スポンサーリンク

スバル S209の画像と映像!スバル歴代最強の実力とは!!

ニュース・事件

スバル S209が注目されています。

北米国際自動車ショーで北米向けのスバル歴代最強の「209」を発表しました。

残念ながら、2.5リッターエンジンで日本での販売計画はありません。

スバルのS209について調べてみました。

スポンサーリンク

スバル S209の画像と映像!スバル歴代最強の実力とは!!

アメリカのデトロイトで開催されている北米国際自動車ショーでWRX STIをベースにした北米向けのコンプリートカー「209」を発表しました。

STIのコンプリートカーの中では最高峰のポジショニングでスバル歴代最強と呼ばれています。

スバル歴代最強車と言われるS209 ですが、2リッターでなく北米仕様ということで2.5リッターエンジンを載せています。

また、特別演出としてオーバーフェンダーでのデザインになります。

「スポーツモデルのイメージを高めるには北米における強力なイメージリーダーが必要と考え、その役割を担うのが『S209』なのです」とSTIの平川良夫社長は北米の販売戦略を語りましたが、行けそうですね。

日本では、SUBARU車の燃費を気にする人も多いが北米市場では大きな問題にもなりません。

これは、楽しみなスポーツカーが販売されました。

 

SUBARUの懐かしの歴代車を見るならこちらです。

1917-2017 スバル4輪事業の足跡をたどる。
モーターファンADギャラリー Photo gallery “The Six Stars on the Earth”
Prologue 100年の技術が受け継がれたクルマたち。

 

 

スポンサーリンク

スバル S209の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

アメリカのデトロイトで開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、スバルのモータースポーツ統括会社であるスバルテクニカインターナショナル(STI)がWRX STIをベースにした北米向けのコンプリートカーS209」を発表しました。

 S+数字3桁の車名を持つモデルは“Sシリーズ”と呼ばれ、STIのコンプリートカーの中では最高峰のポジショニング。極めて高い性能を持つシリーズです。

 実は、北米で“Sシリーズ”(後述)のコンプリートカーを発売するのははじめてのこと。今回の北米発売にはどんな背景があるのでしょうか。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 北米国際自動車ショーで、スバルがWRX STIをベースにした北米向けのコンプリートカーS209」を発表しました。 
  • STIのコンプリートカーの中では最高峰のポジショニングで極めて高い性能を持つシリーズです。 
  •  S209はベースとなったWRX STIに対してサスペンション、エンジン、インテリア、そしてエクステリアと多岐にわたって変更されており、注目すべきポイントはオーバーフェンダー。
  • 北米専用モデルで、残念ながら日本への導入計画はありません。北米では、2019年内の発売を予定しており生産予定台数は約200台のみ。

のようですね。

報道に批判的な声

 

欲しいなー。
いくらするんだろう…。
買えないなー。

中古のWRX STIでも、買うのが厳しい…
欲しいなー(>_<)

今は
高いだろうな~でも欲しいな~
でも維持費も高いし、どー考えても無理かな…

昔は
頑張れば中古ぐらいならどうにかなるか
いや、新車も夢ではないぞ
仕事頑張ってお金貯めて頑張ろう!

最近は庶民に手が届かない車が多くなり
リアリティーが無くなってきた気がする。
もし、手に入ったとしても維持費は大きい。

S系はしょうがないとしても
その辺、sti、エボみたいのに頑張って欲しいな。

色々、ご無理はあると思いますが
お願い、メーカーさん。頑張って

スバルに乗る人は燃費を気にしちゃダメ
ですね。

ランエボも続けて欲しかったが、ゴーンが去り日産・三菱がルノーの影響下から完全に抜け出すまでは無理かな?

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スバル S209の画像や動画は?

スバル S209の画像や動画を掲載しておきます。

SUBARU S209は良い車です!!

北米限定ってのが残念ですが、販売戦略として良いと思います。
限定200台ってのも希少価値が上がりますね。

日本への導入計画は無いとのことですが、2リッターにした日本販売を望みます。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スバル S209にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

高額の出来上がった車も良いけど、ベースで買って自分好みに仕上げる楽しさも含めた車の販売もして欲しい。
一部の裕福なかたかそれなりの所得がないと買えない車なので、若年層をターゲットにした、
自分好みに仕上げる楽しさの有るか車の販売もして欲しい。
多分、昔にそんな経験をした方が今、購買力があり購入してると思います。

若いころに憧れて素のStiに乗っていたこともあったけど、もうおっさんなので今は静かで乗り心地が良くてそこそこ速いのがいいな。
ただ、若い人の憧れであって欲しいとは思います。

ランエボとの馬力競争時代が懐かしい。ランエボが消えた今、スバルに期待するしかない。本物のスポーツセダンとはこれだ、という自負をもって頑張って欲しい。

いかつさが抑えられ、すっきりとしたデザインですね。
後は乗り心地はどうなんでしょうか?
ごつごつした固い足回りよりも、しなやかな方が特に米国向けではい

そこは「最後の最後に名機中の名機EJ20を積みたかったんだけど!」とでも冗談を言ってくれ。だけど、EJ25が悪いエンジンか、と言われたら、それがそうでもない。FA20よりははっきり言って「使える」エンジンだろう。そしてアメリカは排気量による自動車税ってのがないし。

北米限定ってのは、スバルの目がそっちにしか向いていないのと、日本で出すとすぐに転売ヤーが集って高値で転売しようとして、本当に欲しい人に行き渡らないからだと思うけどね。

これは普通にほしいわ。
今まさに
日本仮想通貨オンラインのおかげで仮想通貨で儲かってるし
諸々と切り替えの時期になるから
タイミング的に乗り換えようと思ってたんだよね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

スバル S209の画像と映像!スバル歴代最強の実力とは!!のまとめ

これは、格好が良いよいですね。

STIの精神をそのまま受け継いでおり、外観も美しい。

加速力がめちゃありそうで乗ってみたい車ですね。

車メーカーさんは、「買える車」「買いたい車」でなく「乗りたい車」「運転したい車」を開発・販売して欲しいです。

 

コメントをどうぞ