スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルの真相と画像!兵器の威力は!?

ニュース・事件

ロシア 極超音速ミサイルが注目されています。

ロシアのプーチン大統領は、極超音速(ハイパーソニック)のミサイル兵器「アバンガルド」の最終実験に成功したと発表した。

ロシアの極超音速ミサイルについて調べました。

スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルの真相と画像!兵器の威力は!?

ロシアのミサイルの新兵器の名前は「アバンガルド」と言い2019年に実戦配備するとのことです。

マッハ20で飛行するスペックで、実験では6000キロ飛行してカムチャッカ半島の標的に命中しました。

このモスクワ国防省の言葉通りなら非常に怖い新たな戦略兵器ですね。

マッハ20で飛行すると言う事は、迎撃するのが非常に難しいのではと思います。

プーチン大統領も「いかなるミサイル防衛(MD)システムも対処できない」と語っています。

また、アバンガルドには核弾頭が搭載可能ということで、米ロ冷戦時代に逆戻りしないことを願います。

 

兵器大国ロシアについて学ぶならこちらです。

ソ連・ロシアの戦闘車両の過去と現在、そのすべてを凝縮した究極のウェポン・ガイド!

ドイツ軍戦車と並んで戦車ファン、ミリタリーファンに人気の高いソ連軍および現代ロシア連邦軍戦車。
本書は、“戦車王国”とも呼ばれるソ連・ロシアの装甲戦闘車両(戦車、自走砲、装甲車etc.)のほぼすべてを詳細に解説。
戦前の素朴な試作車から現代の超ハイテク最新鋭車両まで、大量の写真と図版で完全網羅します。
さらにそれらがどのような歴史と背景のもとに開発され、運用されたかを第一線の軍事ライターがわかりやすく解説し、単なるカタログ本にとどまらない高い付加価値を盛り込んでいます。

 

 

スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルの報道の詳細

報道詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ロシアのプーチン大統領は、新型の極超音速ミサイルシステムの発射実験が成功し、来年から実戦配備すると発表しました。

 「これは大きな成功で、大きな勝利です」(ロシア プーチン大統領)

 26日、極超音速ミサイルシステム「アバンガルド」の最終発射実験が行われました。ロシア南部オレンブルク州から打ち上げられたミサイルは、極東カムチャッカ地方の目標に着弾したということです。

 プーチン大統領は、発射の様子をモスクワで確認し、開発メンバーらをたたえるとともに、来年から「アバンガルド」を実戦配備すると明らかにしました。「アバンガルド」は今年3月、プーチン大統領が「あらゆるミサイル防衛網を突破できる」として発表していたものです。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

報道の内容を簡単にまとめると

  • ロシアのプーチン大統領は、新型の極超音速ミサイルシステムの発射実験が成功したと発表 
  • 「アバンガルド」と名付けられたミサイルは、来年から実戦配備する 
  • アメリカがヨーロッパなどでの配備を進めているミサイル防衛網に対しての開発とのこと 
  • 日本での導入が決められているアメリカの地上配備型ミサイル迎撃システム「イージス・アショア」について攻撃目的に転用できると懸念 

のようですね。

報道に批判的な声

 

このスペックが事実だとするとまず撃墜は不可能に近いでしょうね。

マッハ2でも迎撃が難しいのに、これは迎撃不可。
中国も同様のミサイルを開発するだろうから、
2兆円を超えるミサイル防衛システムは、
役に立たなくなり、単なる米国への献金になってしまう。
日本のミサイル防衛計画は抜本的な見直しを迫られる。

厳密に完全無敵ではないだろうが、現実問題として
発射されたら対処する時間はほとんどない。
今後はそういう方向に進むのだろうか?

新型ロボットだと紹介されたが、実は中に人が入っていたという報道があったばかりだが…。

AWACSのレーダー収束すれば落とせなくても狂わせられる

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルの画像や動画は?

ロシア 極超音速ミサイルの画像や動画を掲載しておきます。

アメリカが欧州で配備を進めているミサイル防衛網に対しての反発ですね。

アバンガルドは、グライダー式の兵器で飛行を制御しながら滑空できるので命中精度もかなり良いと思われます。

実戦配備するとなると、非常に不安定な世界になるかも知れません。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

トランプ氏の開発してる小型核弾頭ミサイルが必要。ロシアの超高速ミサイルの前方で爆破し、電磁波による防衛が可能。日本も欲しい。

ミサイルと核兵器は攻撃って言うより守りの武器よね

やったら報復出来ますよ、と言う最終カード

レーザー迎撃が必要になるな。
やはりSDI計画復活か?

タイトルが ”プーチン氏「マッハ20で飛行」” だったから想像して笑ってしまったが、迎撃ミサイルとそれを掻い潜るミサイル開発はいたちごっこだろうな。

第1次冷戦期からの手。
アメリカにロシアが敵う相手なら
日本は先の大戦でどれだけ楽だったか……

それじゃ日本も作りますか。
しかし、マッハ20って時速24.5Mmだし、重力を振り切って外宇宙に飛んでくんじゃないか?
それに断熱圧縮による超高温の対策や、誘導等、どうにも嘘くさいよ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

ロシア 極超音速ミサイルの真相と画像!兵器の威力は!?のまとめ

ミサイルの開発や配備は、自国の防衛につながり戦争自体が起きにくくなります。

特に大型兵器に関しては、威嚇として持つことが多く世界の平和バランスが保たれます。

本末転倒の不思議な話ですが、平和を維持できれば良いですね。

 

コメントをどうぞ