スポンサーリンク

長友佑都 危機感の画像と映像!最後の日本代表の可能性?

ニュース・事件

長友佑都 危機感が注目されています。

スポンサーリンク

長友佑都 危機感の画像と映像!最後の日本代表の可能性?

森保一監督率いる日本代表は1日のアジアカップ決勝カタール戦で1-3と敗れ、惜しくも準優勝に終わった。DF長友佑都選手は中東勢の台頭を受けて、2022年カタール・ワールドカップ(W杯)に「出られるか分からない」と危機感を強めている。

今回のアジアカップは、ベスト4に勝ち上がったのは、日本とカタールに、イランとUAEで韓国やオーストラリアはベスト8で姿を消した。
アジアのパワーバランスが崩れカタールが成長しておりUAE、イラン、イラク、サウジアラビアとワールドカップアジア予選も気を抜けない。

長友佑都選手は、同じトルコ1部のベシュクタシュに元日本代表MF香川選手が加入したこともあり「(香川)真司と同じ街で、ライバルチームにはなりましたけど、戦えるとは思っていなかったんで。トルコのサッカーを盛り上げたいですよ、日本人が」と語ったとおり、まずはクラブチームで調子を上げて欲しい。

 

まだまだ長友佑都選手には、青のユニホームを着て欲しい。


新しきBLUE、「勝色」誕生。
より強く、日本は生まれ変わる。
勝色とは、戦う者のみが身にまとうことを許された伝統の「藍」
勝利への執念が染め上げられることで我々はまだまだ強くなる。
20年分の雪辱は次のステージできっと果たしてみせる。
狙いをさだめて、牙をむき先手をとり、勝利する。
もう、今までの私たちではない。
WE ARE THE NEW BLUE.

 

スポンサーリンク

長友佑都 危機感の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

アジア杯 ▽決勝 日本1―3カタール(1日、UAE・アブダビ)

 アジア杯決勝でカタールに敗れた日本代表DF長友は「もしかしたら最後になるかもしれない、代表は」と危機感をあらわにした。今大会は6試合に先発フル出場。しかし優勝に導けなかったことで「優勝に貢献できなかったので、これは監督自身もベテランを今後どうするのかは考えると思う。僕が逆の立場だったら、考えますから」とこの敗戦を機に、今後代表に呼ばれなくなる可能性を危惧した。

チーム最年長の32歳は「優勝していたら、精神的にも支えてくれたとか、そういう評価も出てくるのかもしれないですけど、優勝しなければ何の価値もない」と自らをばっさり。さらにアジアのレベルが上がってきたことに「W杯出られるかもわからないですよ。その危機感はありますよ」と続けた。

 それでも「サッカー人生を考えた時には、この悔しさが原動力になると思うので。そういう意味では大きな価値があったかなと思います」とも語った。同じトルコ1部のベシュクタシュに元日本代表MF香川が加入したこともあり「(香川)真司と同じ街で、ライバルチームにはなりましたけど、戦えるとは思っていなかったんで。トルコのサッカーを盛り上げたいですよ、日本人が」とクラブチームでの活躍も誓った。「根性いれてやります」と取材を締めくくった男は、再び代表に呼ばれる価値を自ら証明するつもりだ。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • アジア杯決勝でカタールに敗れた日本代表DF長友選手は「もしかしたら最後になるかもしれない、代表は」と危機感をあらわにした。

  • 優勝に導けなかったことで「優勝に貢献できなかったので、これは監督自身もベテランを今後どうするのかは考えると思う。僕が逆の立場だったら、考えますから」

  • チーム最年長の32歳は「優勝していたら、精神的にも支えてくれたとか、そういう評価も出てくるのかもしれないですけど、優勝しなければ何の価値もない」

  • アジアのレベルが上がってきたことに「W杯出られるかもわからないですよ。その危機感はありますよ」と続けた。 

のようですね。

アジアカップの決勝で敗北した長友佑都選手は、危機感を感じている。
また、日本代表が最後になるかも知れないと語った。
長友佑都選手の危機感について調べました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

長友佑都 危機感の画像や動画は?

長友佑都 危機感の画像や動画を掲載しておきます。

長友佑都選手のポジッションの若手の成長の問題点も見えたが、GKの安定性がなく権田修一選手は、今大会で何度か初歩的なミスで危機を招いた。
GKの交代が必要だと気付いた試合であり、今回の大会を糧にして進化してして欲しい。

 

 

 

スポンサーリンク

長友佑都 危機感にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

長友に衰えが有るのは確かなのだが、現状、長友の代わりとなれるサイドバックが居ないのも確か。
これは逆サイドの酒井も同じで、若手有望サイドバックの台頭は急務だと思う。

