大谷亮平 掛け持ちの真相がヤバい!兼任俳優が増加?

ニュース・事件
大谷亮平 掛け持ちが注目されていますね。

何を掛け持ちしているのか、気になります。

人気俳優さんの今後の展開にも迫っていきましょう。

早速調べていきます。

スポンサーリンク

大谷亮平 掛け持ちの真相がヤバい!兼任俳優が増加?

今回、人気俳優の大谷さんがドラマの掛け持ちをするということで、話題となっています。

昔では少なかった掛け持ちも、今は増えてきているそうです。

大谷さんの画像はこちら。

出演するドラマによって、視聴者の幅も違いますのでこれは嬉しいことですね。

ただ、多忙による体調面が心配です。

 

大谷亮平 掛け持ち報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

2018年10月期のドラマを見わたすと、松井玲奈、大谷亮平、要潤などの俳優たちが、NHK連続テレビ小説『まんぷく』に出演しつつ、さらに民放の連続ドラマにも出演しており、ここ最近は“掛け持ち出演”のケースが目立っているようだ。前作『半分、青い。』では、佐藤健が同時期にドラマ『義母と娘のブルース』(TBS系)に出演し、異なるキャラクターを演じきって話題となった。主演ではなくても、朝ドラ出演をきっかけに民放の連ドラやCMでブレイクするというパターンも増えている。同クールで朝ドラと民放ドラマを“掛け持ち”する俳優側のメリットとは?

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

“朝ドラ出身”が役者としての看板に 脇役であっても記憶に残る演技が評価されています。

すでに民放で実績のある俳優たちが、NHKの朝の連ドラに出演することで知名度を上げつつ、役者としてもワンランクアップするという流れは定番化しているようです。

最近の朝ドラでは主演女優も、かつての“オーディションで選出されたほぼ未知数の新人女優”ということもなく、ある程度、実績のある若手女優が起用され、国民的女優になるというパターンが増えています。

今後も朝ドラと民放の連ドラを両立させることで、俳優は役の振り幅と知名度を高め、朝ドラと民放連ドラが互いに好影響を与え合うという、“ウイン×ウイン×ウイン”の構図を繰り広げていくことになるのではないでしょうか。

世間からも、好きな俳優さんがたくさん見れて嬉しいという声が増えています。

これからも増えていきそうですね。

大谷亮平 掛け持ちにネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

朝ドラの凄さは、脇役俳優の知名度まで抜群に上げること。

何故かと言うと、毎日放送されるからで、自然と親近感を覚えてくる。

民放や映画だとそうはいかない。 

朝ドラ出演すれば無類のドラマファン以外に名が知られるメリットは
ありますね、作品によって良し悪しですが…
「半分、青い」批判多しでしたが、演者にとってはいい思い出もある
素敵な現場だったのかも

 

一昔前までは無かったけど最近多いなと思っていた。

好きな俳優さんや女優さんを観る機会が多くなるので良い事だと思うし、ドラマによって役柄が違うのも面白い。 

NHKの朝ドラは日本全国に流れている番組放送だから、出演すれば知名度の上がるりつは、民放ではかなわないでしょう、要はNHKで知名度の上がった、俳優や女優を民放が上手に利用して、視聴率稼いでいるのでは。

俳優も両方から出演料貰えるから一石二鳥で悪くはないし、双方が良好なら良いのでは。 

大谷亮平の「結婚相手は抽選で」要潤の「僕らは奇跡でできている」は
どちらも心の機微を誠実に描いた良作だったな〜

朝ドラ俳優は、主演でない限り結構他のドラマにも出演しているよね。

朝ドラ以外のイメージを、持って欲しいという狙いがあるかも。 

要潤は言わずとしれた実力派俳優で笑いの要素ももっている。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

兼任俳優はかっこいいですね。

視聴者のばらつきもありそうですので今後に期待です。

 

コメントをどうぞ