エリクソンCEO 謝罪の真相がヤバい!通信障害の原因は?

ニュース・事件

エリクソンCEO 謝罪が注目されていますね。

昨日起きたソフトバンクの大規模通信障害ですが、一体何が原因だったのでしょうか。

そして、何故エリクソンCEOが謝罪したのか…。

早速調べていきましょう。

スポンサーリンク

エリクソンCEO 謝罪の真相がヤバい!通信障害の原因は?

昨日起きたソフトバンクの大規模通信障害が話題となりました。

それに伴い、スウェーデン通信機器大手エリクソンは6日、日本のソフトバンクで起きた大規模な通信障害の原因が、自社のソフトウエアにあると発表しました。

同様の障害は英国など世界の複数の国でも発生していたようです。

エクホルム最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれの顧客の通信会社だけでなく、通信会社の利用者にもおわびする」と述べています。

これに対し、「ふざけるな!」という声が相次いでいます。

ソフトバンクの対応の遅さにも、苦情が寄せられている現状です。

スマホが便利でそれに依存してるのを前提とし、ユーザー側も最悪の事態を想定しておかないといけないかもしれません。

災害時に備え、テレホンカードを常に携帯しておくとか、ガラケーでいいから他のキャリアの携帯を持つ対策もあります。

エリクソンCEO 謝罪報道の詳細

今回の報道の詳細はこちらです。

【ウィーン時事】スウェーデン通信機器大手エリクソンは6日、日本のソフトバンクで起きた大規模な通信障害の原因が、自社のソフトウエアにあると発表した。

同様の障害は英国など世界の複数の国でも発生。エクホルム最高経営責任者(CEO)は声明で「われわれの顧客の通信会社だけでなく、通信会社の利用者にもおわびする」と述べた。

エリクソンによると、原因は通信会社が導入していた二つのソフトウエアの認証期限切れとみられるという。さらに詳しい原因を調べているが、問題のあったソフトウエアを特定し、既に対応を進めている。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

エクホルム氏は「顧客の影響の最小化と通信サービスの早期復旧に全力を挙げる」と強調しています。

ただ、ソフトバンクは19日に株式の上場を控えており、今回の障害の影響が懸念されています。

ソフトバンクとしてはタイミングが悪かったですね。

また、原因も「証明書の有効期限切れが今回の同時多発的な障害につながった」とのことで、凡ミスではないかという厳しい意見が多いです。

docomo・au他ユーザーも他人事ではない今回の騒動。

今後の展開が気になります。

 

エリクソンCEO 謝罪にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

証明書の有効期限切れが今回の同時多発的な障害につながったとのこと。
エリクソン、ふざけるなという凡ミス。
通信の暗号化する際に証明書を発行し、証明書をもとに復号化を行うが、同じ証明書を使い続けるのはセキュリティ上よくないから期限を設け、その期限が過ぎる前に更新していく仕組みとなってる。

こういう事があるから、結局は現金だなーってなる。
そもそも、中国などでスマホ決済がほとんどなのは、中国が進んでいるからなどでは決してありません。

こんなことを言ってもなんだと言われそうですが、スマホが便利でそれに依存してるのを前提として、ユーザー側も最悪の事態を想定しておかないといけないということですね。

スマホ依存を痛感しました。
通話もできないなんて、本当に驚きました。
別プロバイダのパソコンが使えたから良かったけど、安くまとめるために全てを一社にまとめるリスクを感じました。

paypayやLINEpayが普及していなくて良かった。
スマホ決済は危険であることが露見したね。

●消費増税の還元の方法を見直すべきです。 

今ひとつ腑に落ちない事が。
Softbankはどうして会見等、無いのだろうか?
Yahooもトップに載せるのが遅かった。

何故世界同時でアップデートする必要があるのか?当然こういうリスクは想定できるはずだ。

リスクマネジメントがなっていない。

謝罪だけで済む問題ではない。 

おわりに

今回、ソフトバンクの通信障害復旧にかなりの時間がかかりました。

その間に起きた損失は計り知れません。

現在、スマホがあれば何でもできる社会ですが依存のし過ぎも良くないですね。

ソフトバンクの今後の対応が気になるところです。

コメントをどうぞ