スポンサーリンク

返礼品違反 公表の真相と違反の自治体はどこ?

ニュース・事件

返礼品違反 公表が注目されています。

ふるさと納税制度を巡り総務省は、返礼品違反で31自治体を公表しました。

アマゾンのギフト券を付与したことが違反とされました。

返礼品違反の公表について調べてみました。

スポンサーリンク

返礼品違反 公表の真相と違反の自治体はどこ?

ふるさと納税ですが、最初の目的は素晴らしかったですが、返礼品の豪華競争やギフト券の問題出ています。

また、企業へのポータルサイトに載せるためにコスト等の負担も問題になっています。

Yo-ta on Twitter
“”

社会奉仕や体験型をふるさと納税にするは、賛成です。

ふるさと納税でその地域のトップの考え方が分かります。

納税者が、その町を初めて知り、訪問したくなる返礼品を考えて欲しいですね。

返礼割合実質30%以上の返礼違反は、北海道の森町、八雲町、愛別町、羅臼町をはじめ52団体になり、地場産品以外の返礼違反は、100団体になります。

 

人気のふるあと納税は、佐賀県多久市の佐賀牛

「ふるさと納税」寄附金は、下記の事業を推進する資金として活用してまいります。
寄附を希望される皆さまの想いでお選びください。

 

 

スポンサーリンク

返礼品違反 公表の報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ふるさと納税制度を巡り総務省は27日、返礼品の基準違反を新たに確認したとして、31自治体を公表した。返礼品に加え、ネット通販大手「アマゾン」のギフト券を付与。これも返礼品に含まれるとみなし「調達費が寄付額の30%以下の地場産品」ではないと判断した。

 ギフト券付与は、一部の自治体が仲介サイトと共同で、寄付のキャンペーンとして実施。総務省は返礼品の基準に反している疑いがあるとして、20日から実態調査に乗り出していた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • 総務省は、ふるさと納税制度の返礼品の基準違反の自治体を公表した。 
  • 基準違反は、31自治体 
  • 違反は、返礼品に加えAmazonのギフト券を付与 
  • 返礼品は、調達費が寄付額の30%以下の地場産品と決まっています。

のようですね。

報道に批判的な声

 

当該自治体内施設の宿泊券は、30%規制の対象外すべきだと思う。
来てくれれば現地で金を落とすわけだし、最初は宿泊券がきっかけでもリピーターになる可能性もある。

むしろ問題は、寄付金のかなりの割合が、自治体がポータルサイトに支払う掲載料に消えていること。でも市場原理からすれば当然の結果。
制度の導入と同時に国主導でポータルサイトを作っていればこんなことにはならなかった。無策にもほどがある。

アマゾン券とかは論外だがちゃんと地場産品を返礼品とするなら足枷になるような縛りは緩くすべきだと思うわ
ちゃんとそこの地域振興になるんだし

「ふるさと納税」の趣旨は、
1、応援したいと思う自治体に寄付ができる仕組みで、地域貢献につながる。
2、地域の特産品・名産品がお礼の品として貰える。
3、寄付した金額は税金から控除・還付される。

多くの寄付を受ける為、他より高価な返礼品を送ることで競争になった。
2を無くせば「ふるさと納税」が減少してしまう可能性がある。
でも返礼品で競争することがなくなり、自治体の魅力を発信していくことで「ふるさと納税」してもらうことが本来の趣旨に合っている。
減少は3の控除額を上げるとかで対応。

居住地域の活性化のために使われる税金が「ふるさと納税」によりほかの地域に流れてる現状もある。2年に1度の割合で「ふるさと納税」ができるなどとすれば公平感も出てくるのではないかと思う。

返礼品の選定や返礼品の監視で余計な労力を使うことになってる今の現状をどうかと思う。その労力を地域の為に使ってほしい。

そもそも納税に対して返礼品配るってことは、社会全体で見た時に本来使われるべき税金の使用目的に利用されず個人の消費に利用されてしまう分があるということですよね。
個人的にはそれって税本来のあり方としてどうなのよって気がします。

もっと言えばふるさと納税そのものについても、潤う自治体がある一方で、税収減に陥った自治体に住む住民は本来受けられるべき行政サービスに支障がでる恐れもあるわけですから、税の公平性の観点からするとあまりにも未成熟な仕組みではないでしょうか。

いずれにしても現在の仕組みのままでは各自治体がふるさと納税を増やしたいと考えた時、返礼品合戦に向かわざるを得ない状況になってしまっていると感じます。

世に溢れる納税サイトは営利企業がやってるから仕方ない部分はあるけどネット通販の延長みたいになったのは残念。
ふるさと納税の仕組みは賛成だけど、使い道がしっかり見える化されてるところにお金が集まるようになって欲しい。けど難しいだろうなあ。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

返礼品違反 公表の画像や動画は?

