スポンサーリンク

志田未来 役名の真相が凄い!「女王の教室」から14年目の「かんだかずみ」

ニュース・事件

志田未来 役名が注目されています。

スポンサーリンク

志田未来 役名の真相が凄い!「女王の教室」から14年目の「かんだかずみ」

「女王の教室」「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」など脚本家・遊川和彦さんが手掛ける新ドラマ「ハケン占い師アタル」で志田未来さんが演じる人物の名前がネットで話題になっている。

今クールのドラマが、インパクトが弱いと感じていましたが、「ハケン占い師アタル」推しになりました。

志田未来さんも
「この名前に遊川さんの愛を感じて温かい気持ちになりましたし、今まで以上に気を引き締めて頑張らないといけないなって思いました。」

『衣装合わせの時に遊川さんから「神田として生きてほしい」と言われたんです。神田は変にバタバタしているし、言っていることがなかなかまとまらないキャラクター』

『演じているというより、自分の内側から“神田”を出して行こうと。わざとらしくならない程度に「志田未来って、ホントにこういう子なんじゃない?」って思わせるように演じていきたいです。』のコメントしています。

これは、視聴者もドラマに愛着が沸いてきますね。

 

志田未来さんといえば、やはり「14才の母」ですね。


ごく普通の女の子だった未希。彼女が14才で子供を身ごもるまでは…。周りに猛反対されながらも産む決心をした未希の厳しい困難を通して、いのちの大切さを描いた作品。出演は志田未来、田中美佐子、生瀬勝久ほか。全11話収録の4枚組DVD-BOX版。

 

 

スポンサーリンク

志田未来 役名の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

17日にスタートした新ドラマ「ハケン占い師アタル」(テレビ朝日系・毎週木曜よる9時)で、志田未来が演じる人物の名前がネットで話題になっている。

同作は「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」などで知られる脚本家・遊川和彦が脚本に加え、連続ドラマ初演出を手掛けた“お仕事コメディードラマ”。「あらゆるものが見える能力」を持つ派遣社員アタル(杉咲花)が、その能力を駆使し、周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していく。

 志田が演じるのは、アタルが派遣されるイベント会社「シンシアイベンツ」の正社員で、入社3年目の神田和実(かんだかずみ)。丁寧な仕事をしたいと思っているが、自分の選択に自信がなく、常に緊張し、内心ビクビクしている。決断力のなさがミスにつながることもしばしば。司法浪人中の同棲相手がいるものの、誰にも言えない悩みを抱え、一人で苦しんでいる。

 “かんだかずみ”といえば、志田が子役時代に出演し、注目されるきっかけとなった遊川脚本、天海祐希主演のドラマ「女王の教室」(2005)で演じていた生徒と同じ名前。漢字は「神田和美」だったため一字違いだが、単なる偶然ではないようで、志田は遊川から「今回の役柄は『女王の教室』のときの志田さんの役の14年後のイメージだよ」と言われたという。

 「女王の教室」から14年。現在25歳になった志田が演じる“かずみ”にも注目したいドラマだ。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 新ドラマ「ハケン占い師アタル」で志田未来さんが演じる人物の名前が話題になっている。

  • 「家政婦のミタ」「過保護のカホコ」などで知られる脚本家・遊川和彦が脚本する。

  • 「あらゆるものが見える能力」を持つ派遣社員アタル(杉咲花)が、その能力を駆使し、周りの正社員たちが抱える悩みを根本から解決していく。

  • 志田未来さんが演じるのは、アタルが派遣されるイベント会社「シンシアイベンツ」の正社員で、入社3年目の神田和実。

  • “かんだかずみ”といえば、志田が子役時代に出演し、注目されるきっかけとなった遊川脚本、天海祐希主演のドラマ「女王の教室」(2005)で演じていた生徒と同じ名前。 
  • 「今回の役柄は『女王の教室』のときの志田さんの役の14年後のイメージ」

のようですね。

志田未来さんの「ハケン占い師アタル」の役名が話題になっております。
「かんだかずみ」で「女王の教室」の「神田和美」の一字違い。
志田未来さんの役名で調べてみました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

志田未来 役名の画像や動画は?

志田未来 役名の画像や動画を掲載しておきます。

色々な仕掛けがあるドラマですね。

例えば、社員に名前が山手線とかになっているし、絶対、天海祐希さん演じた阿久津先生があのキャラで登場すると信じています。

楽しみにしてドラマを見ます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

志田未来 役名にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

あれから14年かぁ。
今じゃ彼女も子役から素敵な女優さんになりましたね。
結婚もされ、ますますのご活躍が楽しみです。

この子、うまいよ。

言われてみれば納得。
女王の教室が蘇ってきた。

杉咲花さんと志田未来さん…二人とも演技が上手いですし安心して観れます。

「女王の教室」も最初は黒づくめの天海祐希が不気味で怖くて、でも面白かったんだよなぁ。
あの時の役名、神田和美が成長したバージョンだなんて、遊川さんという方の発想は面白い。

志田未来さんも上手いし、杉咲花さんも上手いもんだから、2人のシーンにワクワク出来るドラマ。

すごい伏線の回収ですね

 

 

そっか、どうも女王の教室と演技があまり変わらない?と思ってました。ちょっとおっちょこちょいな感じとかアタルに下からお願いする感じの表情とか。
脚本家からの助言だったのですね〜納得です。

彼女の直近の役が、姉の彼氏を横取りして結婚した上、浮気したり、ウツボ葛の女とか、闇の女を演じていて、童顔と合わないような、合うような?

で、今回の役が、やる気はあるけど、空回りで、ドジで気を使いすぎで。

既視感あるなぁと思ったら!
そういう事だったのかー!

次回も楽しみ♪

子役時代から、演技の上手さには定評がある人だった。
杉咲花ちゃんも上手いが、別の上手さがあり、未来ちゃんから急襲する面もあると思うし、ライバル心をかきたてるのでは。競い合ってより面白いドラマになるのでは。

言われてみればそうだ!

懐かしい

地味だけど存在感のある凄い演技力を持っている役者さんになりましたね
長く活躍して欲しい女優さんです

このドラマ面白い。今日の話しも良かったです。
会社のみんなが山手線の駅名になってるね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

志田未来 役名の真相が凄い!「女王の教室」から14年目の「かんだかずみ」のまとめ

なかなか面白い遊び心ですね。

ただ、漢字を変えずに「神田和美」にして欲しかった。

だから、志田未来さんの演技もオドオドとビクビクしたような演技になってるんですね。

 

コメントをどうぞ