スポンサーリンク

ほぼ日手帳 哲学の真相がヤバい!売れ続ける理由は?

ニュース・事件

ほぼ日手帳 哲学が注目されています。

人気商品の手帳ですが、どんな哲学が隠されていたのか気になりますね。

早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳 哲学の真相がヤバい!売れ続ける理由は?

糸井重里さん率いるほぼ日のロングセラー商品「ほぼ日手帳」が話題を呼んでいます。

これまでの手帳の常識とは一線を画す商品として、18年間も売れ続けているその裏側には、利用者の喜びを徹底的に追求するという独自の哲学があったようです。

ほぼ日の看板商品である、ほぼ日手帳が誕生したのは

2001年10月で当初はわずか1種類、売れたのは1万2000冊でした。

それが17年9月発売の「2018年版」では85アイテムまで増え、年間で78万冊を売り上げる大ヒット、ロングセラー商品になっています。

最新の「2019年版」も全部で95アイテムと、異例なほど種類が豊富で迷ってしまいます。

世間からは、「毎年使っているよ!」という声と「合わないなー」という反対意見も。

ほぼ日手帳のカバーはこちら

カバーでオリジナル度がUPされます。

スポンサーリンク

ほぼ日手帳 哲学の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

糸井重里氏率いるほぼ日のロングセラー商品「ほぼ日手帳」。これまでの手帳の常識とは一線を画す商品として、18年間も売れ続けている。その裏側には、利用者の喜びを徹底的に追求するという独自の哲学があった。

 「それは室町時代の人も喜ぶことなのか!」――。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

18年も続くロングセラー商品であるが、多額の広告宣伝費をかけて販売プロモーションを展開してきたわけではないようです。

ビッグデータを活用して、デジタルマーケティングを展開してといった今では当たり前の手法も、ほぼ日には無縁とのこと。

ほぼ日手帳の開発には、糸井さんの強い思いがこもっています。

 

ほぼ日は、利用者の気持ちを探ろうと、利用者に集まってもらい、どんな使い方をしているか、どんな課題があるのかをヒアリングしているようです。

しかし、集めた声をそのまま受け入れるのではなく、なぜそうした意見が出てくるのか、本来はどうあるべきかという本質を常に考えているようです。

なので長年愛される商品になったのでしょうね。

今はスマホやPCでスケジュール管理する方も多く、手帳離れもありますが、そんな中でも大活躍してくれそうです。

手帳はオリジナリティーがでる他、管理がしやすく見返すのもラクですもんね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

ほぼ日手帳 哲学にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

1日1ページ、使える手帳はそんなにないけど、仕事にも使えるし確かにいいけどほぼ日高いんだよなぁ 

このコメントで「買っても使いこなせない人多数」とか、他人を下げてる内容を見たけど、この手帳って使いこなさないと意味がない手帳ではないという、この手帳本体をきっちり全体的に見たことがない人の薄っぺらいご意見だなぁとつとに感じます。

手帳にはこだわってきました。

ほぼ日も2年ほど使用したことがあります。

アイデアが湧いてきそうな手帳でしたね。

2年使って、自分のライフスタイル、ビジネススタイルと違うと感じたのでは離れました。

でも、ほぼ日手帳の雰囲気は好きなので、毎年チェックしています。

製品化されてからしばらく使っていました。

元々自由に自分らしく使うコンセプトに共感して使っている人が多く、自分なりの使い方や使いやすくなるコツをSNSで共有して成長した感じがあります

コピーライターの糸井重里として隆盛だった頃に講演会を見に行ったことがある

買ったはいいけど、使ってない、使いこなせてない人多数。

ここ2年くらいで品質がガタッと落ちた
特に、システム手帖タイプでない、表紙一体型のほう。

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

手帳の種類は多すぎるほどで、個性がでますよね。

まだ使ったことがない方もこれを機に利用してみてはいかがでしょうか。

来年からの手帳が楽しみですね。

コメントをどうぞ