スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想の真相!ヤマトグループの行政処分が原因!!

ニュース・事件

引っ越し難民 増加予想が注目されています。

スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想の真相!ヤマトグループの行政処分が原因!!

転勤や進学など春の引っ越しシーズンを控え、希望日に引っ越しできない「引っ越し難民」が増える可能性が高まっている。
ヤマトホールディングス(HD)の引っ越し子会社が料金を過大請求していた問題で国土交通省の行政処分などを受け、引っ越しの引き受けを停止したためだ。

引っ越し難民が増えている背景は、
・人手不足
家具を階段で運搬するなど体力のいる仕事なため、作業員が不足しがちだといいます。

・1日あたりの対応可能件数の減少
長時間労働の見直しで、1日あたりの対応可能件数が減った。

・見積もりサイトによる価格競争の激化
引っ越し費用の低価格化が進んだため、廃業してしまう業者が増えたといいます。

これが例年の問題で、これにヤマトホームコンビニエンスの問題が重なったので、今年は更なる引っ越し難民が増えると予測される。

 

引っ越し挨拶は、こちらです。


引越し 挨拶 ギフト 粗品に!サランラップバラエティギフト4

 

 

スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

転勤や進学など春の引っ越しシーズンを控え、希望日に引っ越しできない「引っ越し難民」が増える可能性が高まっている。ヤマトホールディングス(HD)の引っ越し子会社が料金を過大請求していた問題で国土交通省の行政処分などを受け、引っ越しの引き受けを停止したためだ。人手不足で他の業者も大量の受注は困難な情勢で、国交省は利用者に引っ越し時期を分散するよう異例の呼びかけを行っている。

 ヤマトHD子会社のヤマトホームコンビニエンスは昨夏、法人向け引っ越し料金の過大請求問題が発覚し、昨年8月から引っ越しの引き受けを停止している。1月23日には国交省から貨物自動車運送事業法に基づく事業改善命令を受け、不正が確認された123支店が車両使用停止の行政処分を受けた。このため、引っ越し業務の再開は4月以降とみられ、繁忙期の3月は引っ越し業務の停止が続く。

 国交省によると、引っ越しは毎年3月から4月に集中。最も多い3月は、ヤマト子会社を含む大手引っ越し業者6社で約33万件と平時の約2倍の件数となる。引っ越し大手はサカイ引越センター、アート引越センターを運営するアートコーポレーション、日本通運の大手3社にヤマト子会社らが続く。

 ヤマト子会社のシェアは1割程度とみられるが、大手業者の担当者は「ヤマト子会社の顧客を他社が引き受けるのは、人手不足とトラックの確保に限界があり難しい。新たな顧客を受け入れる余裕はない」と話す。アートは3~4月の受注を5%増やす計画だが、引っ越しサービスの品質保持のため17年に受注を2割抑制したことから、今春も大幅な受注増は期待できないという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 転勤や進学など春の引っ越しシーズンを控え、希望日に引っ越しできない「引っ越し難民」が増える可能性が高まっている。
  • ヤマトホールディングス(HD)の引っ越し子会社が料金を過大請求していた問題で国土交通省の行政処分などを受け、引っ越しの引き受けを停止したため。
  • 国交省によると、引っ越しは毎年3月から4月に集中。最も多い3月は、ヤマト子会社を含む大手引っ越し業者6社で約33万件と平時の約2倍の件数となる。
  • ヤマト子会社のシェアは1割程度とみられるが、大手業者の担当者は「ヤマト子会社の顧客を他社が引き受けるのは、人手不足とトラックの確保に限界があり難しい。新たな顧客を受け入れる余裕はない」と話す。
  • アートは3~4月の受注を5%増やす計画だが、引っ越しサービスの品質保持のため17年に受注を2割抑制したことから、今春も大幅な受注増は期待できないという。 
  • 「昨年より多くの引っ越し難民が発生する」と答えたのは全体の32%、「昨年と同程度の難民が発生する」と答えたのは28%で、全体の6割が難民の発生を予想した 

のようですね。

「エイチーム」が全国の引っ越し業者25社に行った調査で引っ越し難民の増加予想がでています。
全体の6割が難民の発生を予想した。
引っ越し難民の増加予想について調べました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想の画像や動画は?

引っ越し難民 増加予想の画像や動画を掲載しておきます。

転勤が多い会社は、年間契約しておくべきですね。
大手の企業は、契約はされていると思うが、中小はまだまだですね。
今年は、ヤマトホームコンビニエンス社の過大請求問題の発覚の行政処分が厳しいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

背景には低賃金で過酷なドライバーのなり手がいない事が考えられる。3月に引っ越しが集中するのは近年の話では無く昔から変わらない。従って引っ越しドライバー等の待遇を大きく改善するか、各社各学校等の入学入社等を前後にずらす等のどちらかだろうな。この場合待遇改善するとなると引っ越し費用が高くなる事はやむを得ない。少しでも安く引っ越しをするなら繁忙期を避けるしか無いと思う。

やっとコストに見合った適正価格になったと言う見方も出来ると思います。
以前引っ越しをする際に幾つかの業者に見積もりを依頼したらこちらが「安くしてくれ」等と持ちかける前に勝手に業者の方から値下げの話を持ちかけてきましたねぇ~。
こちらとしては価格だけでは無くその他諸々の対応も含みで考えていたので逆にその対応のしかたに引いてしまった事があります。

