高橋学 顔画像や動機は?男子児童の頭を壁に打ちつけた学習塾校長を逮捕

ニュース・事件

神戸市の塾講師が、忘れ物をした児童の頭を壁に打ち付けてけがをさせた疑いで逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、神戸市垂水区にある学習塾の校長、高橋学容疑者(43歳)です。

高橋容疑者は先月担当する算数の授業が終わった後、テキストを忘れた小学5年の男子児童(10歳)の首根っこを掴み、頭を壁に打ち付けた疑いがもたれています。

児童に大きなけがはありませんでしたが、額を強く打ち硬膜下血腫の疑いがあるということです。

スポンサーリンク

高橋学 顔画像や動機は?男子児童の頭を壁に打ちつけた学習塾校長を逮捕

報道されている情報から、簡単に高橋学容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:高橋学
  • 年齢:43歳
  • 住所:不明
  • 職業:学習塾の校長

高橋学容疑者の画像はこちらです。

  出典:https://headlines.yahoo.co.jp

高橋学容疑者は「反省の態度がなく腹がたった」「忘れ物が多いのを軽く受けとめていると思い腹が立っておでこを7・8回打ち付けた。暴力は明らかに行き過ぎた行為だった」と供述しています。

腹が立ってしまい、冷静な判断をすることができなかったのでしょう。複数回壁に男子児童の頭を壁に打ち付けるなど、指導から大きく逸脱しています。

男子児童の忘れ物が多いことや反省の態度がなかったことは悪いことかもしれませんし、苛立ってしまうこともあるでしょうが、学習塾の校長でありながら生徒である子どもに暴力を加えるなど、1人の教育者としては如何なものかと思います。

高橋学 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

神戸市の塾講師が、忘れ物をした児童の頭を壁に打ち付けてけがをさせた疑いで逮捕されました。

傷害の疑いで逮捕されたのは、神戸市垂水区にある学習塾の校長、高橋学容疑者(43)です。

高橋容疑者は先月担当する算数の授業が終わった後、テキストを忘れた小学5年の男子児童(10)の首根っこを掴み、頭を壁に打ち付けた疑いがもたれています。


児童に大きなけがはありませんでしたが、額を強く打ち硬膜下血腫の疑いがあるということです。


今月8日、児童の母親が被害届を提出し、翌日に警察が高橋容疑者に任意で事情を聞いたところ、犯行を認めたということです。


高橋容疑者は「忘れ物が多いのを軽く受けとめていると思い腹が立っておでこを7・8回打ち付けた。暴力は明らかに行き過ぎた行為だった」と供述しています。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

高橋学 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

神戸市垂水区にある学習塾です。

高橋学 逮捕の事件について

学習塾の校長でありながら、男子児童の頭を壁に打ち付けた高橋学容疑者。男子児童は額を強く打ち硬膜下血腫のケガを負いました。

高橋学容疑者は男子児童の忘れ物の多さや反省の見られない態度に腹が立ち、暴力を振るったそうですが、他に男子児童にしっかりと指導する、忘れ物を減らせれるようにメモを取らせたり、ご両親に一言話しておくなどのことはできなかったのでしょうか。高橋学容疑者には指導者としてあるまじき行動をしてしまったということをしっかり反省してほしいものです。

被害に遭われた男子児童やご両親は酷く心を痛められたことでしょう。男子児童、ご両親、そして同じ学習塾に通っている児童たちが安心して勉強に集中できるようにケアをしてあげてほしいと思います。

高橋学 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●先生に叩かれるのが当たり前だった世代で、首根っこ掴まれもよくしました。でも壁に打ち付けられるのはされたことも見たこともありません。明らかに躾を逸脱した行為でしたね。

●やりすぎ、宿題を忘れたことは良くないがけどやりすぎでしょ。
その子のことを思ってやったとはならない。
こんな大怪我させて後遺症が残ったら勉強さえ出来なくなってしまう。子供に勉強を嫌いにならないよう教えていくのが先生でしょ。
これでは本末転倒。後遺症が残らないことを願うのと心のケアを願います。

●忘れ物が多いのを軽く受けとめていると思い

分からなくもない感情だが、指導者としては学習障害等を考慮しメモを取らせたり忘れ物を減らす手段を先に講ずるべきだな
故意に忘れる、持参すべき事を軽視し忘れる、障害のせいで忘れるのはそれぞれ全く別だろ

親からも甘やかされ学校の先生は体罰とか反撃を食らう事を回避し厳しく躾ないんだから、塾だけ厳しくても確実に結果につながるとは断定出来ない

ま、しかしながら塾の最大存在意義は成績を上げる事であり長期記憶に刻み込ませる事で、場合により厳しさが必要となる場面や生徒の気質もあろうが、傷害を与える暴力は正当化とはなるまい

●現役の学習塾教室長です。
「ありえない!」の一言です。
暴力を振るわないと指示に従ってもらえないという考えを持っている時点で、この人は子供を扱う全ての職業には就かない方がいいと思います。
今まで色々な生徒と接してきました。発達障害を抱えた子、親と喧嘩して家出騒動を起こした子、警察に逮捕された子など。それぞれ手のかかる生徒でしたが、みんなそれなりに理由を抱えています。まずはその理由を知り、その理由に応じた指導や接し方をする。それが塾の先生としてのあるべき姿です。
今回怪我をした生徒さんも忘れ物をする理由が何かしらあると思いますし、塾の雰囲気や授業に満足出来ていないのではないかと思います。そこに気付かずに生徒に暴力を振るうなんて論外です。

●その子の事を思ってではなく、単に逆上しただけだしょう。自分をコントロール出来ない大人はダメだよ。

●硬膜下血腫疑いは大怪我でしょう。暴力を奮っても、それは自分の怒りを発散させているだけで、子どもに伝えるべき『宿題の大切さや忘れ物をしないこと』は伝わりません。

●”愛のムチ”でないのは確かだね。
塾生を1人でも有名私立中学に進学させなきゃならない校長としてのあせりだったなのかね!?

●例え自分たちの世代が教師の体罰が許されたとしても時は流れ今はそうではない。体罰を受けた自分はどう思ったのか…教師ならやられて嫌な事をしない のが当たり前。そもそも子供が勉強に無関心なのかもしれないなら無理にさせるのは親のエゴ。

 

コメントをどうぞ