致道博物館 神対応に感涙…その真相は?

ニュース・事件

山形県鶴岡市の致道博物館公式Twitterアカウントが投稿した、

30年前のぬいぐるみの落とし物をいたわる投稿が温かい気持ちにさせてくれると話題になっています。

 

スポンサーリンク

致道博物館 神対応!真相や画像は?

30年前、博物館の駐車場に落ちていたというドナルド・ダックのぬいぐるみ。

致道博物館公式Twitterアカウントは

「去年30年ぶりに服を編んであげてすっかりドナルドダックらしくなりましたよ」と、

新しい洋服を着せてあげた写真や、お風呂に入れてあげた様子を投稿しています。

手縫いの新しい洋服を着て、ドナルドもなんだかうれしそうですね。

30年前の落し物のドナルド・ダックのぬいぐるみを今でも大切に預かって、

持ち主を一緒に待っている致道博物館のスタッフさん。

スタッフさんの優しい対応に思わず胸が温かくなりますね。

 

 

 

 

致道博物館 神対応の報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

ドナルドのぬいぐるみは普段は事務所で預かっているとのこと。ぬいぐるみという性質上「持ち主からすぐに連絡がもらえるのでは?」という期待から、通常よりも長く保管してしまったといいます。

 投稿を見た人からは「幸せそうなお顔してる ドナルドくん、良かったね」「あったかい気持ちになりました」「これで持ち主見つかったら映画化決定」と、大切に保管を続けてきた粋なはからいに心動かされたという声が多数寄せられています。

 ツイートは1万回近くリツイートされており、このことがきっかけで持ち主が現れる可能性について博物館側は「当時の職員が何人かいますので、持ち主が現れた場合は当時の状況を説明していただき、内容が合致すればお渡しできます」と話していました。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

致道博物館のスタッフさんの神対応にSNSでは、スタッフさんの対応に感動している方や

たくさんのドナルド・ダックのぬいぐるみを想う気持ちが寄せられています。

寒くなってきた時期にぴったりの温かいお話ですね。

 

 

 

 

致道博物館 神対応にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●ここに居た方が幸せなのかも

 

●自分の子にはぬいぐるみを大事にする子に育って欲しい

 

●なんて優しい…うちも息子が可愛がっていたぬいぐるみをテーマパークで無くして、すぐに届けたのに結局見つからなかったことがありました。
持ち主が名乗り出てくるといいですね。

 

●本当に嬉しそう。

いい話だなー…。

年取ると、涙腺弱くなるのか、何か泣きそうだ。

落とした人がこの記事見てるといいな。

 

●昔おばあちゃんにもらったぬいぐるみを子供に引継ぎ、落とされてしまったことがあります。
血眼で探し、やれることの全てをしましたが、出てきませんでした。
あの子も、こうやって幸せに過ごしていて欲しい。

 

●家の近所のスーパーのサービスカウンターにも
犬のぬいぐるみがいます。
最初はただ置いてあるだけでしたが
次第に犬小屋やご飯が増えて
他の落とし物達と並んで座ってます。
もう何年も経っているので落とし主は
現れないと思いますが、いつまでも
可愛がられて欲しいと思っています。
もう立派な看板犬です(笑)

 

●30年前だと今頃40歳近い人かな?持ち主がこの記事見たらまさかと思うだろうなぁ

 

 

 

 

おわりに

山形県鶴岡市の致道博物館の優しいスタッフさんと一緒に

持ち主を待っているドナルド・ダックのぬいぐるみ。

落し物として預かられることは彼の本意では無かったでしょうが、

こんなにも手厚く預かってもらって、とても幸せそうですね。

持ち主の方が現れてお家に帰れるといいですね。

コメントをどうぞ