スポンサーリンク

日産ノート 首位!販売台数がヤバイ!!

ニュース・事件

日産ノート 首位が注目されています。

国内新車販売台数で日産自動車のノートが初の首位となりました。

カルロス・ゴーン容疑者の問題で暗い話題が多い日産自動車にとって明るいニュースとなりました。

日産ノートの首位について調べてみました。

スポンサーリンク

日産ノート 首位!販売台数がヤバイ!!

1968年から国内新車販売台数の統計を取り始めましたが、日産車が登録車のトップになったことはありません。

日産自動車の車が1位になったことがないって意外ですね。

 

若者の車離れと高齢者による免許証の返上があるためか、自動車が売れているイメージが無いですね。

10,20年前の様に1人勝ちの車種が存在しません。

メーカーもさまざまな観点でマーケティング戦略をおこなっていますが、なかなか思い通りにいかないようです。

人々のライフスタイルが多様化したのも一つの理由かもしれません。

 

日産ノート好きにはたまらないTOMICAです。

ミニカーの王様、トミカシリーズ!
メーカー:タカラトミー、対象年齢:3才以上、乾電池不要、ブリスターパック 

 

 

スポンサーリンク

日産ノート 首位の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

日産自動車の小型車「ノート」が、2018年の車名別国内新車販売台数で、軽自動車以外の自動車(登録車)として首位となる公算が高まった。日産車が首位になるのは初めて。ただ、前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕や相次ぐ検査不正の発覚などが続き、企業イメージの悪化が続けば、今後の販売に影響を与えかねない。

 1~11月の累計販売台数はノートが12万8260台で、2位のトヨタ自動車の小型ハイブリッド車「アクア」に1万台以上の差をつけている。日産によると、統計を取り始めた1968年以降、日産車が登録車のトップになったことはないといい、18年は初の首位になりそうだ。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 2018年の国内新車販売台数で日産自動車ノートが首位となりました。 
  • 今後、前会長カルロス・ゴーン容疑者の逮捕や相次ぐ検査不正の発覚で企業イメージの悪化の影響を受ける可能性がある。 
  • ノートの販売台数は、12万8260台です。
  • 2位は、トヨタのアクアで1万台以上の差をつけている。 

のようですね。

報道に批判的な声

 

 

これもゴーンの功績になるのかと思う。
ほとんど日本に来なかったんでしょう
日産車の選択肢が少ないと考えてしまう。首位はとても良いことなのですが。18年式の新古車がたくさん中古市場に出回りますね!

日産ってコンパクトSUVだったり、EV車だったり時代の先取りがうまいのに、本当にもったいないと思う。

苦し紛れで造ったe-POWERではあるが、結果的には棚ぼたのクルマになりましたね。
モーターでの加速や走りは別次元の運転フィーリングが感じられるから
営業の人はお客さんに試乗してもらうと感動して購入してもらうと言っていた。
現にノートは安いガソリン車よりもe-POWERが圧倒的に売れている。

日産は片桐元副社長(現ニスモ社長)が数字ありきで新車開発を辞めてしまった。
今回の件を機にキューブのやティーダなどのe-POWER搭載の新車を出して欲しい。

日産にとっては久々の朗報ですな。各社切磋琢磨してほしいものです。
それにしてもトヨタ・アクアはいつまで世代交代しないのでしょうかね。現行型登場からもう7年になるはずです。さすがに現行の製造を続けるのも限界に近付きつつあると思うのですが(笑)

日産が今日本でお客に売れる車って、軽四とノートとセレナとエクストレイルぐらい。
データ改ざんやらゴーンショックやらでイメージは堕ちても、全国の日産ディーラーと既存客はかなりの数があるワケで、販売を集中したら一番売りやすいノートは売れるでしょな。
ゴーンが来る直前も、やはり売れる車が少なかったけど、初代エルグランドや初代キューブがヒットして一息ついてたのを思い出した。

ゴーンの報酬がかなりあるなら開発費に回して
早くeパワーの新型を出すべきでは・・・

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

日産ノート 首位の画像や動画は?

日産ノート 首位の画像や動画を掲載しておきます。

日産自動車のノートは、小型コンパクトカーですが比較的荷室部分が広く幅広い用途で使用できます。

ライフスタイルが多様化された現代では、そのようなところも評価され販売台数につながったかも知れません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

日産ノート 首位にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

あれだけ問題のあった日産が、販売台数を誤魔化していないか疑問。日産自体が車種を大幅に減らし、セレナとノートの2種に大きく力を注いでいる。1500クラスのミニバンや、ステーションワゴンも無く、上はエルグランドやスカイラインのようなメッチャ高い車まで間が無い。選べる物が少なくて、販売員が「これが人気です」って云われたら、
買ってしまう人が多いのだろう。後は、本当に登録車が世に出回っているかだ。軽自動車のように、未使用中古が大量に出ていれば、本当には売っていないと云うこと。

ノートに試乗したが車重が重くてモーターのトルクほどの加速力があるようには感じなかった。
ワンペダルの走りがいいとか言ってるけど、
エンジンから乗り換えの人は急な減速に戸惑うと思う。アクセルオフで燃料カット状態の惰性が燃費向上になっていたと感じていた人は回生ブレーキに違和感が出る。
デザインも好き嫌いが分かれる。
ただし室内は広い。

トヨタのハイブリッドに比べたら力があるしストレスは感じにくいかも。

ゴーン事件と反比例。と見られそうだが、下の方でこれだけ頑張っているという証拠。頑張れよ日産を底で支えてる人たち!

ノート1車種だけ1位取れても全体でどれだけ日産が市場を占有できたのかが重要でしょ
e-Power搭載が1車種で他の選択肢がない偏りの恩恵であって表現に惑わされてはいけないと思う
それでなくとも日産のコマーシャルって何年も前の事を 今の事のように宣伝するしね
よほど売れないんだと思えてならない

ノートのe-power、とても快適ですよ。
運転するのが楽しくなった。
色々と問題のある日産ですが、良いものは良い。
街中でもかなり見かけるようになったし、一位も納得です。

もちろん、e-powerは魅力的だが、結局トヨタの車に飽きたんじゃないか?プリウスはデザインが嫌だし、アクアは安っぽい上に巷に溢れている。ノートが新鮮に見えたのも当然だ。もう少し日本市場にも力を入れてくれれば、売れるクルマは増えるはずだ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

日産ノート 首位!販売台数がヤバイ!!のまとめ

日産自動車もノートは、毎年上位5位ぐらいに食いつくもトヨタ車の牙城を崩せずにいました。

「ノートe-POWER」が新しく追加されユーザーに認められ、今回の1位につながりました。

元々リーフの技術を応用したハイブリッド車なので技術的な信頼もあったからだと思われます。

 

コメントをどうぞ