下町ロケット 異例放送の真相がヤバい!視聴率30%?

ニュース・事件

下町ロケット 異例放送が注目されていますね。

現在9話まできましたが、今後何が異例放送なのか、気になります。

早速調べてみましょう。

スポンサーリンク

下町ロケット 異例放送の真相がヤバい!視聴率30%?

TBS看板枠「日曜劇場」で放送中の連続ドラマ「下町ロケット」(日曜・後9時)が1月2日に最終回スペシャルを放送することが11日、分かりました。

連ドラが年を越して放送されるのは極めて異例のことです。

10話の予告はこちら。

これはファン待望のニュースです。

お正月の楽しみが増えたのではないでしょうか。

 

下町ロケット 異例放送報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

同局関係者によると、「新春ドラマ特別編『下町ロケット』」として、午後9時から2時間15分の拡大版で放送される。「日曜劇場」枠での放送は23日で終了するが、物語は続き、2日放送分が真の最終回になるという。通常の10月期の連ドラは、12月中に最終回を迎えるため、本作も23日放送分の第11話が最終話になるとみられていた。
今年10月期の各局の連ドラの中でも高い人気を誇る本作は、正月番組の“目玉”として年を越して最終回を放送することが検討されていた。9日に第9話が放送され、物語は佳境を迎えているが、ドラマの撮影は今月下旬まで行われる。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

「下町ロケット」は、13年の大ヒットドラマ「半沢直樹」の制作チームが、人気作家・池井戸潤氏の直木賞受賞作を映像化しました。

主演の阿部寛さん演じる、宇宙科学開発機構の研究員だった佃航平が死んだ父の経営していた町工場「佃製作所」の社長となり、社員たちと奮闘し数々の難局を突破する姿を描く物語です。

今季人気のドラマだけあって今後の展開も期待されますね。 

下町ロケット 異例放送にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

めっちゃ楽しみ
凄く内容が良いし、所々で感動もする…
実際はもっともっと苦労していると思うし、泥臭く地道にやっているのが伝わる。
佃製作所みたいな社長の下や会社で働いてみたい
 

落語心中も見ていて、そういえば殿も落語家さんだったと思い文七元結を拝見しました。

面白いし素晴らしいし落語って楽しいんだとはじめて理解できました。

いつか生で聞いてみたいな。 

楽しみが正月にあるのは嬉しいけど。

あと2回でスッキリするものと思っていますので、そこはきっちり期待に応えて欲しい!正月は番外編で結末その後という事で頼みます! 

日本のドラマは期間が短すぎる。
せめて半年24話ぐらいにしないと原作の面白さを削ってもったいない。
何故長期で本当に面白いのを作ろうとしないのだろう?
日本のテレビの衰退の原因の一つだと思う。
 

すごい力入れてるなぁ!
10話で終わるのかと思ったら、なんと12話構成とは……!!
思ったよりクライマックスの展開はしっかり丁寧に描いてくれそう。
今から楽しみだ。
 

Miyuki Tsubaki(@yukiyuhi)さん | Twitter
Miyuki Tsubaki (@yukiyuhi)さんの最新ツイート 本読み、歴史好き、 料理、食材、文化的考察。 Singer-Song Writer / Vocalist,Guitarist / Music Composer,Arranger / Jewelry designer / love reading,...

この番組は、近々入りたての社会人にはわからない。

だから、極端な視聴率アップはない。でも固定視聴率はあるはず。

TBSの日曜日、夜9時半沢直樹から始まり池井戸作品をいろいろとドラマ化してますが、どれも甲乙つけがたいほどいい作品ですね。

半沢直樹もどうにか復活させて欲しい。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

シリーズ第1弾の最終回平均視聴率は同年の民放連ドラで最高となる22・3%を記録しています。

今回も平均視聴率2ケタをキープし好調なので、視聴率30%も夢ではないかもしれませんね。

どんな結末を迎えるのか。注目です。

コメントをどうぞ

  1. 匿名 より:

    何がヤバいのでしょう?