スポンサーリンク

松本人志 芸風変化の真相と画像!家族の影響とは?

ニュース・事件

松本人志 芸風変化が注目されています。

ダウンタウンの松ちゃんこと松本人志さんは、家族ができたことで芸風の変化があったと語りました。

松本人志 芸風変化で調べてみました。

スポンサーリンク

松本人志 芸風変化の真相と画像!家族の影響とは?

2009年5月に元タレントの伊原凛さんと結婚した松本人志さんですが、特に長女の誕生の影響が大きかったようです。

トークのなかでも家族の迷惑が掛からない選択肢を選んでしまうときがあるようです。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

タウンワークのCMも昔の松ちゃんなら仕事していなかったのでは?と思いませんか。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

まず、芸風が変わったらだめなのか?という議論になるべきでは。

人は、成長するわけでそれにより、考え方や芸風が変わってくると思います。

昔の芸風のままなら飽きられて、このポジションにいる事はできない。

ただ、尖った松本人志さん、天才的なボケをする松本人志さんを世間が求めているのも納得です。

 

松本人志さんに対して、このイメージが原因では?

昔は、こんな考え方もしていたなぁ・・・で良いと思います。

すべて含めてダウンタウンの松ちゃんです。

 

 

スポンサーリンク

松本人志 芸風変化の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ダウンタウンの松本人志(55)が、家族ができたことによる芸風の変化について語った。

元タレント伊原凛と09年5月に結婚し、同年10月に長女が誕生した松本。今ではバラエティー番組等で妻や子どもに関して話すことも珍しくないが、23日に更新したツイッターでは、「トーク中 AかBが浮かんだ時 家族に迷惑のかからない方を選んでしまう時がある。でも家族が出来たことでCやDが浮かぶようにもなったで」と芸の変化についてつづった。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

松ちゃんだけでなく浜ちゃんも優しくなって人間味が出てきたと感じられます。

2人とも涙もろくなってるしね。

ダウンタウンの松ちゃん、浜ちゃんが仲が良いというのも、昔のイメージと少し違いますね。

また、芸風が変わったというより、今のテレビのコンプライアンスが厳しく自由な番組を作ることが出来なくなったのが大きな理由ではないでしょうか。

どんどん成長し変化して、次の次の時代のダウンタウンが見たいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

松本人志 芸風変化にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

●確かに変わった。
ワイドナショーみたいな、芸能界の中のグレーな内容も扱う番組、昔だったら絶対なかったよね。
それは単純に芸能生活が長くなってきて様々な見方ができるようになったからってのもあるかもだけど。

 

●若い尖ってた まっちゃん大好きだったけど、今のまっちゃんも大好き。
ただ昔から、オカンをネタにしても家族はとても大切にしていたし、変わったなーとは全然思わないな。
若い頃と言ってた事が変わってきても、それを自然に出せるまっちゃんはさすがだと思う!
感度が高い天才肌で、それこそ本人が「遺書」で書いていたように、全盛期は40代くらいでパッと辞めそうな雰囲気あったけど、
自然に円熟味を増した柔らかい路線に変わっていって、いつまでも面白い、楽しませてもらいたい、そんな感じになったもんなー。
天才肌ではなく、やはり天才だったかー!

 

●昔の松本も、今の松本も好きだ。昔の松本を知る人はあの頃の姿と今を重ねて見ると趣も倍増だろう。

 

●松本さん独身貫くタイプだと思っていたから結婚意外な感じだったけど、子供可愛がってそうな感じ。

 

●まぁ、孫がいてもおかしくない年齢だから。
ごく普通のことだと思う。

 

●一番変わったのは、イジられるのを良しとしたことかな
松ちゃんも浜ちゃんも
だから笑ってはいけないが成り立つんだよね

 

●YOUが言ってた。今のダウンタウンは仏様みたいだ、って。若手にイジられて嬉しそうに笑ってる松っちゃん、浜ちゃんが大好きだ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

家族ができたせいか、時代のせいか分かりませんが、番組を選んでいる観は出ていますね。

まだまだ、その番組の枠内での面白さの追求はしていると思います。

55歳になられた松本人志さんですが、もっともっと新しい味を出して笑いを提供して欲しいですね。

コメントをどうぞ