コウノドリ 緊急無料公開の真相は?風疹エピソード見て『やっぱり風疹怖い』

ニュース・事件

コウノドリ 緊急無料公開が注目されていますね。

講談社が運営するアプリの『コミックDAYS』にて医療漫画の『コウノドリ』が

緊急無料公開されているとのこと。

公式ツイッターにて告知されています。

 

スポンサーリンク

コウノドリ 緊急無料公開の真相は?風疹エピソード見て『やっぱり風疹怖い』

コウノドリ 緊急無料公開の真相はこちらです。

ツイッターでは「首都圏の成人男性を中心に風疹の流行が目立っていることを受け、『コウノドリ』風疹エピソードを緊急無料公開。風疹が妊婦にもたらす甚大な影響とは」とつぶやき、漫画を無料で公開した。

(中略)

公開された風疹エピソードは、胎内にいる際に母親が風疹にかかり、先天性白内障と心室中隔欠損を患って産まれてきた女の子を軸にした物語。予防接種で防げるにも関わらず、なかなか風疹ワクチン接種が広まらない現状を訴えている。

 作者の鈴ノ木ユウもツイッターで「お時間の空いている時間に読んで頂けると凄く嬉しいです!」と呼び掛けた。

「コウノドリ」風疹エピソードを緊急無料公開 首都圏流行で 作者も「読んで」(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース
講談社の漫画雑誌6編集部が運営する漫画アプリ「コミックDAYS」が11日、公式ツ - Yahoo!ニュース(デイリースポーツ)

 

漫画ではかなり分かりやすく解説しているようですね。

確かにこれは読んだ方がいいかもしれません。

やっぱり風疹の予防は大事。

自分だけでなく他人も守るきもちが必要ですね。

 

 

漫画でもあったけど、職場で受けさせるのもいいのではないでしょうか。

なかなか仕事などで時間を作れない人も多いと思うので、

職場単位で対応すれば補助を出すとか、

会社や自治体も頑張ってほしいですね。

ちなみに、

ドラマのコウノドリが放送されたのは

2015年10月。

既に3年も経過しているようですね。

 

コウノドリ 緊急無料公開にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●ブライダルチェックで風疹の抗体が少なかったので接種し、その後妊娠しました。
風疹の抗体はじゅうぶんにありましたが、春に麻疹が流行った際は、麻疹の予防接種は1回しか受けてないな世代だったのでビクビクしながら過ごしました。
我が子には、将来このような思いをしないためにもしっかり予防接種を受けさせたいと思います。

 

●知ることが予防への第一歩なのでたくさんの人に知って欲しいですね。
発症して起こること発症する前にできることを漫画と言う読みやすいコンテンツで出してくださるのはとても助かります。
作者さん。ありがとうございます。

 

●30代の自分と同じ世代に予防接種を受けた人は、再接種をしてください。
昔のもので、抗体が付きにくい、または抗体価の低いあまり質が良くなかった世代に受けたものだとわかったので、再接種をしています。
調べてみてください。大人がうつると辛いよ。

 

 

●私も夫も予防接種が一回の世代でした。
妊活に取り組む前に夫と二人で抗体検査を受けました。
二人とも抗体はあったのですが、私は出産後に心配になり予防接種を受けました。
夫は、本人は覚えていませんでしたが、大学生の頃に二度目を受けていたことが、母子手帳で判明しました。
安心して妊娠するためにも、抗体検査や予防接種は受けた方がいいと思います。

 

●風疹の検査に希少動物の血清使うの知ってる?本当に必要な人に行かなくなるから安易に広めるの良くないね。予防方法を普通に流せば良いと思うけどな。

 

●漫画でも言われてますが、各自治体が補助金も出してくれるので風疹のワクチンはすべての人に打ってもらいたい
妊娠を希望しない女性も男性も、です

 

●だったら予防接種の無料化くらいやっても良いんじゃないの?
これが女性が対象だったらさっさと無料化するんだろうな。

 

●自分は妊娠を希望して3回目を接種したんだけど、抗体がつかなくて…
老若男女受ければ、私みたいに抗体がつかない体質の女も安心して妊娠できる。社会全体で撲滅して欲しいです。

 

 

コメントをどうぞ