スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きの画像とツィッター!転売目的のサイン依頼にNO!!

ニュース・事件

中村紀洋 嘆きが注目されています。

スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きの画像とツィッター!転売目的のサイン依頼にNO!!

元プロ野球選手の中村紀洋氏が29日、ツイッターを更新し、ファンレターとともにサインを求めるファンに対し、これまで要望に応じてきたものの、サイン入りカードなどが販売されている事実を知り「送付依頼によるサインの依頼は差し控える」と宣言した。

中村紀洋さんは、現役時代にフルスイング宣言をし、ホームランか三振でファンから思い切りのよいバッティングで人気がありました。
中村紀洋さんのバッティング技術ならもっと記録を残せた選手でしたが、記憶に残る選手として現役を退いた現在でもサインを求められます。

中村紀洋さんは、現役引退後も「どんなことでもええ。俺は一生勝負し続ける。それが、生涯現役っていう意味や」と宣言し自身の運営する野球教室「N’s method」での指導を行っています。

日本プロ野球界に貢献し続ける中村紀洋さんが素晴らしいですね。

 

ホームランをフルスイングで打つなら中村紀洋さんモデルです。


直角にカットされたヘッドと非常に個性的なバットです。
バレル(最太部)直径64ミリ(中/太)、グリップ直径26ミリ(太)で、ごく普通の逓減形状でバレルサイズも中位。グリップ部分よりエンドノブにかけてはほとんどストレートのスタンダードタイプで、重量バランスはエンド寄りです。太めグリップでエンドバランスですのでパワフルなバッター向きモデルと言えます。最細部の目安ですが24ミリが標準的な太さで、25ミリは少し太め、26ミリは太めです。23ミリはやや細め、22ミリはかなり細めとなります。

 

 

スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

元プロ野球選手の中村紀洋氏が29日、ツイッターを更新し、ファンレターとともにサインを求めるファンに対し、これまで要望に応じてきたものの、サイン入りカードなどが販売されている事実を知り「今後一切サイン依頼は差し控える」と宣言した。

 中村氏はツイッターで「サインのご要望につきまして」と題した文書を投稿。これまでのファンレターは「宝ものとして保管している」とファンに伝えたが「悲しい出来事も続きましたのでこの場をお借りしてお伝えさせて頂きます」としてサイン入りの文書を添付した。

 そこにはこれまでファンレターとともにサインの返送の要望に応えていたものの「ここ数年のデータより同じ人が住所を変え、また、必要以上な枚数の増加に加え、この度サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました」と、“悲しい出来事”を報告。

 「純粋に応援して下さっている方々には大変申し訳ない気持ちでいっぱいですし、心が痛む思い」ではあるものの「残念ながら今後一切、送付されてきたサイン依頼につきましては差し控えさせて頂く事になりました事、お詫び申し上げます」と説明。ファンからも「お気の毒ですが勇気ある決断」「心ない人がいることは残念」「中村選手の気持ちはよく分かる」と理解する声が上がっていた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 元プロ野球選手の中村紀洋氏がファンレターとともにサインを求めるファンに対し、これまで要望に応じてきたものの、サイン入りカードなどが販売されている事実を知り「今後一切サイン依頼は差し控える」と宣言した。
  • これまでのファンレターは「宝ものとして保管している」とファンに伝えたが「悲しい出来事も続きましたのでこの場をお借りしてお伝えさせて頂きます」としてサイン入りの文書を添付した。
  • 「ここ数年のデータより同じ人が住所を変え、また、必要以上な枚数の増加に加え、この度サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました」
  • 「残念ながら今後一切、送付されてきたサイン依頼につきましては差し控えさせて頂く事になりました事、お詫び申し上げます」と説明。

のようですね。

中村紀洋さんのサインによる転売の嘆きが報道されています。
「この度サイン入りカードや、サインした物が販売されている事の報告を受けました」とし「送付されてきたサイン依頼につきましては差し控える」としました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きの画像や動画は?

