本麒麟 ヒットの画像!売上の販売数が凄すぎる!!

ニュース・事件

本麒麟 ヒットが注目されています。

キリンのマーケティングの変化もあり市場に投入されて1年の「本麒麟」が大ヒットしキリンビールの売り上げが好調です。

本麒麟のヒットについて調べました。

スポンサーリンク

本麒麟 ヒットの画像!売上の販売数が凄すぎる!!

第3のビール「本麒麟」の販売数が右肩上がりでキリンビールの国内販売が好調です。

「本麒麟」は販売当初の年間販売目標510万ケース790万ケースに上方修正するぐらい調子がよく18年9月中に8割強を達成しており、1-9月の出荷量ではビール大手各社のなかで唯一、前年同期比プラスを確保しています。

30年前は、ビールと言えば麒麟でしたが、「SuperDry」のキレが当時は新しい味でそれからトップが入れ替わりました。

ビール部門では、アサヒビールがトップを君臨していますが、第3のビールはキリンが一人勝ちなんですね。

国産ビールは、キレとコクばかりのビールで飽きてきました、ピールエールにような香り深いビールが飲みたいです。

でも、国産ビールの中ではサッポロが一番美味しいと思います。

 

本麒麟が飲みたくなった方は、こちらです。

キリンビール伝統の、爽やかで上質な苦みが特長のドイツ産ヘルスブルッカーホップを一部使用。長期低温熟成により、雑味のとれたよりコクが強く感じられる味わいに仕上がっています。
アルコール度数は6%とやや高めで、強い飲みごたえとスッときれる引き締まった後味をお楽しみいただけます。

 

 

本麒麟 ヒットの報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

 キリンビールの国内販売が好調だ。牽引力になったのは2018年3月に市場に投入された第3のビール本麒麟」である。発売当初の年間販売目標510万ケース(大瓶20本換算)を18年6月には790万ケースに上方修正。それも18年9月中に8割強を達成しており、1-9月の出荷量ではビール大手各社のなかで唯一、前年同期比プラスを確保した。

 好調の理由はキリンのマーケティングの変化だろう。これまでは総花的に行っていた販促を18年から主要なブランドに絞り込んだことが奏功したようだ。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • キリンビールの国内販売が好調ですが、牽引力になったのは2018年3月に市場に投入された第3のビール本麒麟」です。 
  • キリンにとって「本麒麟」は過去10年で最もヒットした新商品で第3のビールのトップブランド「のどごし」を含めたシェアは40%近くでキリンが一人勝ちです。
  • キリンビールには発泡酒でも売り上げトップの「淡麗」があり、この2分野は磐石です。
  • 2020年には酒税改正でビール類は26年までに段階的に税額が一本化され、ビールは減税、発泡酒と第3のビールは増税となる。そうなれば、需要はビールへ回帰する。 

のようですね。

報道に批判的な声

 

キリンは、部門毎に事業所の場所がバラバラで効率が悪かったのを改善するために、本社と各部門を中野セントラルパークに集約したと言ってたから、それが活きてきたのかな?

キリンは、部門毎に事業所の場所がバラバラで効率が悪かったのを改善するために、本社と各部門を中野セントラルパークに集約したと言ってたから、それが活きてきたのかな?

とはいえ一昨年まで一人負けと言われていたので、まだまだ頑張らないと!

確かに売り場を見てても好調っぽいですね。
新しいのもあるだろうけど、一番減ってる気がします。

個人的にもキリンの飲み物は好きなので頑張って欲しいです。

一昨年位までは発泡酒系何が良いか選んでいたけどビール飲むの2日に1本にしたら普通のビール買うようになった。
金額的にはあまり変わらないけどやはりビールの方が旨い。

第三のビールはどんどんレベルアップしていくね。
個人的にはノンアルコールのビールがもっと本物に近づいてほしい。まぁ、出始めの頃に比べたら今でもかなり美味しくはなってるけどね。
今後は酒離れはもっと加速するだろうし、酒税の事もあるしで、ノンアルコールのレベルアップはビール会社にもかなりメリットあると思う。

 

 

 

 

本麒麟 ヒットの画像や動画は?

本麒麟 ヒットの画像や動画を掲載しておきます。

このスーツ着た男性が、いつ見てもアンガールズの田中さんにしか見えないには、私だけですか。

最近、一番の気になっていることです。

重厚な赤にしたのもブランディングとして良かったかも知れません。

味と缶のラベルで安さを感じさせないです。

 

 

 

 

本麒麟 ヒットにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

本麒麟は確かに私には美味しく感じた。キリンビールさんの企業努力と思います。値頃感も良いし、これで酒税を上げられて売上が落ちたら開発者が報われない。

辛いのは売り上げが上がれば、そこに税と言う矢が飛んで来ると言う事、少なくとも庶民の細やかなお楽しみまで奪わないで欲しいよね。どのメーカーも開発販売には苦慮してる訳だから、低価格を実現しても、政治家軍団に横槍を入れられては元も子もない。

キリンは、部門毎に事業所の場所がバラバラで効率が悪かったのを改善するために、本社と各部門を中野セントラルパークに集約したと言ってたから、それが活きてきたのかな?

本麒麟が大好きで買っています。一時、スーパーで売り切れの日があったので違うのを買いましたが、やはり本麒麟の方が美味しく頂けました。昨年のトレンドにもなりましたね。企業努力が実ったのでしょうか。

いやビールへ回帰してもスーパードライが強いとは限らないよ。キリンは努力していて明らかに一番搾りが美味くなってる。

キリン苦手です。
親は長年ラガーです。
他社や他銘柄より「やっぱりラガー」と言います。(出掛けた先で、ドライやエビスしかない場合は、それを飲んでます。)
私的には、ラガーは、喉に詰まる感じ、ドライは喉が切れる感じ、バドがさらっと飲めて好きだけど、旨味がないかなぁ。
そんな自分でも、クラシックラガーは好きです。

確かにビールを飲む機会は減った。
歳なのか、ジャパニーズウイスキーの水割りが美味しく感じ、以前より摂取比率はビールが少なくなってます。
本格的なバーで頂く角の水割りが美味しい。
同じお酒なのに居酒屋とバーで味が違う。
そんな楽しみもあり、ビールを飲む機会はどんどん減ってます。

 

 

 

 

 

本麒麟 ヒットの画像!売上の販売数が凄すぎる!!のまとめ

本麒麟は、美味しいですからこの伸びは普通でしょ。

第3のビールも技術が上がり、レベルアップしていますね。

ビール自体の価格が下がれば嬉しいのですが、税額の一本化でビールは減税されますが2026年には幾らぐらいになるかが気になります。

 

コメントをどうぞ