スポンサーリンク

LOVOT お披露目画像がヤバい!人に甘えるロボット?

ニュース・事件

LOVOT お披露目が注目されています。

一体今度はどんなロボットが誕生したのでしょうか。

気になりますので、早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

LOVOT お披露目画像がヤバい!人に甘えるロボット?

ロボットベンチャーのGROOVE Xが、新しい家庭用ロボット「LOVOT」(らぼっと)を発表しました。

特筆すべきは、先端テクノロジーが「人があたたかさを感じる、人が幸せな気持ちになれること」に注がれている点です。

また、LOVOTは愛のあるロボットに設計されています。

価格は2体セットが税別59万8000円。

予約受付は本日(12月18日)19時より開始し、出荷は2019年秋冬を予定します。

なお予約には予約金として2万円が必要ですが、キャンセル時には全額返金されるとのこと。

また、そのまま購入に至った場合、予約金を割り引いた価格で販売します。

これにはネットからも「高いけど欲しい…」との声も。

 

 

 

 

スポンサーリンク

LOVOT お披露目報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ロボットベンチャーのGROOVE Xが、新しい家庭用ロボット「LOVOT」(らぼっと)を発表した。 特筆すべきは、先端テクノロジーが「人があたたかさを感じる、人が幸せな気持ちになれること」に注がれている点。LOVOTは、愛のあるロボットに設計されている。

「人間の新たなパートナーになれるロボット」をコンセプトに開発を進めてきたのは、Pepperの開発リーダーだった林要氏。資金調達に80億円をかけたロボットのお披露目とあって、多くのマスコミが注目する発表会となった。
LOVOTは、本日(12月18日)19:00からWEB予約受付を開始する。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

LOVE+ROBOTを組み合わせた造語で名付けられた「LOVOT」という名前に込められたのは、人の「愛するちからを育むことができる次世代ロボットを開発したい」という開発者たちの思いだそうです。

抱っこをすると手をあげて喜び、お腹を撫でてあげると目を閉じて眠ってしまい、LOVOTは持つとほのかに温かく子供を抱きかかえているような気分になれるそうです。

LOVOTの開発責任者である林要さんは、「テクノロジーで人は本当に幸せになっているのか、テクノロジーの進化が人を幸せに本当にしているのか。AIが人の仕事を奪うといわれる時代、必ずしもロボットが仕事をしてくれるというのが幸せではないということ。」と話されています。

そばにいるだけでまた明日も頑張ろうという気持ちになれる存在がロボットに求められているのですね。

4次元ポケットのないドラえもんような存在があれば新時代の革命になりそうです。

 

 

 

 

スポンサーリンク

LOVOT お披露目にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

LOVOTかわええな

●ペッパー産みの親、新ロボット発表 アシモとかペッパー的なロボット感がかなり軽減して、より生き物っぽい動きに。ハイテクノロジーが詰まっているらしい。

●1体34万円。ライバルは犬・猫かな。ペットをテクノロジーで代替できる時代。すごい

●GROOVE XのLOVOT、好き嫌いは分かれるところだと思うけれど、ソフトスキンで内部構造を予測させない生命感のあるモーションが素晴らしいなあ。

あと(多分だけど)インタフェース部分をちょんまげに集約させたデザインのアイデアも秀逸だと思う。

●GrooveX Lovotの費用、Aiboを意識した価格だな。 

●カワイイけど、値段が‥‥値段が‥‥‥。

嫁になんて説明したら許可が降りるのか分からない…。

●『「興味」と「不安」「興奮」の軸で人を評価し、デレデレなのか、ツンツンな反応なのか決まる』ロボットなんだって

●すごいなこれ!!!!

 

 

 

 

スポンサーリンク

おわりに

いかがでしたでしょうか。

人に甘えるロボットの登場には驚きました。

今後も楽しみですね。

ロボットと人の新しい関係を築いてみては?

コメントをどうぞ