東京西部 停電!大丈夫?東京都小平市・東村山市などの約4万軒で停電、交通信号も消える

ニュース・事件

東京電力によりますと、29日午前10時半ごろ、東京都小平市・東村山市・国分寺市の広域で停電が発生しました。

スポンサーリンク

東京西部 停電!大丈夫?東京都小平市・東村山市などの約4万軒で停電、交通信号も消える

まだ台風はこれからだというのに、いま停電が発生しているなんて、いったい何が原因なのでしょうね。雨も風も、まだ大したことなさせそうなのに、どうしたのでしょうか。

現在復旧作業が行われているとのことですが、信号機まで消えているというのは困りましたね。夕方までに復旧すると良いですが、あまり時間がかかってしまうと、本当に台風の影響も出てきてしまいますから、心配ですね。

今の時代、電気が止まってしまうといろんなことができなくなってしまいます。昔は電気が消えたら暗くなって不便というくらいでしたが、今は仕事も日常生活も、電気なしでは何もできないというくらい、生活の中で電気に頼っていますからね。

災害時には、電気の復旧がなされないと、トイレなどにも困りますし、携帯電話の充電もできません。ご飯を炊くことも、レンジで温めることもできません。

オール電化のおうちなどは、お湯を沸かすことさえできなくなってしまいます。

どんな災害が起きても、安定して電力供給ができる仕組みが必要な世の中ですね。

東京西部 停電 の報道詳細

東京電力によると、29日10:31頃、東京都小平市・東村山市・国分寺市の広域で停電が発生しました。現在、復旧作業が行われています。SNSには道路交通信号機が停止したとの投稿が相次いでいます。

■影響地域

小平市 :約29700軒(たかの台、上水新町、上水本町、仲町、天神町、学園東町、学園西町、小川東町、小川町、小川西町、津田町、美園町)

東村山市:約10200軒(恩多町、栄町、萩山町)

国分寺市:一部地域(東恋ヶ窪、東戸倉)

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

停電の原因には、樹木や鳥などの送電設備への接触、風や雨、自然災害、雷、雪などの影響などがありますね。

春から夏にかけては、カラスが電柱に巣を作ると木の枝や針金などが電線に接触して停電となる事があります。

樹木の倒壊や山崩れによって電線が切れたり、電柱が倒壊したりして停電になることもあるでしょう。

また、ガイシという、電線を大地と絶縁する設備が破損することでも、停電が発生します。

今回の停電が、どのような原因で起きたのかは、まだはっきりしませんが、復旧するには電力会社の社員が、問題のあるエリアに緊急出動して、電力を一本一本調査し、以上のある場所を特定しなければいけません。

そして、設備の修理や接触物の除去などを行い、やっと停電を復旧することができるのです。

なんとか早めに、台風が近づいてくる前に、原因を突き止めて復旧してもらえることを願います。

東京西部 停電 のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●供給に対する需要の大きさからすれば
停電のリスクは今後ますます高くなっていくのでしょう

土曜に停電しといたほうが被害が少ないですし
備えについて考えるいい機会

朝起きたら、停電だった。
あれ、電気代払ってなかったっけ?
とか、疑ったけどそんなはずはない。
今はなんとか4G回線でインターネットに繋がってる。停電になるとwifiが使えなくなるのは結構辛いものだと痛感した。やっぱりラジオって大事だな、あと電池も……。

 

●運動会中でした
音楽がいきなり止まり無音の中に歓声とピストルの音が鳴り響き粛々と続けました
こういうのも良かったです

 

最近意味なく発生する「停電」 災害で停電になっても復興が遅い。
停電の不便を味合わせて「だから原発が必要」に持っていきたいのか?

電力会社は原発の方が儲かるから、ただそれだけで再稼働したがる。
日本国民のことなど知っちゃ~いない。
「安い、安全、きれい」などがうそだったのは全国民知ってる。

 

●まだ大型台風が上陸もしていないのに大丈夫か?

 

●メットライフドームも停電したのは関連あるのかな?

 

今頃から停電? 気が早いな。
首都圏は停電が多いね。供給設備が良くないのかそれとも発電量そのものに問題があるのかどっちだろう。
理由の無い(落雷、台風、地震などの)停電は今から半世紀以上前はよくあった。
ちょっと使い過ぎるとバタバタと広範囲に停電したものだ。
でも21世紀にそんな事があるのかね。
原発が無かったらやはり首都圏は無理なのか?
それともそう思わせる為にわざとやっているのか?
どっちにしろ昔と違って停電されると困るんだよな。
暗くなってキャーではすまない。

コメントをどうぞ