スポンサーリンク

妊婦加算 凍結了承の真相!年明け凍結へ!!

ニュース・事件

妊婦加算 凍結了承が注目されています。

厚生労働省は、中央社会保険医療協議会で妊婦の自己負担が上乗せする「妊婦加算」を凍結すると発表する。

妊婦加算 凍結了承の真相について調べました。

スポンサーリンク

妊婦加算 凍結了承の真相!年明け凍結へ!!

2018年4月に妊婦が医療機関を受診した際に負担する「妊婦加算」を新療報酬改定を新設された。

従来の目的は、丁寧な診察を目的として自己負担が初診で約230円、再診で約110円増加していた。

その「妊婦加算」を2019年1月に凍結するよう了承されました。

 

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

もともと妊婦加算は、妊婦税と物議を醸していました。

中央社会保険医療協議会(中医協)が妊婦の診療を手厚くするのが目的とされ加算額が決められていましたが、「妊婦税」「少子化対策に逆行する」と不満も出ておりました。

現状は、妊婦加算として医療費が負担が増えたのに医療行為は変わらず批判も多かったようです。

妊婦が適切に診療されることが大切で制度の方向性自体は、実は間違ってないと思います。

ただ、その分の医療行為が伴っていないと問題ですね。

「医療費が増える≒悪」のイメージだけで話を進めるのは、どうなんでしょうかね。

 

妊婦さんも飲めるお勧めのお茶。

レモングラスやレモンバームのさわやかな味わいが、おなかの中の赤ちゃんとママにすこやかな気分をもたらします。

スポンサーリンク

妊婦加算 凍結了承の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

厚生労働省は19日の中央社会保険医療協議会(中医協、厚生労働相の諮問機関)で、妊娠中の女性が医療機関を受診すると自己負担が上乗せされる「妊婦加算」について、2019年1月から凍結することを諮問し、了承の答申を得た。

 厚労省は速やかに凍結を告示する。

 厚労省は2020年度の診療報酬改定に向け、妊婦に対する医療の評価について再検討を行う方針だ。 

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

世間の意見や批判に耐えきれなかったでしょうね。

もちろん医療負担は、低いほうが良いですが、この妊婦加算は「目的」や「何故、妊婦加算が必要か?」がニュースなので報じられることが少なったと思われます。

妊婦さんにより良い医療サービスが行われる制度を願います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

妊婦加算 凍結了承にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

●妊婦加算は本当に必要な場合もありますよね。
それよりも整骨院の取り締まりを厳しくした方がいい。マッサージに医療費を使うのはどうかと思いますよ。

●何故、妊婦だけなのか?
と言う部分をきちんと根拠を示した上で
説明すべきではないのか?
既往症のある患者はどうするのか?

 

何故、妊婦だけなのか?
と言う部分をきちんと根拠を示した上で
説明すべきではないのか?
既往症のある患者はどうするのか?

 

●妊婦加算自体が悪、という考えは間違っていると思う。より丁寧に診察をする医師側にはそれなりのプラスがあって当然。
その分の料金を妊婦本人に請求する、という点に疑問を感じてる人が多いのでは。たかが数百円でも、「チリツモ」という言葉もあるし。

それよりも 連日病院に入り浸って、逆に病院に顔を出さなければ「あの人今日来てないけど大丈夫?」なんて会話をしてるご老人達の診察料を加算したら?

 

●妊婦加算自体が悪、という考えは間違っていると思う。より丁寧に診察をする医師側にはそれなりのプラスがあって当然。
その分の料金を妊婦本人に請求する、という点に疑問を感じてる人が多いのでは。たかが数百円でも、「チリツモ」という言葉もあるし。

それよりも 連日病院に入り浸って、逆に病院に顔を出さなければ「あの人今日来てないけど大丈夫?」なんて会話をしてるご老人達の診察料を加算したら?

 

●妊婦加算は適切な適応と運用されるのなら賛成でした。医療機関側へのインセンティブにもなり、医療側の受け入れがよくなれば妊婦さんの安心も増しますし。妊婦加算の本人負担は少子化時代に逆行するから公費負担すべきというのも納得出来る話です。

ただ、少子化改善という観点でみるなら、現状でも補助金はありますが不妊治療費を公費で更なる負担軽減するなど妊娠を望む人達も含めた方策も同時に提言されるべきではないでしょうか。

日本は高齢者医療も含めてですが、医療費で自分の財布に響く事に極端にアレルギーがある気がします。皆保険の財源も有限ですから適切な適応と、場合によっては受益者が負担を受け入れる精神的土壌も備わって欲しいところです。

 

●妊婦加算分を国が負担すれば良いんじゃないか?
医師側には妊婦加算するべきだと思う。

 

●批判されたからただ単にやめるなんて本末転倒
妊婦さんは一人でもお腹の中には複数の命がいますし、その新たな命の誕生を心待ちにしている家族もいます。
母体と胎児両方の危険性を考慮した治療が必要なのは明らかです。
妊婦加算をやめても妊婦さんに適切な治療が担保されるように制度設計をするのが省庁の任務です。
妊婦さんの特別な治療に必要な費用は税金の使い方を変えて充ててください。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

ネットのコメントを見ると、意外に素晴らしい意見が多かったですね。

妊婦加算の目的を理解した上での医療サービスとして適切な運用がされれば・・・というところですが。

もちろん、医療費負担は低いほうが助かりますが、より良いサービスを受けれるようにしていただきたいですね。

 

コメントをどうぞ