スポンサーリンク

女子ゴルフ 異例状態の真相がヤバい!テレビ局が撤退?

ニュース・事件

女子ゴルフ 異例が注目されています。

女子ゴルフに一体何が起きたのでしょうか。

気になりますので、早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

女子ゴルフ 異例状態の真相がヤバい!テレビ局が撤退?

日本女子プロゴルフ協会LPGA)は18日、都内のホテルで会見を行い、19年ツアーの日程を発表しました。

新規1試合が加わり、当初は39試合になると思われていましたが、フタを開けてみれば18年から2試合減の36試合で、賞金総額は3336万円減の37億500万円と史上最高額更新は6年連続でストップしました。

これには原因がある訳ですが、ゴルフファンからはテレビ局を非難する声が多くあがっています。

宮城でのプロツアーは男女とも完全消滅で悲しいですね。

 

 

 

 

スポンサーリンク

女子ゴルフ 異例の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

女子ゴルフツアーの試合数が減少して喜ぶファンはいないだろう。

日本女子プロゴルフ協会LPGA)は18日、都内のホテルで会見を行い、19年ツアーの日程を発表した。新規1試合が加わり、当初は39試合になると思われていたが、フタを開けてみれば18年から2試合減の36試合。賞金総額は3336万円減の37億500万円と史上最高額更新は6年連続でストップした。3月のKKT杯バンテリン・レディース(熊本)、5月の中京テレビ・ブリヂストン・レディース(愛知)、9月のミヤギテレビ杯ダンロップ女子(宮城)が中止となったことが大きいだろう。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

11年の東日本大震災に見舞われた宮城、16年の熊本地震の被災地を元気づけるはずの2試合が来年は開催されないことに驚かされました。

被災地復興に力を入れてきたLPGA小林浩美会長は「非常に残念です。今でも開催していただきたいと思います」と述べ「(交渉の)窓口は開いております」と口にしたものの、主催者に提示している交渉の前提条件は一貫してシビアなものでした。

財務基盤の確立などを理由に同協会が「放送権の一括管理」に乗り出したことが背景にありました。

昨年2~8月にかけて各大会主催者すべてにこの意向を通達し12月13日を期限に区切り交渉を進めてきましたが、最終的にテレビ局主催の3試合が中止になっています。

また都心から近い会場で大観衆が集まる国内メジャー第1戦、ワールド・サロンパス・カップも共催する日本テレビと合意できず、ウィメンズ選手権(仮称、会場未定)という発表にとどまる異例な事態です。

これから女子ゴルフはどうなっていくのでしょうか。

心配ですね。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

女子ゴルフ 異例にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

モロにマスコミ側の意見だねあきれる。

主導権がその競技を開催する団体にあるのは自然な流れ。

マスコミがスポンサーや金に物を言わせていつまでも実権を握ろうとするのは無理があるし、今後の発展にも障害になる

今回のLPGAの決断は正しい決断だ
今時スポーツをライブ放映しないで録画とは呆れる

試合数減ってもLIVEで見れる機会が増えるのは嬉しいけど 

テレビ局ファーストを辞めただけ
ファンを大事にする協賛スポンサーが多く出てくることを期待してます
 

何も(生放送を行わない)地上波にこだわらなくていい。

まあ余り放送の都合で試合結果を抑え込んで、発表を遅らせているのは解せない。 

将来、テレビ局にお金取られず日本女子ゴルフ界やジュニアゴルファー育成に繋がる可能性の方が高いと思う 

交渉決裂だが、一方通行で努力が見えない。
将来を見据えた落としどころがないのは、極めて残念。

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

将来的には、さらなる試合数減、テレビ中継減など、ゴルフファンが喜べない現象が次々と起こる可能性が残っています。

熱心に会場へ足を運ぶギャラリー、テレビ中継を楽しみにしているファンあっての競技です。

支えてくれる人々がマイナスに感じる方向に進むことだけは回避してほしいですね。

コメントをどうぞ