庄展彦 顔画像や動機は?北九州市の職員を飲酒運転の疑いで逮捕

ニュース・事件

酒気帯び運転で事故を起こし、その事実を隠そうとした疑いで、北九州市教育委員会の職員の男と、交際相手の女が逮捕されました。

酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、北九州市立図書館業務担当課長の庄展彦容疑者(59歳)。そして犯人隠蔽の疑いで逮捕されたのは、浦本千鶴(49歳)です。

庄容疑者は先月14日午後7時半すぎ、福岡市早良区室見で酒を飲んだ状態で、コインパーキングに車を駐車しようとしたところ、向かいに止まっていた軽乗用車などに衝突した疑いがもたれています。

スポンサーリンク

庄展彦 顔画像や動機は?北九州市の職員を飲酒運転の疑いで逮捕

報道されている情報から、簡単に庄展彦容疑者のプロフィールをまとめていきます。

  • 名前:庄展彦
  • 年齢:59歳
  • 住所:北九州市八幡西区千代ケ崎
  • 職業:北九州市立図書館業務担当課長

庄展彦容疑者の画像は現在公開されていません。

  出典:https://headlines.yahoo.co.jp

事故後、庄展彦容疑者は警察の呼気検査を拒否し、同乗していた交際相手の浦本千鶴容疑者が「自分が運転した」と名乗り出たということです。

しかし、庄展彦容疑者の血液から基準値を超えるアルコールが検出されたほか防犯カメラの捜査で庄展彦容疑者が浦本千鶴容疑者に身代わりを依頼していた疑いが強まり、2人を逮捕しました。

庄展彦容疑者は「レモンチューハイを1杯飲んだが運転はしていない」と容疑を否認。浦本千鶴容疑者も容疑を否認しているそうです。

さらに北九州市教委によると庄展彦容疑者は市内の小学校で校長を務めていた2015年、女性教諭に対するセクハラで停職6か月の処分を受けていたということで、庄展彦容疑者のこと、庄展彦容疑者の立場のことを考え同乗していた浦本千鶴容疑者に身代わりを頼み、浦本千鶴容疑者もそれを承諾したと考えられます。

庄展彦 逮捕の事件の詳細は?

事件の詳細はこちらです。

酒気帯び運転で事故を起こし、その事実を隠そうとした疑いで、北九州市教育委員会の職員の男と、交際相手の女が逮捕されました。

酒気帯び運転などの疑いで逮捕されたのは、北九州市立図書館業務担当課長の庄展彦容疑者(59)です。

庄容疑者は先月14日午後7時半すぎ、福岡市早良区室見で酒を飲んだ状態で、コインパーキングに車を駐車しようとしたところ、向かいに止まっていた軽乗用車などに衝突した疑いがもたれています。

警察官が呼気を調べようとしたところ、庄容疑者は検査を拒否しました。

しかし、その後の血液検査や周辺の防犯カメラなどの捜査から7日朝、警察は庄容疑者を逮捕しました。

また庄容疑者と一緒にいて、自分が運転していたと、虚偽の証言していた交際相手の女も、犯人隠避の疑いで逮捕されています。

2人は容疑を否認しているということです。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp

庄展彦 事件が発生した現場や場所は?

今回の事件が発生した現場はこちらのようです。

福岡市早良区室見のコインパーキングです。

 

庄展彦 逮捕の事件について

酒気帯び運転で事故を起こし、その事実を隠そうとした庄展彦容疑者とその交際相手の浦本千鶴容疑者。庄展彦容疑者は今回の事件だけでなく、市内の小学校で校長を務めていた際にセクハラで停職6か月の処分を受けており、庄展彦容疑者の罪の意識の在り方には疑問に思います。

今回、幸いにも人がケガを負うなどの被害はなく、向かいに止まっていた軽乗用車などに衝突した被害でしたが、もし人通りの多い場所での酒気帯び運転だったらと考えるとゾッとします。交際相手である庄展彦容疑者の身代わりに浦本千鶴容疑者はなりましたが、2人にとって愛とはどのようなものだったのでしょうか。庄展彦容疑者とその交際相手の浦本千鶴容疑者には、酒気帯び運転とその事実を隠そうとした犯人隠蔽の罪をしっかりと理解して悔い、反省してほしいですね。

庄展彦 逮捕にネットの反応は?

以下はネットの反応です。

●男を見る目がないね
こんな男をかばってどうするの?

●こんなヤツでも公務員、公僕です。
懲戒免職くらいじゃあすまないな。

●飲んでないのなら飲酒検知に応じればいいだけの話。応じない時点で黒だ。

●流石は日本最大の飲酒運転都市福岡。県民あげての飲酒活動ご苦労様です。いい加減全国に恥を晒すのやめたら?

●うちの子(中学生)でも飲酒運転は絶対にダメだと分かってるのに、人間失格な大人達たちばかり…。本当に情けない。福岡県民として大恥。

●こんなんだから図書館に飛ばされてるんじゃないかな

●あの大事故の遺族の方々がいつまでたっても浮かばれん…

●ヤクザの手口と同じばい、

 

コメントをどうぞ