長友はただでさえ身長というハンデがあるからね それを補う運動量と判断力プラス攻撃力で生き残ってきたんだが、年齢的にもクラブと代表を掛け持ちするのはそろそろ限界だと思うよ
代表も長友離れした方が良いね 代表での新たな選手の育成が必要だと思う

良い時を知ってる分今大会はイマイチ…
上下運動の低下、クロスの精度もなく、切り返してばかり、残念です。
突破力あってクロスの精度が良い選手あらわれないかなぁ

長友は確かにベテランだけどあれほど泥臭くピッチを走っていた選手は他にいない。ベテランや一度チヤホヤされた選手は普通動かなくなるけどそれができる長友は正直すごい。他の選手にはまだまだ見習うべきところはあります。がんばれ長友

長友は走力ではまだできると思うけど、クロスの精度や縦への突破は今大会通じて、限界なのかもと思ってしまうほど厳しかった。特にボールを持った時に横か後ろにしかパスしないのは悲しかった

長友は運動量を生かして攻撃参加しないと良さが出ない。守備の動き自体は良いけど身体の小ささが足を引っ張ってしまうから、守備的に使うにはスピードタイプのアタッカー相手しか相手出来ない。反対側の酒井が当たりに強いだけに、もっと攻撃参加してほしい。

 

 

世代交代は必要だと思います。ただ制度や体力的には衰えていますがやはり一対一の勝負どころでは空中戦でなければ強いと思います。体幹もさることながらやはりこれまで培ってきた技術、判断は今の日本代表には必要だと思います。それに年齢的にはベテランの位置ですが今回のアジアカップの敗因を感じるポジションではないと思います。今回の敗因は中盤選手特に南野、堂安に攻撃のバリエーションもしくは工夫といった経験が少なかった様に思います。決勝に関しては前半は全て大迫だよりのプレーに見えました。確かに実力的にはアジアトップクラスかもしれませんが名実共にはまだまだでした!この二人には今後もクラブチームで努力して上にあがって欲しいです!

まずは早急に選手の再考をし、ハンブルガーの伊藤やシントの鎌田をはじめ、闘える選手を発掘すること。特にサイドの選手は相手に体を当てられても、強引にでも前に行こうとする選手が必要。また、ボランチも遠藤以外に守備ができる選手をピックアップすること。フランスの3人のボランチは強力な守備力がある上に、サイドの2人は当たり前のように攻撃にも参加する。現在、サイドで該当するのは原口と伊東しかいない。強い選手が必要です。

監督が必要ならまだまだ代表で頑張って!しかし長友の後釜も絶対必要、例えば山中とか。酒井宏樹の後釜は室屋。強化試合では結果でなくても若手を我慢して使って欲しいなと。

この問題は非常にセンシティブで難しい
今回の長友選手の発言は重いと思う
正直こんな負け方をするとは日本中誰もが思わなかったはず
しかし現実は甘くない蓋を開けてみたら日本の完敗
やはり3年後のワールドカップに向けてユース世代からの育成
これがカタールの大躍進に繋がったけど
あのチームは若い選手をポルトガルやブラジルなどから青田刈り
本来ならば良いのか悪いのか倫理的問題はあるが帰化
だから純粋にカタール代表かと言えば疑問符は残る
だが今回の敗北で選手も相当ショックはあるが
ここでへこたれては駄目だし、長友選手もこれでは終われない。

これまでの長友と比較すると、確かにアジア杯ではこれと言って良いところが無かったですね。だけど、長友が注目され、ここまで活躍してきてくれたからこそ、日本のDFは成長してこれたと思うし、これからもDFをやりたいと思ってくれる新しい芽が育ってると思う。何より彼の経験と、悔し涙を見せてまで他の選手達を鼓舞してきたその心意気。今しばらくは、代表に残って伝えてあげて欲しいと思う。

長友にはもうちょい頑張ってもらわないと若手が台頭しない。それよりもタメができるトップ下がいない。南野も基本的には自分でガンガン行くタイプやし。相手にはリズムに慣れさえすれば守り安かったかもね。だからグループリーグから点がさほど取れていない。監督もあのメンバーではポゼッションは捨てざるをえなかったのでは。ロシアの時の戦い方を続けるのであればタメが出来る香川のようなタイプは必要。だからベルギー、セネガルにも対等の勝負が出来た。そうすれば柴崎の役割も変わったんじゃないかな。遠藤もいるし守備はある程度任せてバランサーとして長短のパスが出せたはずなのに

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

長友佑都 危機感の画像と映像!最後の日本代表の可能性?のまとめ

森保一監督の新しい日本代表は、若手の技術も高く世代交代がスムーズに進んでいる。
しかし、長友佑都選手の右SBは、別の話で今大会の長友佑都選手は6試合に先発フル出場。

長友佑都選手の上下の運動量は流石ですが、突破力とクロスの精度は衰えてきていると感じた試合でした。

 

コメントをどうぞ