全店休業日というのは画期的。
ただ、現場は慣れるまでは発注や食品ロスなどに工夫や注意が必要かもしれないので、そこは苦労されるかもしれないですね

私が働いてきた会社では新しい事を取り入れようと試みると「前例がないから」と言って遠ざけようとする傾向があった。

そうではなくて従業員の士気を高めたり、社員教育をしっかりして、チームワークが良くなれば結果的に会社が良くなる。
最初からやらないのではなく、良いと思ったものはまず取り入れてみて、それから改善策を考えればいいと思う。

近所のスシローは物凄く接客が悪くて、溜め息をつきながら仕事をしている人がいる。
お客さんに呼ばれても返事もしないし笑顔もない。
流れてくるお寿司もネタが飛び散ったみたいになってたり、アイスはドロドロに溶けてる事もあった。

疲れてるんだと思うよ。
仕事だし、お給料もらってるんだから、しっかりやらなきゃいけない事もあるけど疲労や不満が溜まってるから気持ちがついていかないんだと思う。

ゆっくり休んで良い仕事をしてください。
社員旅行にも連れて行ってあげて欲しい。

素晴らしい試みだと思います。
人材を「人財」と捉えている素晴らしい行いだと思います。
20年ほど前までは、正月3が日、お盆等暦通りの休店日が必ず存在しました。しかし、「失われた20年」と言われた時代はデフレが進行し、365日24時間営業こそが、全ての小売りや外食業では「善」と捉えられてきている悪しき弊害があります。
こういう悪しき弊害を改善させる企業は業界のリーディングカンパニーであり、改革派を主軸とする経営戦略に長けているともいえます。
小売業や外食産業の業務形態改善の一石となれば良いと思います。

働き方改革はどんな企業でもやるべきだとは思う。飲食業、サービス業は土日祝祭日に休むのは難しいと思うが交代でも休みが取れるように企業側が配慮すべきだと思う。同種の企業が交代で休むってのもイイと思う。例えば回転寿司屋なら近隣の回転寿司屋と話し合って土日祝祭日に店を交代で休むとか…。接客業もしっかり休ませてもらわないとイイ接客は出来ないと思う。儲けばかり考えずに従業員の事もしっかり考えて欲しい。コンビニだって正月に開けてる所あるがガラガラな店がほとんど。

素晴らしい!

各店舗が営業出来るのは、従業員さんの健全な生活があってこそ

なかなか出来る事ではないと思いますが、年に1回と言わず、出来る範囲で良いので「全店定休日」を設けてあげてほしいです

今本当にこういうことが必要だと思う。
雇用を増やさなくても、定休日をちゃんと作って営業時間を短くするだけで、人員不足が解消する企業は少なくないはず。
企業単位ではなかなかやってはくれないでしょうから、国の問題として真剣に考えてほしいものです。
祝日や連休を増やすことばかりではなく、カレンダー通りに休めない業種にも手を差し伸べて欲しいです。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スシロー 約500店舗一斉休業に真相!働き方改革の挑戦に賛辞!!のまとめ

働き方改革で、有給消化を目指すとか言ってる企業のほとんどが「休みにくい」「休めない環境」がありますが、全店休業は、素晴らしい試みであると思います。
前例のない試みは、上層部への理解が難しく進めにくいですが、今後も新しい試みにチャレンジしてください。

 

コメントをどうぞ