たまごっち 開発秘話の真相は?『電子ペットに死の設定』

ニュース・事件

たまごっち 開発秘話が注目されていますね。

情報番組「サタデープラス」にて、1996年に社会現象となった「たまごっち」の開発秘話について放送されていました。

 

スポンサーリンク

たまごっち 開発秘話の真相は?『電子ペットに死の設定』

今回の報道の詳細としては、

1996年当時の『たまごっち』の爆発的人気は相当なもので、仕事や通学中も目が離せなくなる人が多かったそう。

プリクラが大ブームとなっていたことから、「女子高生にウケれば売れる」という風潮があり、ペット育成ゲームに乗り出したそう。

今では当たり前のようにありますよね。

報道の中には以下のような文章があります。

そして、たまごっちは他のペットゲームにはない数々の設定・機能を取り入れた。エサやトイレの世話、さらには“一時停止ボタン”の排除……「手間がかかるほど愛着が湧く」という信念のもと、あえて面倒なゲームを目指した開発者たち。最後にたどりついたのが、社内でも大きな反対の声があがった“ある設定”だった--。

<サタデープラス>“たまごっちブーム”を生んだタブ-への挑戦(毎日新聞) - Yahoo!ニュース
関ジャニ∞丸山隆平がメインMCを務める土曜朝の情報番組「サタデープラス」(MBS/TBS系 - Yahoo!ニュース(毎日新聞)

ある設定が気になりますが、これは育てた『たまごっち』が亡くなってしまうという設定でしたね。

放置してしまうと病気になって亡くなっちゃうという設定は、子供心ながらかなり悲しい経験だったことを覚えています。

その分、愛着があるので、大事に育てようとした覚えがありますね。

この設定が反響を呼んだのでしょうね。

 

 

 

たまごっち メンテナンスで批判殺到?

最近のたまごっちはLINEのアプリで復活しているようですね。

『LINEで発見!たまごっち』として復活しています。

 

しかしながら、現在のところメンテナンスが行われているとのことで、Twitter上では苦情の声が上がっている様子。

その期間は【11/2~11/30】

1か月近い期間のメンテナンスとのことで、驚きますよね。

確かにこれは苦情が来てもおかしくないのかも、、、

 

 

 

 

たまごっち 開発秘話にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●懐かしい、この間掃除した時天使っち出てきた、電池替えてやってみるかな。

 

●たまごっちはパニック障害を克服するKing&Princeの岩橋玄樹のためにある

 

 

●懐かしい。
当時小学生だったけど、バンバンとハローマックに通い詰めてた。
でも学校終わってから行ったら絶対ないし、入荷未定が続いていた。
そんなとき、うちの親父がパチンコ屋でこの画像と同じ色をゲットしてきてくれた。
学校にみんな持って行ってて、音消し忘れて先生に取り上げられたり。
ギャオッピやデジモンもみんなやってたな

 

この写真と全く同じカラーの持ってた!
ぜんぜんプレイしなかったけど…
へびっち?とおやじっちしか記憶がないw

 

コメントをどうぞ

  1. 匿名 希望 より:

    その昔、ソニーのアイボがはやっていたとき、オプションで本物そっくりのうんちをする機能と老化して死ぬ機能を付けてやればいいのにと思っていたが、たまごっちには付けてあったんですね。

  2. 匿名 より:

    たまごっち凍結計画(笑)