ニュース・事件

いちごスプーン 現在の真相!苺の進化といちごスプーンの新たな役割!!

いちごスプーン 現在が注目されています。

昔は、多くの家庭に常備されていたいちごスプーンですが、最近は見かけません。

その裏には、苺の進化がありました。

いちごスプーンの現在について調査しました。

いちごスプーン 現在の真相!苺の進化といちごスプーンの新たな役割!!

いちごスプーンは、いちごをつぶしやすいように皿の部分が平らになっており、力を加えた際につるんと滑るのを防止する突起がついているスプーンですが、現在はあまり見かけなくなり他の用途で使用されている。

苺といちごスプーンは、

・苺自体が品種改良され甘くなり練乳をかけず単独で食べれれること
・いちごスプーンは、離乳食や介護で活用されている

と時代の流れと共に変化してることが面白いですね。

今の果物は何でも甘いですね。

・自然の果物は、初めから甘すぎると生物に食べられ種を残すことが出来ず、酸味を付ける。
・果物が熟して甘くなって生物に食べられ、タネが消化されず違う地域で排出され種を繁栄させる。

と聞いたことがあります。自然の生物も面白いですね。

 

[rakuten no=”4901601455717″ kw=”ニューウィナー イチゴスプーン FA5081(1コ入)”]

あきのこないベーシックなフォルムのイチゴスプーン
どんな食卓にもなじむデザインです。
食器洗浄乾燥機対応

 

 

いちごスプーン 現在の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

あ、このスプーン懐かしい。子どものころ、いちごをつぶして食べていたっけ」

 帰省した際、実家の食器棚で久しぶりにいちごスプーンを見たという人もいるのでは。一般的なスプーンと違い、いちごをつぶしやすいように皿の部分が平らになっており、力を加えた際につるんと滑るのを防止する突起がついているのがいちごスプーンの特徴だ。

いちごスプーンを日本で初めて開発したメーカーを取材すると、現在も少量ではあるが生産を続けていた。そして、現在はいちごを食べる以外の用途にも使われるケースが増えているという。

 消費者はいちごをどのようにして食べているのだろうか。食べ方によって、いちごスプーンの生産量にどのような影響を与えているのだろうか。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • いちごをつぶしやすいように皿の部分が平らになっており、力を加えた際につるんと滑るのを防止する突起がついているのがいちごスプーンの特徴です。。 
  • 昔は青果店でも、いちごと一緒に練乳を並べて販売していたが、最近のいちごは大粒になって、甘さが増しました。何もつけなくても十分おいしい。
  • 30~40年前に広く流通していたいちごは、小粒で酸味が強かったという。現在は、大粒で甘い「とちおとめ」などがある。
  • 練乳市場のシェア約6割を誇る森永乳業は、「いちごに練乳をかけるお客さまの数は減っていないと認識しています。ここ数年は横ばいです」と説明した。
  • 金属洋食器などの製造を手掛ける小林工業は、現在でもいちごスプーンを製造している。「1960年に当社が日本で初めていちごスプーンを開発したと聞いています」と語る。当時、は、酸味の強いものが多かったため、砂糖や牛乳をかけて食べるのが一般的だった。
  • 同社が生産するいちごスプーンは年間300~600本にとどまる。「いちごの食べ方が変わった。いちごスプーンは介護食や離乳食を食べるシーンで利用されるようになっているという。食品をしっかり固定し、つぶしやすい形状が支持されている」のだとか。 

のようですね。

報道に批判的な声

 

最近のイチゴは甘いけど、たまに甘くないのもあります。そこで実家にあったイチゴスプーンが急に欲しくなり探そうと思っていたら、マイナーな名前の100均にたまたま売っていて嬉しかったです(とはいえ3本500円くらいなら買おうと思います)。メイドインジャパンなのも、購買意欲に影響するのでメーカーさんが少しでも製造してくれていて良かったです。私の父親が酸っぱいイチゴをあのスプーンで潰して砂糖と牛乳で甘くしてくれたことが、とても記憶にあるので子供とやりたいなと思い購入しました。離乳食に使えるのは、この記事で知りましたが確かに赤ちゃん用より潰しやすそう。やってみようと思いました。

確かに今のイチゴは甘いので、そのまま食べてしまうことが多いですね。
子供達が小さい頃から美味しそうに食べていました。なので、わざわざ潰してあげたりする手間がなかったので楽でした。

下の子がある程度で大きくなってから練乳をかけてあげたら子供達はそれがやみつきに(笑)
それ以来しばらくはイチゴに練乳でしたが、昔は牛乳に砂糖をかけて潰して食べたりもしたよ、と子供達に話したらやってみたがり食べさせたらこれも大好評。
その後イチゴスプーンを買いに行きました(笑)

