スポンサーリンク

山口蛍 電撃移籍の真相と画像は!新たなチャンレンジとは?

ニュース・事件

山口蛍 電撃移籍が注目されています。

なんと!ヴィッセル神戸が日本代表の山口蛍さんを完全移籍で獲得致しました。

山口蛍 電撃移籍の真相について調べました。

スポンサーリンク

山口蛍 電撃移籍の真相と画像は!新たなチャンレンジとは?

セレッソ大阪のMFの山口蛍さんですが、ヴィッセル神戸に移籍!です。

ヴィッセル神戸には、元スペイン代表の至宝アンドレス・イニエスタさんがこの前、加入したばかりでタレント揃いです。

山口蛍さんは、セレッソ大阪の下部組織から在籍しており、ロンドン・オリンピックや2014ブラジルワールドカップ、2018ロシアワールドカップに選出され出場しています。

今季もセレッソ大阪の主将として活躍していました。

セレッソ大阪にしては、主軸の大黒柱が抜けるのでかなり痛いのではないでしょうか。

また、セレッソ大阪は山口蛍さん以外にFW杉本健勇さん、MF山村和也さんが移籍するので戦力低下が心配です。

 

山口蛍選手をはじめとする育成「セレッソ」躍進の企業秘密

なぜ、才能が咲き続けるのか?育成セレッソ躍進の企業秘密!!人気急上昇クラブ20年の集大成!

スポンサーリンク

山口蛍 電撃移籍の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ヴィッセル神戸が、セレッソ大阪のMF山口蛍を完全移籍で獲得した。両クラブが19日に発表している。

 移籍が決まったことを受け、山口はC大阪のクラブ公式HPでコメントを発表。ファン・サポーターに別れを告げた。

「今回ヴィッセル神戸に移籍することになりました。昨シーズン、尹さんのもと2冠を獲れたことは一生の思い出です。ジュニアユースからお世話になっているセレッソ大阪を離れるのは簡単な決断ではなかったですが、また一から新たなチャレンジをしたいと思い決断しました。ジュニアユースから長い間お世話になりました!」

 そして、同選手は新天地となる神戸のクラブ公式HPにもコメントを寄せ、意気込みを語っている。

「ヴィッセル神戸の皆様、今回、セレッソ大阪から移籍することになりました山口蛍です。一日でも早くサポーターの皆様に認めてもらえるように、日々の練習から100%で取り組みます。これからよろしくお願い致します」

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

豪華メンバーが揃ったヴィッセル神戸ですが、元スペイン代表のアンドレス・イニエスタさんと元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキさんに元スペイン代表FWダヴィド・ビジャさんの加入が決まったばかりです。

ここでボランチの山口蛍さんが加入し鉄壁のチームになりますね。

今季は期待以下の成績だったヴィッセル神戸ですが、監督も変わり来季の期待が大きいです。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

山口蛍 電撃移籍にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

セレッソ大阪オフィシャル on Twitter
“【応援番組】ぞっこんセレッソ 「ぞっこん💓セレッソ🌸」12月後半号は、山口蛍選手や林 穂之香選手のインタビューなど…✨ ぜひご覧ください😊 ※「セレッソ大阪オフィシャルチャンネル(Youtube)」に登録をお願いします🙇 #cerezo #SakuraSpectacle ”

●生涯セレッソ宣言とはなんだったのか、と言うのは簡単だけど、そういう事を言う選手でさえ移籍を考えてしまう原因がチームにあるのかなと思ったり…。これだけ主力が抜けてる現状ならね。

●ドイツからすぐ帰ってきたときに拾ってもらったのもあって、セレッソにずっといると思ってた。
単に挑戦したかったのか、セレッソがイマイチなのか本音か知りたいです。
神戸はすごいなぁ、、ここまで来たらアジアを代表するクラブになってほしい。

 

●他サポです。
移籍は自由やと思う。でも出戻り時に生涯セレッソ宣言したならセレッソサポの怒りはかって当然やと思う。別に求められたコメントでもないのに。そう考えると安易な発言やし、見た目どおりのクレバーな選手やないことが分かるよね(>_<)

 

●山口、山村、杉本と次々に移籍。
何があったんですかね?
よっぽどチームとして選手から見て不満が多くなったのか?
来年のセレッソは降格争いになりそうだな。

 

●あんなにセレッソ愛があった選手が出ていくとは。
それも主力選手が続々とだし。
フロントの責任大きいわ。

 

●セレサポのお怒りはごもっともだと思います…

移籍は自由だけど、結果論だが移籍したんだから容易に生涯宣言するべきじゃないなあって思う。

その時はそういう気持ちあったのは本当なんだろうけど、サポからしたら裏切られた気持ちになるのは当たり前よ…

 

●こうやって移籍することになってしまうならば、あまり熱いことは言うべきではないですね。
勉強になります。

 

●セレッソはJ2の頃が懐かしい。
横浜FCとの試合だと、三ツ沢球技場で行うので、選手と観客席の間がとても近くて、選手の声や息づかいも聞こえて、生の観戦の醍醐味が味わえた。
その中で柿谷が一人図抜けた技術や、山口蛍のセンスやスキルはイマイチでも日本人相手には負けないフィジカルの強さとか、生で見ていてやっぱり他と違うと感じた所はありました。
今は柿谷と清武だけかな?
ちょっと前までは南野もいたのだから、クラブの育成や元々の魅力はあるはずと思います。
単純に金銭の問題なら、楽天と張り合う必要は無いでしょうが、それ以外の理由がないか、クラブ側にはしっかり考えてほしいと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

山口蛍さんは、結構、好きな選手なので頑張ってほしいですが、ドイツのハノファーから半年でセレッソの復帰したのだけは???の不思議でした。

セレッソ愛を持っていた選手だけに移籍するには、「何かあったのか?」が気になるところです。

 

コメントをどうぞ