チョコフレーク 勘違い?真相は?生産終了で勘違い多発 販売継続なのに…日清シスコ製品がメルカリ高騰!

ニュース・事件

森永製菓の『森永チョコフレーク』生産終了の報道をめぐって、ちょっとした誤解が広まっています。

スポンサーリンク

チョコフレーク 勘違い?真相は?生産終了で勘違い多発 販売継続なのに…日清シスコ製品がメルカリ高騰!

 

森永の『森永チョコフレーク』と日清シスコの『チョコフレーク』が混同されて、ちょっとした“勘違い”が広まってしまっているようですね。

先日9月28日に、森永製菓は千葉県にある貸工場の閉鎖などに伴って、ロングセラー商品の『森永チョコフレーク』の生産を来夏までに終了することを発表しました。

新聞やテレビなどで『チョコフレーク』が生産終了と報道されたので、日清シスコさんの『チョコフレーク』と勘違いしてしまった人が続出したのですね。

商品パッケージも似ているということですから、間違ってしまう人がたくさん出るのも仕方がないですよね。

ロングセラー商品が、もうすぐ買えなくなってしまうとなると、つい食べたくなってしまうものですよね。

子供のころから親しんできたお菓子って、各世代でいろいろ思い浮かぶと思いますが、大人になってからはちょっと遠ざかっていたという人も、こういうニュースを見聞きすると、思わずお菓子売り場に足を向けてしまいますね。

チョコフレーク 勘違い の報道詳細

森永製菓の「森永チョコフレーク」生産終了の報道をめぐり、ちょっとした誤解が広まっている。現時点では販売終了の予定は一切ない、日清シスコ「チョコフレーク」との混同だ。

例えば、間違えて日清側に問い合わせをする人が出たり、フリマアプリ「メルカリ」で日清シスコの商品が高額売買されたり…。このように、両者をごっちゃにした「まさかの勘違い」が続出しているのだ。

森永製菓は2018年9月28日、千葉県にある菓子工場の閉鎖など生産拠点の再編案を発表。それに伴って、1967年発売のロングセラー商品「森永チョコフレーク」の生産を来夏までに終了することを明らかにした。

正式な商品名は「森永チョコフレーク」なのだが、新聞やテレビなど多くの報道では、メーカー名を略した「チョコフレーク」の名前が使われた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

森永製菓が販売している『森永チョコフレーク』は、1967年9月に販売が開始されました。

チョコレートとコーンフレークを組み合わせた商品で、コーンフレークは自社製造しています。

50年余りにわたって愛され続けてきた『森永チョコフレーク』ですが、先日生産終了することが明らかになりました。

森永製菓は、売り上げが落ちた一因として、スマートフォンの普及で手が汚れるお菓子が敬遠されたことをあげています。

同じように長年愛されてきたお菓子で、昨年販売が終了したものに明治の『カール』がありましたよね。

時代の変化についていけなくなって、長年親しまれてきた懐かしいお菓子が消えて行ってしまうのは、なんだか寂しい気がしますね。

一方の日清シスコさんの『チョコフレーク』も、『森永チョコフレーク』と同時期に販売が始まったロングセラー商品で、こちらはこれからも販売が継続されるということです。

チョコフレーク 勘違い のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●勘違いしている人は流行に流されやすい人。新しいiPhoneが出たら買うし、安室奈美恵が引退するとなればあむらーになる。

●日進シスコにしてみたら棚からぼた餅って感じでは?
さあ頑張って増産しましょう。

 

●転売する方も買う方もどっちでもいいって思ってるんだなぁ
自分の好みの味は森永で定期的に買ってたから生産終了は本当に残念
今後も他のメーカーの物は買わないと思う

 

よくフリマで食べ物買おうと思うよね。
それが理解出来ない。

 

●こういうときに転売屋から高額で買う奴の9割は「何とか手に入れました!」と写真をSNSに上げて注目を浴びたいだけの奴

 

●そんな事で購入者が増えるのなら、普段から購入しておけば、森永も生産終了しなくて済んだのにね。日本人はもっと賢くなりましょう。
これでは中韓と変わらないレベルになっていますよ…

 

●食い物を転売目的で出品ってあり得ない
本当に食べたい人に対して迷惑
いくら袋に入っているとしても食品だよ。
保健所は問題だと判断しないのかね?
メルカリ自体も問題視しないで見て見ぬ振りなのか?

 

●森永と日清では美味しさが全然違うのにね。
森永チョコフレークが食べたくてスーパーに行っても売ってなくて買えなかった。

売り上げが落ちたのではなく取り扱いする店が少ないだけ。販売終了、考え直してほしいな。せめて冬季限定とかでもいいので販売してほしい!
森永さんお願いします!

 

●今は日清シスコのチョコフレークの方が売上大きいとは意外でしたね。森永チョコフレークは昔テレビCMを盛んに流していてメジャーなイメージだったので。カルビーにも類似商品あったのでは、と思ったけど、ネットで確かめたらカルビーは2017年にコーンフレーク製品全部の販売を止めていたのには驚き。フルグラ(フルーツグラノーラ)が人気だから食事用シリアル製品としてはそっちに集中したいということなんでしょうね。企業はけっこう集中と選択で長年の人気商品も捨てるもんだなと思いましたな。

 

●これ、勘違いしてる消費者に問題が有るのは事実だと思うけど、報道したメディア側も記事内にある通り、正確な記述をせず混同させた要因を作った事も大きいと思うけど・・・
何より決定的だと思えるのは森永と日清のチョコフレークの知名度の差では無いのだろうか?
ぶっちゃけ言うけど自分は日清のチョコフレークって存在を知らなかったと言うか気にしていなかった。チョコフレーク=森永だと思っていた、と言うか思い込んでいた。そういう傾向とかは無いのだろうか?

コメントをどうぞ