返礼品違反 公表の画像や動画を掲載しておきます。

企業が違反するのは仕方ないが、自治体がルールのグレーだからといって何でもありでやるには、どうかと思います。

この国のモラル低下が原因ですね。

東京集中の税金を地方に分散しPRまでできる「ふるさと納税」なのに寂しくなってしまいますね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

返礼品違反 公表にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

アマゾンのカードなどの貨幣と同じような返礼品は規制するべき。
ただ、返礼品の基準を厳しくしすぎるのも、各自治体のがんばり無にしないようにしてほしい。
例えば、お米も1万円で20キロが、15キロに規制されたり…。
お米だったら、各市町村の判断に任せてよいと思う。
制限をするとしても、コシヒカリと無名の銘柄で制限を分けるなど・・・。

この制度で自治体が潤ったことも まぎれもない事実である。

この制度が それなりに 地域振興になっている。

まさに この制度の狙いが あたった、とも言える。

この制度設計が 余りにもズサンであった。
この制度の趣旨・目的が 制度設計した総務省自身の粗末さで変節してしまった。

名称を変更して 各自治体が創意工夫をして返礼品を100%しても良いから、国民各位から資金を集める制度設計を構築して欲しい。

基準違反という言葉に違和感を感じる。
違反をしているのはむしろ総務省である。

これで国民からの資金が集まらなくなったら これら自治体の財務は破綻に進む。
却って 交付税が増えてしまう。

本来の趣旨から逸脱した愚業であることから、このような自治体は対象から外すべきである。
最近yahoo!などのネット広告にやたらと出稿している都城市や薩摩川内市ももれなく対象外にしていただきたい。誤った情報を流布しているという認識に欠けていることを繰り返していることから考えても、訪れなくても魅力的でないということがわかる。
やったことがないから実際はわからないが、寄付したものをどのような形で活用したかという説明責任を果たすことでふるさと納税としては成立すると思うが、返礼品を渡すだけで完結していると思っている自治体がどれだけいるのだろうか。この点でも対象から外すべき自治体を検討すべきである。

気持ちはわかるんだけど、役所がルール違反するのはやめて欲しい。ルールがおかしいと思うなら、そう声をあげて行動して欲しい。

以前にも同様の事例が報道されていたにもかかわらず、いまだに違反している自治体には、補助金の減額や停止するなど、何らかのペナルティーを科すべきだ。全く反省するという姿勢がないということだ。

今後も違反が続くようなら、制度自体を辞めてしまえばよい。
確定申告や返礼品を目当てにするのは、本当の意味でのふるさと納税・寄付行為ではない。本来であれば、寄付というのは、返礼品など損得勘定をしないで、徳を重視するべきものである。

本当の意味で寄付をする気持ちがあるのなら、返礼品の受け取りを固辞すればよい。

そもそも、なぜ30%なのかがよくわからない。
自治体はプラスになるように返礼品を考えているでしょうし、そのパーセンテージをどう設定するかは自治体に任せていいと思います。
特産品だって、自治体によって様々です。
結果的に、ふるさと納税が活発になっていれば、それだけお金が全国に回っているわけですから、国は厳しく監視して締め付けるのではなく、盛り上がるためにどう見守っていくのかを考えるべきではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

返礼品違反 公表の真相と違反の自治体はどこ?のまとめ

特別な地場産業が無く、返礼品に困る自治体もあるらしですね。

以前、TVで見ましたが、返礼品が無いので町民がアイデアを出し、特産品を作るという挑戦をしていました。

本来は、そう在るべきですね。

もっと小さな自治体に関しては、特典が出せるよう総務省が特例を認めても良いと思います。

 

コメントをどうぞ