コウノドリ 緊急無料公開!真相や画像は?首都圏成人男性を中心に風疹流行を受けて

ニュース・事件

首都圏の成人男性を中心に風疹が流行しています。

これを受けて、綾野剛さん主演でドラマ化もされた人気医療漫画「コウノドリ」の風疹エピソードの回が緊急無料公開されました。

ネットでも話題となっているようです。

 

スポンサーリンク

コウノドリ 緊急無料公開!真相や画像は?首都圏成人男性を中心に風疹流行を受けて

漫画アプリ「コミックWEB」が首都圏の成人男性を中心に風疹が流行していることを受けて、「コウノドリ」風疹エピソードを緊急無料公開しました。

内容は妊娠中に母親が風疹にかかってしまい、先天性白内障と心室中隔欠損を患った赤ちゃんが産まれてきたというものです。

風疹が妊婦に与える影響の大きさを知ってほしいとの想いがあったようです。

風疹ワクチン接種で防げるにもかかわらず、あまり広く知られていなかったり自分には関係ないなどと無知や無関心であったりしたことによって、大切な未来の子供たちに影響があると思うと責任は重いですね。

2018年の東京都では40代男性の風疹報告数が多いようです。

過去10年では2013年にも流行していたようですね。

政府や医療機関、ニュースなどより漫画やドラマで知るきっかけを作ってくれたり、わかりやすく説明してくれたりするといい面もあるかもしれません。

ただ、混乱を招かないようにしないといけませんので注意も必要かと思います。

予防ワクチンをしたことで逆に身体への影響が出てしまったということがあってはなりませんから、正しい情報が正しく伝わるように関係者が協力し合って対策をとってもらうことを希望します。

 

 

コウノドリ 緊急無料公開にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

漫画で分かりやすく解説してるからこれは読んだ方がいいですよ!自分だけでなく他人も守るのが予防です。 

漫画でもあったけど、職場で受けさせるのもいいと思います。
注射した方がいいんだよな…と思っても、時間を作れない人も多いと思うので、職場単位で対応すれば補助を出すとか、各自治体にも頑張って欲しい。

うちは私が第2子を妊娠中に夫が、出産後に私も注射しました。
二人とも子供の頃に予防接種してたけど抗体がほとんどなかった。
注射した経験がある人でも、ぜひ検査して注射してほしいです。

 

最近で言うならHPVのワクチンでもそうだけど、打った後に安全性に問題が出る場合考えると、当時の状況で昭和54年~ワクチン接種をためらったのは不可抗力だと思う。
でも、だからこそワクチンの安全性がハッキリしたなら空白期間の人対象に義務化して欲しい。
それこそ健康診断とセットぐらいの勢いで
 

 

自分は今妊娠後期だし大丈夫だとは思うけど、まあまあ大きい地方都市在住だし未だに風疹には怯えて暮らしてる。
風疹のことは勿論知ってたし、妊活前に検査したら基準値は抗体あるから打っても補助金出ないよって言われて安心してた。そしたら妊娠後に検査したら基準値の半分しかないって言われて一年でそんなに変わるのかとびっくりした。
そんなケースもあるけど、やっぱり妊活前に検査した方がやっぱり安心ですよね。
今度は補助金出るよとお医者さんは言ってたし子供産んだらすぐ受けます。麻疹もこんなに流行るなんて思ってなかったし麻疹の予防接種も受けたい。
 

 

40代。去年から新聞やニュースで流行ってるの知ってたし、今年始めに行きつけの病院に相談したら、今は麻疹風疹の両方に効くMRワクチンがあると聞いて、キャンセルできないし高いけどと言われ了承して数ヶ月待ちの予約で射ちました。
受付で相談してた時に待ち合いで座ってる同世代とそのちょっと下ぐらいの2人組達が、予防接種?風疹だって?ばっかじゃないの〜?ってしゃべってるのが聞こえて、こちらは真剣なのになんでいちいち聞こえるように言うのか!とイラッとしてたけど…。結果良かったのかも。
友人達は私が接種したのを聞き秋頃に病院行ったがどこもワクチンが回ってこないのか数件聞いても予約すらできなかったと。
タイミングの差かな?周りが動いてからや流行ってから焦っても遅いんだと思う。基本は自分の意識が低いせい。
 

 

本当だったら子供の時に集団接種させとくのが一番なんだけどね。日本は先進国とは思えないぐらいワクチンに対する不信感が異様だから。

私は一回もワクチン打たなかったはずなのに、大人になって産婦人科で抗体検査したら、バリバリ抗体があったよ。つまり、知らないうちに感染してたということ。私に風疹をうつした人が妊婦さんにもうつしてたら、私が妊婦さんにうつしていたら、私がうつしてしまった人が妊婦さんにうつしていたら、、、と考えると本当におそろしい。普通の風邪だと診断されてカウントされてないものもあるだろうし、実際はもっと多くの患者が出ていると考えた方がいい。 

 

ブライダルチェックで風疹の抗体が少なかったので接種し、その後妊娠しました。
風疹の抗体はじゅうぶんにありましたが、春に麻疹が流行った際は、麻疹の予防接種は1回しか受けてないな世代だったのでビクビクしながら過ごしました。
我が子には、将来このような思いをしないためにもしっかり予防接種を受けさせたいと思います。
 

 

知ることが予防への第一歩なのでたくさんの人に知って欲しいですね。
発症して起こること発症する前にできることを漫画と言う読みやすいコンテンツで出してくださるのはとても助かります。
作者さん。ありがとうございます。
 

 

 

 

コメントをどうぞ