スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛の真相と画像!ガンダムファンから絶賛の一言!!

ニュース・事件

高瀬アナ ガンダム愛が注目されています。

スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛の真相と画像!ガンダムファンから絶賛の一言!!

NHKの高瀬耕造アナウンサーが「おはよう日本」で、大人気アニメ「機動戦士ガンダム」を取り上げた際に、自宅に「今も作りかけのZガンダムが家に眠っていたりする」と話しました。

朝からガンダムファンの中で話題になりトレンドワードの上位に食い込みました。

ガンダムの生みの親でもある安彦良和氏のインタビューVTRを流し終わると高瀬アナウンサーは「ガンダム愛にあふれたVTRだったんですけど、私の周り、大好きな人いっぱいいるので、うっかりしたことコメントするのは控えさせていただきます」とコメントしました。

ファンだからこそのガンダム愛が溢れた言葉だと思います。

高瀬アナは、どこかのタイミングでキャラが変わりましたね。
一気に親近感がわき、NHKにないキャラクターです。
今後も高瀬アナの一言で楽しませていただきます。

 

シルエットがカッコいいガンダムMk-IIIはこちらです。

RE/100第2弾は『機動戦士Zガンダム MSV』よりガンダムMk-IIIが登場。
MGに比肩するシャープな造形と、全身各所に散りばめられたハイディテールな外観で、MSの魅力を存分に引き出す。フレームレス構造ながら、可動と造形を両立した洗練されたパーツ構成により、製作時間を大幅に軽減。新設計のポリキャップを採用することで、可動機能を3種類に集約。シンプルながら高いアクション性を実現。バックパックのビーム・キャノンは前後にスイング可能。
ビーム・ライフル、ビーム・サーベル、シールド、エネルギーPACのほか、武器の持ち手や平手パーツも付属。

 

 

スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

NHKの高瀬耕造アナウンサーが22日、同局「おはよう日本」で、大人気アニメ「機動戦士ガンダム」を取り上げた際に、自宅に「今も作りかけのZガンダムが家に眠っていたりする」と話し、朝からネットのガンダムファンを喜ばせた。

 番組では、今年でテレビ放送40年を迎える大人気アニメ「機動戦士ガンダム」を特集。キャラクターの生みの親でもある安彦良和氏のインタビューなどを放送した。

 スタジオにはガンダムのプラモデル、いわゆる“ガンプラ”がズラリ。高瀬アナは「ガンダムのプラモデルを並べています。ずっと見ていたい」とニッコニコ。そして「私達世代もプラモデルに熱中したんですが、(並べている)真ん中のものがファーストガンダム。これがすべての始まり」と紹介した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 今年でテレビ放送40年を迎える「機動戦士ガンダム」を特集しキャラクターの生みの親の安彦良和氏のインタビューなどを放送した。 
  • 高瀬アナは、「今も作りかけのZガンダムが家に眠っていたりする」 「ガンダムのプラモデルを並べています。ずっと見ていたい」「私達世代もプラモデルに熱中したんですが、真ん中のものがファーストガンダム。これがすべての始まり」と紹介した。
  • 「私もプラモデル、下手くそで、今も作りかけのZガンダムが家に眠っていたりするんですが…」と、ガンプラ制作中であることを明かす。
  • 高瀬アナの“ガンダム愛”にネットも「高瀬アナ、ガンプラ作ってるとは親近感~」とコメントが沢山届いた。 

のようですね。

「おはよう日本」で高瀬アナがガンダム愛を語ったことが話題になっております。

人気アニメ「機動戦士ガンダム」のガンプラを制作中であることを番組で告白しました。

高瀬アナがガンダム愛についてまとめました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛の画像や動画は?

高瀬アナ ガンダム愛の画像や動画を掲載しておきます。

高瀬アナ、NHKっぽい生真面目で堅い感じですが、ちょっとした一言に温かみがありお茶目なところが素敵です。

非常に人間味がある魅力的なアナウンサーだと感じます。

ガンダムが、テレビ放送40年を迎えることもビックリですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

1975年生まれか、ファーストの再放送ブレイクからのガンプラブームが4歳か5歳くらいだろうから、実際に夢中になったのはもう少しあとかな?
ガンプラブームはその後もMSV等で長く続きましたし、ボンボンでプラモ狂四郎とかもやってましたしね。
もう、40代男性の体組織の半分以上はガンダムで出来てるので仕方が無い。

そこそこ気合入れて作り始めたキット作成が一度滞ってしまうと長いこと完成しなくなるの分かります。
気合入れて再開するにはモチベーションが上がりきらず、とはいってもせっかく手を入れたのに、今更残りを適当に仕上げたくはないw。
最終的に別のキットを作り出して未完成品が増えていくという。

この方は何かとお茶目で本当に好感が持てる

40になるうちの兄ちゃんもガンダムプラモめっちゃ持ってて飾ってたな
実家で一緒に住んでた頃は、うっかり触ってポーズが崩れようものなら怒られました
私にはわからないけど、適当に直した結果カッコ悪くなってたと言われました

私はロボット物はパトレイバーが好きでしたが、男子は何だかんだガンダムでしたね

昔作っていた方は現在のキットを作ってみて欲しい
ものすごく良く出来てますよ

作りかけガンプラを大事に保管している人は多いはず…
我が家にも作ろうと思って保管してるハロがいる。

4月から始まるガンダムORIGINの宣伝も兼ねてるんだろうけど、NHKでガンダムシリーズが放送されることにより、キー局で唯一ガンダムシリーズが放送されてない局は日テレだけとなったね。
日テレもサンライズとはワタルシリーズ、シティーハンター、犬夜叉など縁があるんだけどね。

 

 

高瀬さん、またまた美味しい所を持っていきましたね。

忙しいとは思いますが、積まれてるガンプラが少しでも昇華されたら良いと思います。

先日初期ガンダムのデザインが甲冑みたいで好き!といっていた知人にアムロが搭乗していたガンプラを組んでプレゼントしました。バンダイのプラモは接着剤も色塗りもいらないので(こだわる人は別ですが・・・)締め切った冬の室内でも問題なしです。でも、個人的にはパトレイバーが一番スキです。個性的ではあるが、普通の人が搭乗しているのが良いです。

インタビューVで、安彦氏がジ・オリジンのクオリティでファーストのリメイクへの意欲を示してくれていたことがなにより嬉しかった。

ジ・オリジンも、初期の頃は(とくに3Dモーション等々の演出での)スタッフの練度が低かったので先行きどうなることかと心配だったが、シリーズ後半は作画も演出も文句の付け所のない出来栄えだった。

まさに機は熟したと思う。あとはお金の工面と偉い人の決断次第か?

作るぞ!と購入するもその時間がなく箱に入ったまま何年かおいてあるガンプラもあるよね…。
弟が色入れたり色々してたなぁ、懐かしい。

最近ネットではガンプラの話題が多い気がする。
部屋の片隅に手を付けてないガンプラをそろそろ作ろうかと思うようになってきた(笑)

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

高瀬アナ ガンダム愛の真相と画像!ガンダムファンから絶賛の一言!!のまとめ

NHKが朝からガンダム特集で嬉しいですね。

やっぱり、アナウンサーもガンプラにはまっまるんですね。
この様な一言で親近感がわきギャップを感じてしまいましたが、ファンになりますね。

 

コメントをどうぞ