スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙の真実!日本人4人目の栄冠にファンが歓喜!!

ニュース・事件

小林可夢偉 快挙が注目されています。

スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙の真実!日本人4人目の栄冠にファンが歓喜!!

ロレックス・デイトナ24時間レースでコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック(ジョーダン・テイラー/ランガー・バン・デル・ザンデ/小林可夢偉フェルナンド・アロンソ組)が総合優勝しました。

小林可夢偉さんが、初挑戦で日本人4人目の快挙です。

キャデラックが2年ぶりの総合優勝ならびに、アロンソさんと可夢偉さん、バン・デル・ザルデさんのデイトナ24時間初優勝です。

小林可夢偉さんは、1992年にニッサンR91CPで総合優勝を飾った星野一義、長谷見昌弘、鈴木利男に次ぐ日本人4人目のデイトナウイナーとなっています。

悪天候で度重なる赤旗とトラブルもあった中、優勝したのは凄いことですね。

 

小林可夢偉フィギュアはこちらです。


ABS&PVC 塗装済み可動フィギュア
全高 約100mm(ノンスケール)
専用台座付き

 

 

スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

世界三大耐久レースのひとつに数えられるロレックス・デイトナ24時間レースが、1月26日から27日にかけてアメリカ・フロリダ州のデイトナ・インターナショナル・スピードウェイで行われ、コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック(ジョーダン・テイラー/ランガー・バン・デル・ザンデ/小林可夢偉フェルナンド・アロンソ組)が総合優勝を飾った。

スタートから14時間後に降り出した雨の影響で、15時間27分から約1時間20分に渡るセーフティカー(SC)ランに加えて1時間45分の赤旗中断、さらにレース再開後の多重クラッシュによってふたたび1時間40分に及ぶSCランで始まった終盤戦。
 
 そのなかで実質的に4台に絞られていた優勝候補の1台アキュラ・チーム・ペンスキーの6号車アキュラARX-05が、12回目のSCラン中にメカニカルトラブルを抱えて戦線離脱を余儀なくされてします。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 世界三大耐久レースのロレックス・デイトナ24時間レースでコニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック(ジョーダン・テイラー/ランガー・バン・デル・ザンデ/小林可夢偉フェルナンド・アロンソ組)が総合優勝を飾った。 
  • スタートから14時間後に降り出した雨の影響で、15時間27分から約1時間20分に渡るセーフティカー(SC)ランに加えて1時間45分の赤旗中断、さらにレース再開後の多重クラッシュによってふたたび1時間40分に及ぶSCランで始まった終盤戦。
  •  スタートから20時間45分後、今レース13回目のリスタートを総合3番手で迎えたナッセは、わずか2周のうちに7号車アキュラのアレクサンダー・ロッシを攻略する。また、チェッカーまで3時間を切ったタイミングで迎えた14回目のリスタート直後には、トップをいく10号車キャデラックのジョーダン・テイラーを交わして総合首位に立っている。 
  •  GTル・マンクラスではBMWチームRLLの25号車BMW M8 GTE(アウグスト・ファーフス/コナー・デ・フィリップ/フィリップ・エング/コットン・ヘルタ組)がデイトナ初優勝。今レースの前に急逝したチャーリー・ラム氏に勝利を捧げた。 

のようですね。

小林可夢偉さんのロレックス・デイトナ24時間レースでの快挙が素晴らしいですね。
コニカミノルタ・キャデラックDPi-V.Rの10号車キャデラック(ジョーダン・テイラー/ランガー・バン・デル・ザンデ/小林可夢偉フェルナンド・アロンソ組)が総合優勝です。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙の画像や動画は?

小林可夢偉 快挙の画像や動画を掲載しておきます。

ル・マン制覇しデイトナ制覇であとはインディ500制覇ですね。
小林可夢偉さんが初挑戦で制覇できるのが、天も味方につけて凄いです。
でも、改めてアロンソさんが凄いことが分かるレースでした。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

アロンソは偉大だったね。デイトナも取っちゃった。
カムイもおめでとう!
残るはインディだな。でもこれがなかなか大変。運も必要だから。

凄いレースだった。
降雨後はセーフティーカーが入って
アロンソが築いたリードが
リセットされて、
リスタートすれば、アロンソが更に
引き離すの連続だった。
この展開になったら
ミスしないアロンソは強かった。

可夢偉も
もう少し見たかったのか本音かな。
来年に向けて
水捌けのいいコースにしてほしい。
特に1コーナーは危険すぎ。

アロンソは言うだけのことはある、ちゃんと結果出す。
口だけで結果出せなかったF1での三者、ふざけんな。

ってか可夢偉の乗車でのレポがないのは何故。

アロンソはやっぱ凄いんだなぁ。

アロンソは今が最高の時期じゃないと思うけど、それでもちゃんと勝てるってすごいね。ハマった時は相当強い。

他のカテゴリーのマシンでもポンと乗ってすぐに適応しちゃうのがアロンソ。マッサやバントーンが苦労しているのを見ると格が違うわ。マクラーレンでテストドライバーをやるのもいいが、アロンソには乗りこなせても、若い二人には無理って場合もありそうだな。

 

やっぱりF1で活躍したグレーテッドドライバーは格が違うね。

最後はナッセを追いかけ回してミスを誘ったアロンソのお手柄で優勝できましたが、大雨の中で後続を引き離す快走を何度もみせたりクラッシュを寸前で回避したりしたジョーダン・テイラーの働きも素晴らしかったと思います。

ここまできたらアロンソのインディ制覇も見てみたい

優勝したことは素晴らしいが、イエローコーションの回数、中断時間を考えると見ている側としてはモヤモヤが残る。

ル・マンにデイトナ、アロンソいい思いしてるなぁ。

1台をシェアするのが、アロンソの我が抑えられて走りだけに集中出来ていいんだろうな。

世界三大とか関係無く節操無く、もっと色んなカテゴリー出てほしいわ。

さっすがアロンソ!やっぱりプロの中のプロだね。可夢偉君もおめでとうございます。
素晴らしい!

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

小林可夢偉 快挙の真実!日本人4人目の栄冠にファンが歓喜!!まとめ

小林可夢偉さんおめでとう!!でも、日本車だったらもっと嬉しかったのに!
荒れたレースの中での安定感で、これぞアロンソさんと思わせるドライビングテクニックでしたね。
F1ドライバーのレベルの高さを証明しましたね。

 

コメントをどうぞ