ちなみに砂糖と牛乳をかけて潰す食べ方を我が家では『昭和的イチゴの食べ方』と呼ばれてますw

義父が趣味の畑で露地物の苺を作ります。小さいのも、余すところなく収穫しますし、そういうのも、そのまま食べても甘くて味が濃いのですが、やっぱりイチゴスプーンで潰して、牛乳と一緒に食べる、あの美味しさも捨てがたいです。
その為に、イチゴスプーンを買いました。

いちごスプーンを懐かしいと思うと年代が知れちゃうね。
練乳はいちご狩りなんかで使うことも多かったりする。
いちごスプーンは大きさといい、安定具合といい、よく考えられた商品だから離乳食なんかにもたしかに便利そう。
それに介護なんかで使われるお年寄りもスプーンを見て懐かしんだりするかも。
老若男女、愛すべき商品なのかもしれない。

最近のイチゴは大きいし力もいるしであれでは潰れないでしょうね。
私は半分に切って大きいフォークの先で潰します。
牛乳入れてハチミツをかけて最高に美味しい食べ方ですよね。
当方もそうですが、個人で畑などされている方は一時に大量に採れるので、いろいろな食べ方をしたいという贅沢な悩みがあるんですよ。

 

 

 

 

 

いちごスプーン 現在の画像や動画は?

いちごスプーン 現在の画像や動画を掲載しておきます。

最近の苺が大きく高くなっていると思っていました。

品種改良されいちご単独で甘くなっているんですね。

その様な農家が苦労して品種改良した苺の大切な種も違法な手続きで国外の隣国へ流出しているんですね。

 

 

 

 

 

いちごスプーン 現在にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

いちごみるくも昭和の風物史になったのね…

いちごと言えば練乳や牛乳かけて潰して食べるのが一番美味しくて最後にいちごみるくを飲み干すのが楽しみだったのね。

いちごスプーン、子供のころからうちにあります。今もありますが、確かに子供のころのような使用頻度はなくなりました。今の苺は粒が大きくしっかりしているので、スプーンで潰してということは殆んどりませんね。私の地域は苺の生産地ということもあり、子供時分に売り物にならないような苺をご近所から頂いたりしたときによくやっていたのは、コップに苺をいれて、このいちごスプーンで潰して砂糖やコンデンスミルクと牛乳を入れて混ぜ、お手製苺ミルクを作って飲んでました。ミキサーにかけると果肉が無くなってしまうので、自分の加減で果肉調整出来ますし。バナナでもやってましたね。ちょうど今苺シーズン、久々にやってみようかなぁ。

病床の祖母が、病院食のデザートのイチゴをみて、突然くすくすと笑い出した。けれど、私には何もおかしいところが見当たらない。
どうしたのか、と訊いてみると、懐かしそうにこんな話を聞かせてくれた。

「お爺さんとの最初のデートで、喫茶店に連れて行ってもらったのよ。当時は練乳もないから、ガラスの器に注がれた牛乳に苺を浮かべて、それがお洒落で粋の最先端だったのね。苺を潰す専用の匙もあってね、今じゃ考えられないでしょうけれど、苺を食べる事がお洒落だったのよ。こうして病院食で苺が食べられるなんて、時代は変わるものなのね、生きていても気がつかなかったわ。」

普段の祖母は毒舌で、祖父に対してもどちらかといえば責めたように強く言う事が多かった風に思う。

けれども、苺の話をしていた間だけは、祖母の表情は若く、恋する女学生の様であった。

その後すぐ、祖母は祖父に電話を掛けた。
何を話していたのかは知らない。

あったあった!うちにもあったよ!!うーん懐かしいですね

個人的に思うんですが、練乳販売は横ばい、当然イチゴは売ってる、でもスプーンの需要が無い。

これって今の時代、単にイチゴを潰して食べなくなったんじゃないのかな。理由は分からないけど、それならば普通のスプーンでいいわけだし。

昭和と違って今は上品な家庭や西洋風の文化の影響で「潰す」という行為や見た目が影響してる気がします。

潰して練乳や牛乳いれて食べたら美味しいし、残ったらイチゴミルクになるからね。

久しぶりにスプーン買ってみようかな

いちごは潰して食べることがなくなったけどスプーンがあれば久しぶりにやってみたい。
子供のころカンのコンデンスミルクを開けてもらっていちごを潰していちごミルクにしてたべてたのが懐かしい。子供でも潰せるとこが良かった。

懐かしいですね。
昔は、いちごに牛乳と砂糖をかけて潰して食べていました。
久しぶりに懐かしい味を食べたくなりました。

 

 

 

 

 

 

いちごスプーン 現在の真相!苺の進化といちごスプーンの新たな役割!!のまとめ

いちごと練乳の組み合わせは懐かしいですね。

練乳自体も少し高価なイメージで「牛乳と砂糖」で食べてましたね。

また、苺と砂糖を入れてミキサーする自家製苺オレを作って贅沢感を味わっていましたね。