スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿の真相!飲酒が原因

ニュース・事件

茨城県部長 不適切投稿が注目されています

茨城県営業戦略部の堀江英夫部長がフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」と書き込みました。

茨城県部長に一体何が起きたのでしょうか。調べていきましょう。

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿の真相!飲酒が原因

茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の堀江英夫部長が自身のフェイスブック(FB)に「水戸はダメだな。死ね!」と書き込んでいたことが11日、分かりました。

堀江部長は「酒を飲んで記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない」としています。

これは呆れますね。。

投稿から約2時間後、知人から「変な書き込みがある」と連絡があり削除したといいます。

一度載せると残ってしまうので注意ですね。

 

茨城を観光するならこちら

 

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の堀江英夫部長が自身のフェイスブック(FB)に「水戸はダメだな。死ね!」と書き込んでいたことが11日、分かった。堀江部長は「酒を飲んで記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない」としている。

 堀江部長によると、5日午後から東京都内で友人と酒を飲み、同日夜に水戸市内に戻ったころに書き込んだとみられる。投稿から約2時間後、知人から「変な書き込みがある」と連絡があり削除したという。FBアカウントは友人限定の公開設定で、約700人超が閲覧可能な状態だった。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  •  茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の堀江英夫部長が自身のフェイスブック(FB)に水戸はダメだな。死ね!と書き込んでいた
  •  堀江部長は「酒を飲んで記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない」
  •  5日午後から東京都内で友人と酒を飲み、同日夜に水戸市内に戻ったころに書き込んだ
  •  FBアカウントは友人限定の公開設定で、約700人超が閲覧可能な状態だった。

のようですね。

報道に批判的な声

 

酒に酔っている時は、理性のブレーキが緩んでいる。
SNSのように不特定多数に発信する手段ができたことで、このような失態が生まれやすくなった。
「他山の石」ではないが、気を付けなければいけない

ヤフコメ同様、意図が無いカキコミは無いと思います。
しかもFBでこれをやっちゃいますかね。

実際、茨城県内で勢いがあるのは県庁所在地のある「水戸」ではなくて、
県南の「つくば市」とか「守谷市」とか。

若い人間を起用したら良いのに、年齢関係無しにして。昔を知っている人間には魅力を語るのは無理だわ

前後の文脈が分からないから何とも…言葉遣いが良くないのは確かだが。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿の画像や動画は?

茨城県部長 不適切投稿の画像や動画を掲載しておきます。

 

水戸市の動画はこちらです。

FBの画像は見つかりませんでした。

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

いいじゃないですか。本音が聞けて
地元の県部長が言うくらいだからよっぽどダメなのでしょう

限定公開が全国に

日本死ねが流行語大賞にノミネートされる国だから、大丈夫だと思う。

なんで700人の間でしか見れなかったものがニュースになるの?
その中に、この部長を貶めたかった犯人いるでしょ

5年連続魅力度ランキング最下位、交通事故率は安定の上位、観光地や特産物も乏しい。

手を替え品を替えPRしても魅力は伝わらず、悪いニュースだけはあっという間に駆け巡る現実。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿の真相!飲酒が原因

いかがでしたでしょうか。

「水戸はダメだな。死ね」と部長が投稿するのはよくないですね。

茨城県部長の職は辞任か解任されるかもしれません。

今後の茨城県に注目していきましょう。

コメントをどうぞ