灯台が消失?奄美市の名瀬港の灯台が消える 台風24号の影響

ニュース・事件

台風24号の影響により、奄美市の名瀬港に存在していた灯台が根元から消失していることが明らかになっています。

現地の動画や画像などはあるのでしょうか。

調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

灯台が消失?奄美市の名瀬港の灯台が消える 台風24号の影響

こちらが現在の奄美市の名瀬港にあった灯台の現在の姿です。

おそらくは波にのみこまれてしまったと思われますが、

ここまできれいに無くなるものでしょうか。

赤い部分は一切なくなってしまい、根元からしっかりと消失していますね。

 

 

灯台が消失?現在は?

現在のところ、消えた灯台については行方が分かっていない状態です。

波に飲み込まれてしまったため、

おそらくは沈んでしまったと思われます。

 

今後、捜索するかどうかについては不明ですが、

台風が過ぎ去って落ち着いてからとなるでしょうね。

船の運航もしばらくはお休みとなるのでしょうか。

 

 

灯台が消失の理由は?FRP(繊維強化プラスチック)製?

調べてみたところ、

消えてしまった奄美市の名瀬港の灯台はどうやらFRPと呼ばれる繊維強化プラスチックでできていたのだそう。

 

私もそのような物質は手にしたことがないため、どの程度の強度なのかは分かっていませんが、

灯台なんてものが強化プラスチックで作られるものなんですね,,,

てっきり、鉄筋コンクリートのような造りだと思っていました。

プラスチックなら、確かに根こそぎ持っていかれても

おかしくはないでしょう。

もしかしたら、海の底に沈まずに、どこかで浮いているのかもしれません。

 

 

灯台が消失にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

 

 

コメントをどうぞ