スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店の画像!バナナ一筋 92年の愛された味とは!!

ニュース・事件

梅田才治商店 閉店が注目されています。

スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店の画像!バナナ一筋 92年の愛された味とは!!

「ウメダのバナナ」の愛称で親しまれ、全国でも珍しいバナナ専門店「梅田才治商店」(前橋市元総社町)が31日、閉店した。

バナナ一筋の創業から92年のお店でした。

「甘くて大きくて、手土産にすると喜ばれていた梅田才治商店のバナナですが、バナナは青くて未熟な状態で輸入され店先に並ぶ前に温度管理された「室」で2日ほど熟し、黄色に変わる。
大手ではコンピューター管理された大型施設で追熟加工をするのが主流ですが、家族経営の同店は自前の室で昔ながらのスタイルを貫いて甘いバナナが大人気でした。

ちなみに食べログでは、3.06点でバナナ一筋で3点越えは、なかなかの点数だと思います。
前橋市城東町の54年の歴史のホルモン店「丸光ホルモン」も昨年末に閉店し、寂しいですね。

 

フルーツと言えば、銀座千疋屋ですね。


エクアドル産 オーガニックバナナの産地は赤道直下の国「エクアドル」です。 
降り注ぐ太陽の光とアンデス山脈がもたらす豊かな雪解け水、そして、その水がもたらす肥沃な土壌がある有機栽培に最適な産地です。
アンデス山脈と南極からの寒流の影響で、昼夜の温度差が激しく甘味の強いバナナを栽培することができます。
どうぞご賞味くださいませ。 
バナナは褐色の斑点が出てくると完熟して、栄養・ビタミンも多くなり、お召し上がり時です。

 

 

スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

「ウメダのバナナ」の愛称で親しまれ、全国でも珍しいバナナ専門店「梅田才治商店」(前橋市元総社町)が31日、閉店した。創業から92年。新鮮でおいしいバナナや手作りのバナナアイスは群馬県内外のファンに愛されてきた。別れを惜しむなじみ客らが次々と来店する中、店主の梅田厚子さん(78)は「やり切った気持ちでいっぱい」と満足そうに店を閉めた。

梅田さんによると、店は1927(昭和2)年、義父の梅田才治さんが同市本町の五差路近くに開いたのが始まり。戦時中は高級品とされたバナナが手に入らず、モヤシを扱った時期もあるが、長年バナナ一筋で販売を続けてきた。

 15年前に夫の孝夫さんが亡くなった後は、梅田さんが1人で切り盛りしてきたが、高齢による体力の低下などで昨年12月、閉店を決めた。

 店頭に閉店を知らせる張り紙を掲示したところ、常連客のほか、うわさを聞いた遠方の客も連日、来店した。十数年前から同店を利用する氷見実さん(66)=安中市安中=は「バナナのおいしい食べ方を教えてもらった。なくなってしまうのは寂しい」と残念がった。近くに住む小野里英夫さん(71)は「地元で知らない人はいない有名店。バナナはいつもここで買うと決めていた」と話した。

 31日午後7時ごろ、店は最後の営業を終えた。「悲しい気持ちはなく、やり切ったという思い」とほほ笑む梅田さん。「長い間お客さんが訪ねてきてくれたことは本当にありがたい」と感謝した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 「ウメダのバナナ」で全国でも珍しいバナナ専門店「梅田才治商店」(前橋市元総社町)が31日、閉店した。

  • 創業から92年、バナナやバナナアイスは群馬県内外のファンに愛されてきた。

  • 店主の梅田厚子さん(78)は「やり切った気持ちでいっぱい」と満足そうに店を閉めた。

  •  

    戦時中は高級品とされたバナナが手に入らず、モヤシを扱った時期もあるが、長年バナナ一筋で販売を続けてきた。

のようですね。

梅田才治商店の閉店のニュースが報道されました。
「梅田のバナナ」で有名な前橋のバナナ一筋92年のお店です。
梅田才治商店の閉店についてまとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店の画像や動画は?

