茨城県部長 不適切投稿に波紋!魅力アップ担当が「水戸はダメ」

ニュース・事件

茨城県部長 不適切投稿が注目されています。

茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の

堀江英夫部長が自身のフェイスブック(FB)に

不適切な発言を書き込んでいたことが11日、分かりました。

スポンサーリンク

茨城県部長 不適切投稿に波紋!魅力アップ担当が「水戸はダメ」

堀江部長がフェイスブック(FB)に書き込んだ内容は、

「水戸はダメだな。死ね!」

という過激なもの。堀江部長は

「酒を飲んで記憶がなく、なぜ書き込んだのか分からない」

としているそうです。

 

堀江部長によると、5日午後から東京都内で友人と酒を飲み、

同日夜に水戸市内に戻ったころに書き込んだとみられます。

投稿から約2時間後、知人から

「変な書き込みがある」と連絡があり削除したそうです。

FBアカウントは友人限定の公開設定で、約700人超が閲覧可能な状態でした。

限定公開の設定だったとはいえ、堀江部長は県営業戦略部という立場。

自身の立場をしっかりと重んじるべきだったのではないでしょうか。

 

 

 

 

茨城県部長 不適切投稿の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

茨城県の魅力度アップに取り組む同県営業戦略部の堀江英夫部長が、自身のフェイスブックに「水戸はダメだな。死ね!」との書き込みをしていたことが10日、明らかになった。

5日夜の書き込みで、約2時間後に削除したという。水戸市は同県の県庁所在地。堀江部長は取材に「当時は酒を飲んで記憶が無く、なぜ書き込んだのか分からない。反省している」と謝罪した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

同部は、民間シンクタンクの都道府県別魅力度ランキングで

6年連続最下位に沈む同県の企業誘致や観光振興、

農産品の販路拡大などを担っています。

昨年4月、大井川和彦知事の肝いりで新設されました。

堀江部長の投稿にSNSでは大きな反響を呼び、

ショックを受けられている方が多くいらっしゃるようですが

中には「水戸は良い所!」と堀江部長に変わって

PRされている方もいらっしゃるようです。

 

 

 

 

茨城県部長 不適切投稿にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●実際、茨城県内で勢いがあるのは県庁所在地のある「水戸」ではなくて、
県南の「つくば市」とか「守谷市」とか。
平成から新しい年号に変わる今、水戸市を県庁所在地にし続けるのは、メリット薄い。原発地域から近いというのもデメリットだ。
10年後には、つくば市に県庁所在地を移して欲しいものだ。

できれば、県庁移転の前に茨城県内の免許センターを今の場所に加えて、もう1ヶ所、県南地域に作って欲しい。

●若い人間を起用したら良いのに、年齢関係無しにして。昔を知っている人間には魅力を語るのは無理だわ。新芽これが出来る20歳前後の人間でないと。

 

●ヤフコメ同様、意図が無いカキコミは無いと思います。
しかもFBでこれをやっちゃいますかね。
立場を考えると、脇があまいとしか言えませんが...
逆に無意識でやったなら、潜在意識が出たという事ですね。

 

●いいじゃないですか。本音が聞けて

地元の県部長が言うくらいだからよっぽどダメなのでしょう。信頼できますね

 

●限定公開が全国に。

 

●ここだけ切り取ってピックアップしてもね。
前後の文脈が分からないから何とも…言葉遣いが良くないのは確かだが

 

●日本死ねが流行語大賞にノミネートされる国だから、大丈夫だと思う。

 

●手を替え品を替えPRしても魅力は伝わらず、悪いニュースだけはあっという間に駆け巡る現実。

 

 

 

 

おわりに

茨城県の魅力向上に取り組む県営業戦略部の

堀江英夫部長によるFacebook内でのまさかの発言。

PRには全くふさわしくないもので、茨城県や水戸を応援されている方にとって

とてもショックな出来事となったのではないでしょうか。

堀江部長には自身が犯した軽率な行動をしっかりと反省し、

2度とこのようなことが起こらないように対処してほしいものですね。

コメントをどうぞ