中村紀洋 嘆きの画像や動画を掲載しておきます。

転売屋を否定はしませんが、楽して稼ごうとし過ぎですね。
東京の大きな駅や空港には転売目的で芸能人のサインを狙っている人間がいると聞いていましたが、実際に転売している人でなく、転売屋が安く人を雇い出待ちしていると聞いたことがあります。

この流れは、他の有名人も真似をして欲しいですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

買う人がいる以上、こういう人は一定数でてくるでしょう。オークションサイトが、出品禁止にした上で、出品者の出禁の処置をする必要があるのではと思います。
選手がファンにするサインは、両者をつなぐコミュニケーションですし、カードなどがそのことによって売れれば球界の発展にもつながります。一部のファンとも言えないような輩のために、ベースボールカードという文化が廃れていけば、それは非常に残念なことと言わざるを得ません。

いや、全然止めて良いでしょ
送ってきたサイン依頼を律儀にして返す方が珍しいと思うし

それにしても、不心得者がこういう善意の行為を踏みにじるんだよね
許せんね

こういう事するって心が痛まないのかなぁって思う。野球好きな人にとって野球選手なんて憧れそのもの。ましてや中村選手なんて素晴らしい成績残してるしファンも多い中こういう事をするのはファンに対してあまりにも失礼だと思う。
転売とかもそうだけどこういう事なくなって欲しい

何でもかんでもオークションに出すという、いやな時代になったな
よく東京駅の新幹線ホームなどで、色紙の束を持って、降りて来る
有名人を探してはサインをもらう輩がいるという話を聞いたが
こういう輩も、オークション出品が目的なんだろうな
芸能人もサインを求められたら、相手の名前を聞いて「〇〇さんへ」
と書くようにし、それを拒否するヤツにはサインを断るようにすればいい

オークションも、もう少し規制すべきだと思う。
たしかに線引きは難しいだろうけど、たとえば品目によって、新発売(新品)のものは発売から半年は取り扱わないとか。
サイン色紙なんかはファンなら即出品はあり得ないし、プレステとかも普通なら半年とかでは売らないだろうし。
結局は売り買いする人のモラルと、取り扱うオークション側のモラル。
オークション側が取り扱わなければ出品もできないし、何を取り扱わないかはオークション側で決めれるはず。

送ってきたサイン依頼に丁寧に答えていたことに驚いた。ファンを大切にする人柄なんだなぁ。今回の決断もファンなら支持すると思いますよ

 

 

そもそもファンなら自分の宛名が入っているサインが欲しいでしょ?売るつもりなら個人名がない方が良い。需要があるから転売する輩がいる訳ですが、本当にサインしてくれた人の思いを踏みにじる最低行為と思います。

中村ノリに限らず本人に直接会ってサインしてもらえるなら欲しいけど、ネットで検索してまでサイン買わないな〜

品川駅の新幹線の改札で帽子を深めに被ってマスクして歩いてると転売屋に「サインしてください」と言われる。
特に身長が高めの人はかなりの確率で声を掛けられる。なんかのスポーツ選手と勘違いされるみたいだ。

新幹線の駅でもいるみたいですね。日付や名前を書かないでほしい人が多いそうですが。日付
とりあえず名前を拒否したものはしなくてもいいと思います。

買う側の問題。本物か判らないものよく買うなぁと思うけどな。対策としては全部宛名を書くか、無数に書きまくって価値を下げるかだね。まあまだ売れるだけ

転売は良くないけど、実際に出品されてるのって現役時代の物がほとんどで近年の物は少ないような‥‥
改めて言うけど転売は良くないです

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

中村紀洋 嘆きの画像とツィッター!転売目的のサイン依頼にNO!!のまとめ

今まで逆に「送付されてきたサイン依頼」に律儀に対応し送付していたことが良い人過ぎて驚きですね。
中村紀洋さんは、直に会いに来たファンの関してはサインを拒否していないので正しい対処だと思います。
この行為は理解できますし、ネットでも多数の同調意見があがっています。

 

コメントをどうぞ