スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画の真相は?節税が関係?

ニュース・事件

ダイソン 国外移転計画が注目されています。

一体何が起きたのでしょうか。

早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画の真相は?節税が関係?

スイス・ダボス(CNN Business) 英起業家のジェームズ・ダイソン氏は、欧州連合(EU)離脱の突出的な支持者でしたが、その同氏が創業した家電大手のダイソンが22日、本社を英国からシンガポールに移転すると発表しました。

ダイソンは掃除機やドライヤーといった高級家電のメーカーで、電気自動車の開発にも乗り出しています。

本社の移転は顧客と製造拠点に近付くためと説明し、「移転はしばらく前から動き出しており、電気自動車の製品化を目指す中で、時期が早まる」と発表しました。

今回の移転は英国のEU離脱とは一切関係ないと述べ、ジム・ローウェン最高経営責任者(CEO)は声明の中で、「アジアの消費者は最先端技術を切望している。アジアは世界最大の電気自動市場であり、このトレンドは一層加速する」と強調しています。

関係ないと言っていますが、これには世間からも疑問の声があがっています。

3月29日のEU離脱に向けて準備を進める英国にとって、ダイソンの本社移転は大きな打撃になりそうですね。

同国の大手企業は、自動車メーカーも含め、無秩序なEU離脱でサプライチェーンが混乱し、雇用や施設の英国外移転を強いられる恐れもあると指摘していました。

ダイソンは、英国での投資や採用は今後も続けると強調し昨年8月には1億1600万ポンド(約160億円)を投じてイングランドにある英空軍基地の跡地に実験走路やオフィスビルを建設し、電気自動車の開発に使うと表明していました。

ダイソンはこちら

ダイソン 掃除機 コードレス V6 SlimPro DC62 SPL PLS

スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

スイス・ダボス(CNN Business) 英起業家のジェームズ・ダイソン氏は、欧州連合(EU)離脱の突出的な支持者だった。その同氏が創業した家電大手のダイソンが22日、本社を英国からシンガポールに移転すると発表した。

ダイソンは掃除機やドライヤーといった高級家電のメーカーで、電気自動車の開発にも乗り出している。本社の移転は顧客と製造拠点に近付くためと説明し、「移転はしばらく前から動き出しており、電気自動車の製品化を目指す中で、時期が早まる」と発表した

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  イギリスの家電メーカー、ダイソ本社をイギリスからシンガポールへ移転すると発表
  •  イギリスの欧州連合(EU)離脱や税制が移転の理由ではないと述べ、「最大の機会が望める場所で事業を継続できるようにするためだ」と説明
  •  「売り上げの面では、アジアで成長機会が加速している。アジアからは常に収益があるため、そこに最大限、注力するとともに、投資にも注視する」
  •  ダイソンはすでにシンガポールにオフィスを持ち、昨年10月には新しい電気自動車(EV)を現地工場で製造する計画を明らかにしている。

のようですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画の画像や動画は?

ダイソン 国外移転計画の画像や動画を掲載しておきます。

 

ダイソンは日本でも人気ですが、今後そうなるのか注目をあびています。

どうなっていくのでしょうか。。

スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

家電なんぞどこでもいい

このフットワークの良さを日本企業も見習うべき。特亜からの撤退などに。

ダイソン…親にプレゼントしたが、重くて使わないと言っていた。

ダイソンのフットワーク軽すぎ!
大損になる可能性を考慮して移転するとは、さすがダイソン!

ソニーもイギリスから、オランダに欧州本社移したね。
英国は、内需や内政の不安感をEUのせいにして逃げようとしたから、余計閉塞した。
過去の栄光だけでは、どうにもならん。今さらEU抜けても孤立するだけ。ならば、EUで、リーダーシップを発揮して影響力を高めるべきだったのでは?
欧州各国は、単独では、競争力が弱い。
各国が、自立性を高めないと共倒れになるよ。まずは、各国の強みをもう一度見直す必要がある。この先は、昔と同じく帝国主義的になり、歴史を繰り返す。北アイルランドの問題もあるから、イギリスのわがままだけでは、どうにもならないだろう。仮に独立するなら、相当な犠牲を払うだろう。国民は、納得するのか?

デザインは面白いと思うし
吸引力も良いと思うけど
重いし、バッテリーがすぐ終わる。
そんなに優れものだとは思えない!

 

 

この本社移転は近い将来的には有効なんだけど、もっと先の未来まで考えると英国人の愛着が離れることになるから困った時に助けて貰えない可能性が高まる。
まあ、自力で生き抜く自信があるならいいけど難しい選択だよなぁ。

アジアでは、高価で性能が偏っているダイソンがシェアを確立するのは簡単ではないだろう。
自国に税金を落とさない企業に対しては、他国で落としている税金と同等額の輸入税を加算するのが公平だと思う。
国内で、育ててもらったのだから、それ以上の課税をしてもよいかもしれない。。

シンガポールは世界中の企業と富裕層を引き付けているね。日本は逆に富裕層の海外移住が止まらない。富裕層の流出は富の流出。日本もシンガポールに学ぶべきものがあるのでは。

判断が早いことは日本も見習ってほしい。
しかしバッテリーの切れも早い。
ほとんど全ての掃除機を買って使ったけれど、
吸い取る力が凄い分、内部に細かな塵が積もって綺麗にならない。
コードレスも急に止まって使い勝手が悪く
日本人の感覚に合わないように思います。
結局紙パックの方が優れているという結論に至りました。

ダイソンの決定は、EU離脱するイギリスにこだわるデメリットを考えただけではなく、今後の市場として有望視されるアジア重視の姿勢だと思います。その中でも物流に最適で法人税が格安のシンガポールを拠点にするのは当然なのかも。
(欧州市場を大事にするなら、移転先は欧州内の好条件のところでいいはず)

一方、シンガポールに本社を移転、といって思い出すのは、日本企業でLIXILがシンガポールに拠点を移動するニュース。本質は変わらないと思います。グローバル展開にあたって物流に有利で税金が安い。企業にとっては美味しい話。

ダイソン・LIXIL2社の流れは、日本でも法人税の減税とともに所得税・消費税等個人の増税の圧力が経済界から上がり始めることに繋がりかねないか、労働者・庶民の目線からみて不安に思います。

ダイソンの掃除機使ってますが、使い勝手が広告とえらい違うなと思いました。ディスるわけではないが、正直部品の取り外し部分が硬かったり、重いし、充電がすぐ切れるのであともうちょっとでいつも充電しなければならない。日本メーカーの方が細部の取り扱い安さとか考えたら良かったかも。ただ吸引力は素晴らしいし、排気が全く出ないという点は高評価。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ダイソン 国外移転計画の真相は?節税が関係?まとめ

いかがでしたでしょうか。

EU離脱は関係ないと言っていますが、創業者のサー・ジェイムズ・ダイソ氏は英産業界でEU離脱支持者ですよね。

今後にも注目していきましょう。

 

コメントをどうぞ