トラックは引越しシーズンになるとレンタカー屋行ってもほとんど出払って借りれないのが現実
それでもトラックが必要であれば建機レンタル屋へ行って2tダンプとかを借りる手段がありますがほとんどがMT車なのでAT限定免許の人にとっては厳しいと思います。
本来は土や廃材を積むものなので家財道具を載せる時はブルーシートなどで汚れ対策をする必要もあります。
特に合材(アスファルト)を積むダンプは油でゴテゴテに汚れているのと家財道具とかに付着すると中々取れないので注意が必要です

どんなものにも繁忙期価格、閑散期価格があって普通でしょ。
旅行にしても、年末になるとシレッと高くなる蒲鉾とか 笑笑
運送業界でもとりわけ引越作業と言うのは嫌われる作業ですから、やり手を探すのは大変です。
で、最近では集合住宅等ではセキュリティ絡みで作業が捗らない現場も多数あり、
1日にこなせる件数が減ってきていますからね。
引越作業を依頼される方々は、
この作業を自分がするならバイト代いくら貰えたらやってもいいかなと考えてみて下さい。
それにベテラン勢の賃金、トラック、燃料、有料道路料金、その他諸費用をまとめたらある程度高額にもなるのが当たり前。
それでも高いと思えば閑散期価格の時に引越するなど自衛すればいいし、荷物が少ないならレンタカーを使うとかして友人知人にお手伝いを頼むのもアリですけど、友人知人に頼む方が逆に高くなったり、気遣いが面倒だったりしますからね。
嫌がられる仕事は高いからね

自分が引っ越しした時も、見積もりが高かったので、食器と服と本を自分で運んだらかなり安くなりました。
業者丸投げだと高くなりますね。

高額な価格は難民じゃないと思う
残業単価が掛かる訳だし、儲け時だし
進学とかなら3月前半に引っ越しすれば問題なし

企業なら会社負担を申し入れるべき

みんなが3月中ー4月中に集中するからだね

 

 

単身で30万円って梱包なども一部やってもらいとか、引越しの最低ラインが高い日通とかじゃね?

単身パック的なやつなら長距離でも数万円以内。
家電が多い人で二つ使っても10万円いかないよ。
実際、私昨年の4月に長距離で引っ越したから。

あとは普通の宅配便を併用するか。
家電や自転車のような運びにくいものだけサービス使い、そのほかダンボールは宅配便にすればダンボール20個でも三万とか四万とかだよ。

他には住まいの賃貸を半月延長し、最初は最低限だけ送り、残りは4月中旬に送るか。
1時間で運べるとかならそれが一番安い。

最後は車で運ぶか。

金がなければ知恵を出せ、知恵がなければ体を使えだよ。

ただ面倒くさがりで、梱包からやってほしいな、諦めて早めに頼んだ方がよいよ。
何十万になるが、仕方がない。

単身者なら、軽トラをレンタルして皆で力を合わせれば何とかならないかな? 
新しく独り暮らしなら、早めに家電量販店や家具屋を回って配送を頼んだ方がいいかと。
最終手段は電気ケトルや、レンジや照明や折り畳み式テーブルなど、どうにか最低限過ごせるものを何回か分けて家の車で運んだり。
あとの重いものや大きなものは、近くのお店で買うとか。
最初からすべて揃った完璧な引っ越しにしようとせず、知恵を絞ればどうにかなるケースもあるんでは?と思います。

引っ越しに限らず物流を無下に扱ってると更に生活に困る事態になるよ
誰も物を運ばなくなったら食べ物も手に入らなくなるからね
引っ越し難民は物流の人手不足による影響の初期段階に過ぎ

今の価格が妥当で、今までが安すぎたのかも。トラック1台、ドライバーと運び手数人もそれなりの時間を占有するとなれば、引っ越しシーズンに価格が高騰するのは仕方ないことだと思う。一般の宅配ドライバーですら人手不足なのだし。

元見積もりサラリーマンでした。
この時期は単身で5万円で行ける引越しが15万円〜になるのは普通でしたね。
他社のトラックが満杯で受け付け出来ない状況になると足下見て更に上がります。フリー便なんかにすると深夜に夜逃げのように作業したりする事もあり利用者の方には辛い時期だと思います。僕自身高額料金をふっかけるのは心が痛みこっそりヤマトの単身パックなんかを勧めてはいましたがそれも無くなってしまったようですね。
どうしても安くやるなら赤帽に依頼するしかないですがあの人達は搬入作業はサービスなのでやってくれない人も多数いるから当たり外れはありますがそれでも安いです。

難民という言い方には些か語弊があるように思うが、引っ越し時期に引っ越し出来ないのは各々事情がある当事者には大問題だろう。
転勤等は会社側が配慮して時期をずらすとか出来ないものか?(実際にそうしている企業もあると聞くが)
しかし、他府県から越してくる学生さんには時期を変えることは出来ないのだから、その辺り優先的配慮とかはないのだろうか?

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

引っ越し難民 増加予想の真相!ヤマトグループの行政処分が原因!!のまとめ

需要と供給の関係もあるので、業者はこの繁忙期に2倍ぐらいの値上げをした方が良い。
今、値上げのタイミングを無くせば、なかなか難しくなる。
それを給料や、業務委託会社へ還元すれば、人材不足も多少は解決できると考えます。

 

コメントをどうぞ