梅田才治商店 閉店の画像や動画を掲載しておきます。

マツコさんの番組などでTVでも取り上げられていた、前橋の「梅田のバナナ」の梅田才治商店です。

バナナは、フィリピン産がメインですが、エクアドル、ベトナム、台湾、ペルー、国産もあり、それぞれの味と甘みとコクが違います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

バナナで一筋は凄い。
エチレンや保存場所も色々作られていただろうに、
勿体ない。けれど引き継ぎさせるわけにもいかない時代なのだろう。
残念です。ですが、お疲れ様でした。

本当にバナナしか並んでいない店内。
近所で大好きだったのに残念です。

消費税上げのタイミングで
高齢者の店やギリギリの零細店は新しい設備を
導入しないで廃業してしまうだろう。
遠くから人が来る名店もあるだろうし、地元の人々の
社交の場みたいな役割の店もあるだろう。

代わりに進出するのは大手チェーンで雇われる人は非正規。
儲けは本部に吸い取られて地元には残らない。
過疎地では商店が消えて買い物弱者が増える。

社会的な悪影響だけじゃなく政府と大企業が強権化する。

バナナだけで92年ちらっとテレビで見た記憶がとても大切にバナナを取り扱い宝物を取り扱う様な光景だったと思う。他人がどうのこうの言える話ではない。一筋に特化して美味しいバナナを皆さんへお届けするその気持ちの在り方生き様が感動する。歴史の長さから創造するに並大抵では無いと思う。商売だから儲けが優先する中で商品を愛して大切に育て熟成させて美味しい状態でお届けする。お疲れ様でした。多分手持ちぶたさを感じるかも知れません。常連さんの少量だけ趣味として販売して頂くと生活に少しの張りが出るかも知れません。バナナを美味しく食べられる熟成のコツをデーター化出来ると後世の為になると思います。コピーは難しいかも知れないがある条件まではデーター化できると思います。

閉店前に記事にして欲しかった

この間、館山市の佐藤バナナの番組を見た。バナナだけでやっていけるのかと思ったが、本当に全然味が違うらしい。大型スーパーが増える中、こうした極上の味を提供してくれる店がなくなるのは寂しいことだ。大量生産もいいけど、一定のこうしたこだわりのある店も大切にしていきたい。

 

スーパーでも甘くて美味しいバナナが買えるこの時代に、バナナだけで今までやってこれた事がすごい。地元の人達にも支えてもらっていたのだろう。

お疲れ様でした。

テレビでみたばかりだったのに。
最初は高いなと思ったけど、色んな状態に熟すのに部屋事に分けていたり色々、テレビでみていると大変そうだったわ。

改めてバナナが食べたくなりました。普段はスーパーで何気なく買ってたべていましたが、専門店のバナナは味も一味違うように感じるので食べてみたいです。店の雰囲気も含め閉店、残念です。お疲れ様でした。

都心部では地価が高かったりもするのでこういうお店はなかなか見かけません。郊外ならではの貴重なお店。
長い間本当お疲れ様でした。
地域の方に愛され今の時代ではとても貴重な存在だったと思います。
こういうお店はこれからどんどん少なくなって行くのでしょうね。
これも時代の変化なのかもしれませんが寂しい気持ちになります。

長い間本当にお疲れ様でした。

テレビでみました。
スーパーのバナナと比べれば高いけど、売るまでの工程をみたらすごく手間がかかっていて納得でした。
本当に美味しそうなバナナ。
一度食べて見たかったー!

長い間お疲れ様でした。

バナナ専門店は凄いなぁ。

四半世紀ぐらい前にアメ横でバナナのたたき売りをしていたのを思い出す。

アレもバナナしか販売していなかったが、こちらの世代ではバナナだけを販売していたのを見たのはあれが最初で最後だった。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

梅田才治商店 閉店の画像!バナナ一筋 92年の愛された味とは!!のまとめ

昭和2年開店の92年間バナナ一筋のお店には、驚きのお疲れ様の労いの声でいっぱいですね。
バナナが高級品で珍しかった頃から商売し、前橋の人々にバナナの味を伝えた歴史あるお店が無くなり寂しいですね。
お疲れさまでした。

 

コメントをどうぞ