スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の画像と映像!「トイレの神様」の印税で生活って本当?

ニュース・事件

元・植村花菜 現在が注目されています。

2010年に「トイレに神様」で泣ける涙ソングとして大ヒットした元・植村花菜さんがニューヨークでの生活事情をTVで公開しました。

元・植村花菜さんの現在について調べました。

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の画像と映像!「トイレの神様」の印税で生活って本当?

Ka-Naさんこと元・植村花菜さんが、日本テレビ「ヒロミーティング~またTVでイジりたい美女SP~」で出演し移住したニューヨークでの生活について明かしました。

NYで音楽活動をおこなっていますが、なかなか厳しいようですね。

元・植村花菜さんなんですね。

今は、NYで音楽活動されており「Ka-Na」で活動しています。

「トイレの神様」のイメージが強いKa-Naさんですが、NYで地道に好きな音楽を求めて活動しています。

2013年にジャズドラマーの清水勇博氏と結婚し、2015年には長男を出産。長男が2歳になる前にニューヨークに移住し、現在は歌手活動と子育てを両立させています。

是非、NYでストリートスタイルで頑張って欲しいです。

 

植村花菜さんの声質的にカバー曲は合っています。

時代を超え世界中で愛される60年代ー70年代のスタンダードな名曲の数々。
ジャズテイストが盛り込まれたアレンジと透明感溢れる歌声で、今再び・・・。
スタジオセッションレコーディングによって表現された、自身初の洋楽カバーアルバム。

 

 

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

トイレの神様」などのヒット曲で知られ、「Ka-Na」名義で活動する歌手の植村花菜(36)が7日放送の日本テレビ「ヒロミーティング~またTVでイジりたい美女SP~」(後11・59)に出演。移住した米ニューヨーク生活の実情について明かした。

2010年、祖母との思い出を楽曲にした「トイレの神様」が大ヒット。同年の大みそかには「紅白歌合戦」にも出場するなど一躍人気アーティストの仲間入りを果たした。その後、13年にジャズドラマーの清水勇博氏と結婚し、15年には長男を出産。長男が2歳になる前にニューヨークに移住し、現在は歌手活動と子育てを両立させているという。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • トイレの神様」などのヒット曲で知られ、「Ka-Na」名義で活動する歌手の植村花菜さんが、移住した米ニューヨーク生活の実情について明かしました。 
  • 2010年に祖母との思い出を楽曲にした「トイレの神様」が大ヒットし紅白歌合戦にも出演しました。
  • 2012年に単身で渡米した当時を振り返り「コネもつてもなく行った。地元のバーでギャラもなく、何もかも自分で運んで。交渉も自分でやってライブをするというところからスタートした」。
  • 「トイレの神様」の貯金を切り崩して生活しており、日本で出稼ぎをして生活のために日米を往復していると告白しました。

のようですね。

報道に批判的な声

 

 

>「(これだけでは)全然暮らしていけない」とも。「数年暮らしていけるくらいの貯金を頑張って貯めて、後はお母さん(植村)が日本で出稼ぎをして、またニューヨークに戻って…」

夫の稼ぎがないのか

すでに別居しているのか

大ヒットの後
西野に手を出された印象しかない

番組見てました。
性格キツかった。旦那は、勉強したい事があって学校に通ってるらしい。たぶんほぼ無収入。それを必死にかばう女。
あーダメなパターンねて思った。
まずあの歌の良さがわからない。

番組、観ました。
あれじゃ、ダメだと確信した。
あの曲がったキツい性格じゃ、スタッフも関係者も一緒に仕事はしたくはないだろう。一発屋になったのは、本人に原因がある。

貯金を切り崩してまでNYに住み続ける意味が私には理解できない。
貯金がなくなったら路頭に迷うのは時間の問題。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の画像や動画は?

元・植村花菜 現在の画像や動画を掲載しておきます。

「トイレの神様」はヒットしたし良い曲なので印税切り崩して生活するのは問題ありませんが、日本に出稼ぎしに帰ってくのは?と思います。NYでKa-Naさんスタイルで頑張って欲しいです。

たぶん、まだまだ植村花菜さんの歌声が忘れれないファンも多く需要や要望もあるんでしょうね。

泣ける涙ソングは、寿命が長いとも言われています。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

ヒットしたのはもう10年近く前になるんですね。あれだけヒットして自分で曲を作ったのなら相当印税が入ってると思うし今もカラオケなどの収入がそこそこあるのでは?

印税切り崩してまでNYで活動するのは創作活動する人にとって魅力のある街なんでしょうね。

この番組見てたけど、記事にあるようなやりとりのほかに、トイレの神様の英語版も作ろうとしたけど、キリスト教は一神教だから「トイレにも神様がいる」というのを理解してもらいにくいので、妖精とかそうした表現にするかも、みたいな話もしてたな。

しかし植村花菜はまだあまりルックスが変わらなかったけど、日テレ出演18年ぶりという永井美奈子の老けっぷりの方がショックだった。
なんか同窓会で昔のクラスのアイドルだった子の変貌ぶりを見た時のような…

なんか、ぼ~としたメロディとよくある歌詞で

なんであんなに売れたのかって感じでしたね。

それ以上に、「これは全部で一つだから、途中で切ることはできない!」とか大きく出てた植村女史の態度も違和感

紅白歌合戦出場の際にフルコーラスでなければ嫌だみたいな我が儘を押し通した事でイメージを大きく下げた印象になります。
その影響だったのか紅組はこの年負けましたので尚更イメージダウンに拍車を掛けたとも言えるでしょう。
人其々考え方や好みは千差万別だと思いますが、あの歌は何が良いのか?未だにわからないです。

全てを作文のように細かく描写する事によって聞く人から想像の余地を奪い、他者による感情移入を阻止した曲。
この曲が名曲でない理由はだいたいこんなところ。ゆっくりとしたメロディーにのせて携帯小説を読むと金になる事を証明した曲。

まあ一発屋やったけど、日本では売れないからアメリカで一発当てて有名になろうと考えてたんやろか。でもこの人レベルの歌ではとても成功するとは思えないが、それに子供を抱えて今の様な先の見えない生活をしていて何がしたいんやろか、ただのアメリカへの憧れだけ

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

元・植村花菜 現在の画像と映像!「トイレの神様」の印税で生活って本当?のまとめ

元・植村花菜さんは、結構、性格がキツく我がままみたいですね。

Ka-Naさんは、性格としては、日本よりアメリカの方が合っていると思います。

番組では、取り上げていませんが、ヒットはありませんがアメリカで地道に音楽活動はしていまし、元々、メジャー指向でなったと記憶してますので、今のライフスタイルがKa-Naさんには合ってるのかなと思います。

 

コメントをどうぞ