まんぷく 異質ヒロイン!末っ子像にあるあると共感のワケ

ニュース・事件

NHKの朝ドラ『まんぷく』は、初回から視聴率が23.8%を超えるなど、注目を集めています。またその後も好調な視聴率を維持しています。まんぷくでは、末っ子が異質ヒロインとして珍しいと話題を呼んでいます。

スポンサーリンク

まんぷく 異質ヒロイン!末っ子像にあるあると共感のワケ

2018年10月1日からNHKで放送されている連続テレビ小説の『まんぷく』。

朝ドラでは珍しい、末っ子ヒロインが話題を呼んでいます。

末っ子といえば、「わがまま」や「要領が良くてちゃっかりもの」などのイメージがありますね。反対に第一子はしっかりしているとのイメージがあり、これまで多くの主人公として描かれてきました。

まんぷくでは、この末っ子である三女の福子だけが姉たちに比べて少し頼りないキャラクターとして登場しています。

しかし、頑張り屋で親に認めてもらおうと努力していたりと、その姿がリアルな末っ子像として描かれており、共感を呼んでいるようです。

主演の安藤サクラさんの演技力も素晴らしいと評判を呼んでおり、今後の展開も楽しみですね。

 

まんぷく 異質ヒロインの報道詳細

NHK連続テレビ小説第99作目『まんぷく』は、初回視聴率23.8%を記録し、その後も好調に推移。連日、関連ワードがSNSでトレンド入りするなど、盛り上がりを見せている。

共感を得ているひとつの理由に、朝ドラでは非常に稀有な「末っ子ヒロイン」という特徴がある。さらに末っ子について一般的に言われがちな「要領がいい」「わがまま」といったステレオタイプなイメージではなく、“リアルな末っ子像”。その末っ子のリアリティが視聴者に受け入れられている部分もあるだろう。

そして、母も長女も次女も美人でしっかり者として描かれ、三女の福子だけが「ぼーっとしていて頼りない」「器量がよくない」。従来の朝ドラヒロイン像とは大きく異なるキャラクターを提示している。

リアルな末っ子と家族の関係性に、共感の声が挙がっているのだ。例えば、母が仮病を使ってまで長女の結婚を邪魔する理由は何より「福子と二人になるのが不安」だから。これこそ“末っ子×母親あるある”で、一家の中では何歳になっても、末っ子は「頼りなくてぼーっとしている、みそっかす」だ。その分、「頼りないと思われてたっぷり愛情を受けて育ち、優しかったり、親を大切にしていたり、案外図太かったり」もする。ただ、親にとっていつまでもみそっかすでも、外ではちゃんと仕事を頑張っていて、それを親に認めてもらおうとする一面が丁寧に描かれることで、報われた気持ちを抱く末っ子視聴者も多いのではないだろうか。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp/

 

現在放送中のNHKの朝ドラ『まんぷく』は、インスタント麺でおなじみの日清食品の創業者とその妻の半生をモデルにした連続テレビ小説です。

フィクションではあるものの、朝ドラでは珍しい末っ子が異質ヒロインだとして話題を呼んでいます。

ヒロインの安藤サクラさんは、2017年6月に長女を出産されており、NHKの朝ドラ初のママさんヒロインとしても奮闘されています。

NHKは安藤サクラさんのために、育児のサポート体制を整えられたみたいですよ。

安藤サクラさん演じる福子のリアルな末っ子像も共感を呼んでおり、NHKの人気ドラマの一つとなりそうですね。今後の展開も楽しみですね。

 

まんぷく 異質ヒロインのネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●いろいろ書いてあるけど、とにかく福ちゃんが可愛くて一生懸命で元気をもらえます

●安藤サクラさんの演技力の凄さに感服!今まで、実年齢より上の冷めた感じの役がハマっていると思っていたが、可愛らしい福ちゃんに成り切って、自分より年下に見えて、自然でビックリした!若くて、一般人より綺麗で何となく事務所の力でヒロインに抜擢された昨今の若手より、ずっといい。

●あくまで福ちゃんの萬平さんを信じたい、助けたいという思いはブレてないんだよね。どんなに主張しても母親が曲がらないのは、末っ子として見えているからなのかな。
しかしまあ、鈴さんが松坂慶子で良かった。今のところ福ちゃんに立ちはだかる最初の壁みたいな存在だけど、この人だから「母親」という地に足ついた感じが表現できてると思うし、心配する気持ちも理解できる。泉◯ン子とかだったら、もっとイライラしただろうw
今のところ、まだ楽しく観れます。失速しないでくれ…!

●安藤サクラさんが演技が上手くてとても可愛らしい福ちゃんです。
ネットでブスだと言う人もいるようですが、美人役ではないのはセリフでもわかります。
ただ行動や所作を合わせてとてもかわいく見えます。頑張ってと応援したくなりますね。

●ちようどいい可愛いさがあっていいなあ

●安藤サクラさんは適度に知名度が有り、実力評価は既に定着した女優さん。
(奥田英二夫妻の娘である事は有名だが、親の七光りでは無い)
彼女をヒロインに選定した理由は色々あるだろうが、脚本重視だからでは無いか。
有名な安藤百福氏(の妻)をモデルにする以上、結末は誰でも予想が付く。
単なる成功物語にしない為には、苦難や困難がある波乱万丈ストーリーが必要、それを演じられる能力が必須。
(家族や伴侶役:主要役も同様。見た目や話題性では無く、演技力重視と思える)
その目論見は成功、始まったばかりだが既に高い評価と人気を得ている。
朝ドラ名作の一つとなると思いますね。

●「おひさま」「てっぱん」「べっぴんさん」も末っ子ヒロインじゃないか?それほど異質ではない気もするけれど、福ちゃんが素晴らしいヒロインであることには同意します。
前作が「異質の朝ドラ」として注目されたので、それに対抗する切り口にしたのかも知れないが、「まんぷく」はそんな小手先で勝負しなくても面白いドラマですよ!

●詳細な分析ですね。長文でしたが。
美人ではない・・ですか。
安藤サクラさんの演技力が、
脚本に合って相乗効果なんでしょう。
モデルの方の記事や伝記が残っていないので、自由に創作できるのでしょう。
百福さんの出来事に絡めて、どんな展開になっていくか楽しみです。
今までにない朝ドラ、期待しています。

●福ちゃんは確かに「美人」ではないかもですがすごくチャーミング!!!可愛い!!!笑顔が可愛いのは人柄も反映してると思います。福ちゃんが素敵な女の子なのが画面からひしひしと伝わってきます。
毎日楽しく見れてます!!!安藤サクラさん、素晴らしい演技をありがとう!!!頑張って~~応援してます!!!

●今まで朝ドラをまともに観た事ありませんが、まんぷくは何故か面白く、録画して観ています。
安藤サクラさんの表現力も素晴らしく、他の俳優さんも役にハマった良い味を出していると思います。
コミカルとリアルが融合した次回が気になるドラマですね。

 

コメントをどうぞ