本麒麟 ヒットなぜ?キリンビールの一人勝ち?

ニュース・事件

本麒麟 ヒットが注目されています。

キリンビールの国内販売が好調。牽引力になったのは2018年3月に

市場に投入された第3のビール本麒麟」。

一体なぜ好調となっているのでしょうか。

スポンサーリンク

本麒麟 ヒットなぜ?キリンビールの一人勝ち?

本麒麟」は発売当初の年間販売目標510万ケース(大瓶20本換算)を

18年6月には790万ケースに上方修正。

それも18年9月中に8割強を達成しており、1-9月の出荷量では

ビール大手各社のなかで唯一、前年同期比プラスを確保しました。

好調の理由はキリンのマーケティングの変化でしょう。

これまでは総花的に行っていた販促を18年から

主要なブランドに絞り込んだことが奏功したようです。

結果、キリンにとって「本麒麟」は過去10年で最もヒットした新商品となり、

第3のビールのトップブランド「のどごし」を含めたシェアは40%近く、

キリンが一人勝ちといってもいいでしょう。

しかし「本麒麟」は、まだ市場へ投入して1年を経過していないので、

真価が問われるのは19年になります。

他社も巻き返しに出て、第3のビールは競争が激化してくると考えられます。

19年10月には消費増税があり、買いだめも予想されます。

一体これからビール市はどのような動きを見せるのか?

お酒を嗜む者としては楽しみでなりません。

 

 

 

 

本麒麟 ヒットの報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

キリンビールの国内販売が好調だ。牽引力になったのは2018年3月に市場に投入された第3のビール本麒麟」である。

発売当初の年間販売目標510万ケース(大瓶20本換算)を18年6月には790万ケースに上方修正。それも18年9月中に8割強を達成しており、1-9月の出荷量ではビール大手各社のなかで唯一、前年同期比プラスを確保した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

https://twitter.com/hachidorinohane/status/1083960013859635200

SNSでお酒を楽しまれている方を拝見すると、

「本麒麟は美味しい」と言ったご意見や「キリンビールのPR方も良い」

と言った声があげられているようでビールの味だけでなく、

企業イメージも好感に持たれている方がいらっしゃるようですね。

それと同時に、2020年にひかえている酒税改正についても

不安や不満に思われている方もいらっしゃるようです。

 

 

 

 

本麒麟 ヒットにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●本麒麟は確かに私には美味しく感じた。キリンビールさんの企業努力と思います。値頃感も良いし、これで酒税を上げられて売上が落ちたら開発者が報われない。

●辛いのは売り上げが上がれば、そこに税と言う矢が飛んで来ると言う事、少なくとも庶民の細やかなお楽しみまで奪わないで欲しいよね。どのメーカーも開発販売には苦慮してる訳だから、低価格を実現しても、政治家軍団に横槍を入れられては元も子もない。

 

●キリンは、部門毎に事業所の場所がバラバラで効率が悪かったのを改善するために、本社と各部門を中野セントラルパークに集約したと言ってたから、それが活きてきたのかな?

 

●アサヒが優位とはいえ、キリンも企業努力されてますよ。消費が冷え込んでいるなか、新商品の検討をおこない、販売までしてるんだからね。
ひどいのは税の仕組み。
これさえどうにかなれば売上はあがるんだから。
本当に国は酷い。

 

●本物のビールが安ければなんら問題ない話だと思います。日本の税制は取りやすいところから取りすぎ

 

●とはいえ一昨年まで一人負けと言われていたので、まだまだ頑張らないと!

確かに売り場を見てても好調っぽいですね。
新しいのもあるだろうけど、一番減ってる気がします。

個人的にもキリンの飲み物は好きなので頑張って欲しいです。

 

●一昨年位までは発泡酒系何が良いか選んでいたけどビール飲むの2日に1本にしたら普通のビール買うようになった。
金額的にはあまり変わらないけどやはりビールの方が旨い。

 

●本麒麟が大好きで買っています。一時、スーパーで売り切れの日があったので違うのを買いましたが、やはり本麒麟の方が美味しく頂けました。昨年のトレンドにもなりましたね。企業努力が実ったのでしょうか。

 

 

 

 

おわりに

キリンビールの「本麒麟」のヒット。

それにはマーケティングの変化が関係していたようですね。

酒税改正により、ビール類は26年までに段階的に税額が一本化され、

ビールは減税、発泡酒と第3のビールは増税となります。

これを期にビール各社、キリンビールは

どのような展開を見せてくれるのでしょうか。

ゆっくり「本麒麟」を味わいながらも応援します。

コメントをどうぞ