スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの真相!SNSで炎上?

ニュース・事件

R-1落選芸人 怒りが注目されています

一体何が起きたのでしょうか

気になりますので早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの真相!SNSで炎上?

椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートンさん(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにしました。

キートンさんは30日、ツイッターを更新。

「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」と書き出し、手書きの長文をアップした。

その文書で「結果的に3回戦落ちとなったが、私は意図的に落とされたと思っている。なぜなら3回戦の私は相当ウケたから」と主張。

「こういう事を言うと色々と文句を言ってくる奴もいますが、3回戦を見た芸人やお客さんからは、一番ウケていたと言ってもらえたりもした。さすがにそれは褒め過ぎとは思いつつ、謙遜して言ってもその日のベスト5には入る笑いを取っていたと思う」と説明。

続けて「色々な大人の事情で、そこそこウケた知名度のあるコンビの片割れを残すのは、百歩譲って良しとしよう。が、圧倒的にウケている知名度のない芸人を落とすのは、絶対にやってはダメ、しかも3回戦ぐらいで」と持論を展開し、同大会に対し「『R-1詐欺』だよね。二千円の参加費を取って、出来レースまがいのやり方。R-1側はエントリー前に『キートンさんはどんなにウケても、3回戦で落ちますよ』って言わなきゃダメだよね」

と皮肉を込めた。

また、「相当ウケた」という自身を落とした審査員についても、「もしこれを審査員が本気で合格にあたいしないなと思ったなら、審査員のセンスを疑ってしまう。おもしろくねー奴が審査していると思ってしまう」と不信感をあらわに。

「人間だからネタの好き嫌いはあって当然」と一定の理解を示した上で、「でも審査員は客観的に見る事を絶対に必要」とキートンさん。

「こんな事をやっているから、R-1はM-1より下にみられる。頑張って決勝まで行った芸人にも失礼だと思う。本気でおもしろいピン芸を決める気がないのなら、おもしろくねー奴が、おもしれーと思ってる芸人集めて仲良くコンテストごっこしてれば?」と怒りをぶちまけました。

これには厳しい声があがっています。

自分でも言っている様に大人の事情でしょう。
残したくない理由があるのでしょうね・・。

自分で企画立案してスポンサーを見つけてテレビ放映枠を確保して確かな審査眼を持った審査員に出演を依頼して番組を制作するしかないかもですね・・

R-1芸人のグッズはこちらから

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートン(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにした。

キートンは30日、ツイッターを更新。「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」と書き出し、手書きの長文をアップした。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  椿鬼奴やくまだまさしらとのお笑いユニット「キュートン」などで活動するお笑い芸人のキートン(45)が、ピン芸人日本一決定戦「R-1ぐらんぷり2019」の3回戦で落選し、「意図的に落とされたと思っている」と、大会運営への不信感をあらわにした。
  •  キートンは30日、ツイッターを更新。「自分で言うのもなんですが、あれだけウケて落とされたら誰でも怒ります」と書き出し、手書きの長文をアップした。
  •  「色々な大人の事情で、そこそこウケた知名度のあるコンビの片割れを残すのは、百歩譲って良しとしよう。が、圧倒的にウケている知名度のない芸人を落とすのは、絶対にやってはダメ、しかも3回戦ぐらいで」と持論を展開
  •  「こんな事をやっているから、R-1はM-1より下にみられる。頑張って決勝まで行った芸人にも失礼だと思う。本気でおもしろいピン芸を決める気がないのなら、おもしろくねー奴が、おもしれーと思ってる芸人集めて仲良くコンテストごっこしてれば?」と怒りをぶちまけた。

のようですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの画像や動画は?

R-1落選芸人 怒りの画像や動画を掲載しておきます。

今回の件は主観なので、愚痴をわざわざ言うべきではないかと思います。

炎上してもいいと割り切っているのでしょうか。

残念ですね。

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

見てないけど
キートンの面白さと
勝ち残った面子を見比べたら

まぁキートンの主張のほうが受け入れやすい。
さらに久保田やらの問題があった事をふまえて
尚の批判だから
かなりの覚悟で言ってるよね

R-1が参加費用をとっているとは知りませんでした。

局地的受けと大衆的受けでは少し違いますから審査員がなにを基準に審査したかが重要ですね。

ピンでやってる人にとっては1年に1回の大事な大会なのは間違いないしこれに人生かけてる芸人さんだっている。
準決のネタでも明らかに知名度だけで残ってるよなって思う人も毎年何人かはいる。
ある程度知名度のある人を残さないと運営的にも色々まずいのはわかるがこの方のように誰がどう見ても会場でウケてた人は落としてはいけないよね。芸人さんが本気で来てるんだから審査員も予選からある程度はお笑い理解してる人にやってほしいと思うわ。

ここまでネットニュースになれば深夜枠でもテレビにでるでしょう。それで面白ければメディアで露出が増えますね。でも面白くなければそれまで。これが実力で勝負できるきっかけになればいいですね。

ネタを見てないので内容で判断できないけど、決勝がTV放送と言う事を踏まえても大人の事情が入るのはやむを得ない。

だけど新しい才能を生かすにはチャンスを与えないとね、別に優勝できなくても決勝に残った人で、ネタ番組に呼べるかの判断基準ぐらいにはなりそう。

芸人を判断する方は華のある芸人を探しているのだろうけど、そもそもその人に人を見る力があるかが疑わしいと思う。TVに出てる芸人でも何もしなければパッとしないけど、ネタをやらせたら面白いや褒め言葉としてのくだらねえと言いながら笑える事がある。

だから一度はメディアに出してみなきゃ分からない。

現場で見てないので、本当に面白かったかどうかについては何も言えない。
ただ、就職面接でも『この中では自分が一番』と思ってて落とされる事はある。
そもそも、何が選考基準なのかがハッキリしてないので詐欺とも言えない。

もともと、その場の笑いの量ではないのかもしれないし、笑いの量だとしてもそれはやっぱりそれぞれの主観であって、主催者側がダメだと感じたらそれは仕方がない。

特に下ネタだったりすると、センスが合わないと全く面白くない事がある。
観客に受けたから正解とは限らない。

もともとお笑いの評価なんてそういうものじゃない。
客観的な価値観のない世界なんだから、そこに文句言っても仕方がない。

逆に、賞を取れなくても面白いと思われれば仕事は来るし人気も出る。
チャンピオンに負けた芸人が売れることもある世界でしょ。

 

 

TV的な数字を持っているかは審査されているでしょうね。局の関係者が審査している場合は特に。彼らは綺麗ごとではなく視聴率を取るのが仕事ですからね。
知る人ぞ知る伝説の芸人を目指すなら劇場でネタだけで勝負すればいいのでTVのコンテストに出る必要はないと思います。
でも誰もが知ってる有名人になりたいとか、億単位のお金を稼ぎたいとか考えているなら、会場で笑いを取る以外のことも必要になると思います。
ネタがどれも鉄板でも、華がないとかフリートークが苦手だとかで、TVで見なくなった芸人が何人もいます。賞を取った後にTVで活躍したいと思っているなら、直面している問題を今のうちに乗り越えた方がいいと思います。
あと局関係者の高評価で決勝に進出した、数字が取れるがネタがウケない芸人は、TVで大恥をかいて次は挑戦しないので、自然にコンテストから消えていくと思います。ほっといても順番が回ってくるでしょう。

この人のことを知らないしネタも見ていないけど、審査ものの大会って評価の仕方を透明化して欲しいというのはもっともだと思う。
町のカラオケ大会から、国際的なミスコンまで様々な大会があるけどスポーツではないものをどういう基準で善し悪し付けるのか、お金的な事情もあるだろうし政治的な事情もあるかもしれない。
不満を感じたのなら声に出して言っていくしかない。

テレビを観てませんが、テレビ放送があるとなると視聴率もあるからなるべく色々偏らないようにとか、知名度がある人を残さなくちゃってなるんでしょうかね。そういったのを抜きにして新しい面白い人を発掘するって場でもあるんでしょうが、それをきちんとスポンサーに分かってもらえないテレビ局なり、わかろうとしないスポンサーにも問題があるのかもしれませんね。そういったの含めて大人の事情、都合って事なんでしょうか。

そもそも、「ウケた」かどうかは審査と関係ないとオレは思う。「ウケた」かどうかを基準にするなら審査員必要ないから。面白いネタだったというならこちらに判断させてほしい。YouTubeにでも上げてみてほしい。

M-1でも審査に不満を発信して騒動になったように、スポーツのようにタイムが速い人や、多く点取った人が勝ちとは違うから難しいよね。
TVショーである以上話題のある芸人を残したいと言う運営の言い分も分かる。
不満を持つのは悪くないとは思うけどSNSで発信するのはやめた方が良いんじゃないかな。
納得いかないなら、運営に直接理由を聞きに行ってみれば良いかと。

学生の頃に街の「弾き語り」コンテストに参加した時の事。参加者は一人1曲だけ、とのルール説明を受け、出番が終わったらギターをなおして並んで待っていたが、地元で少し名前が出だしたデュオだけなぜかギターをなおさないままでいた。すると、「優勝は。。」と名前を言われるより早くギターを持って立ち上がり、「この街のために用意してきました!」と完全にスタンバイ済の2曲目を披露。全員が呆気にとられて大人の世界を見せつけられました。でも実はそのデュオもそこにたどり着くまでに私たちと同じ屈辱を味わって、はねのけてのし上がっていたわけで。
テレビともなれば相当な理不尽があるものと想像できますが、それでも、本当に売れている人は不屈の精神でのし上がってきた人たちなのではないでしょうか?逆に言えば1回や2回こんなことがあったぐらいでSNSで世論に頼ろうなんて甘いことでは生きていけない世界なのでは?気持ちは分かりますが。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

R-1落選芸人 怒りの真相!SNSで炎上? まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の件、悔しいのでしょうがSNSに発信は良くない気もしますね。

世間からのあたりも強いです。

今後注目していきましょう。

コメントをどうぞ

  1. トム より:

    おもろうない、喝