ニュース・事件

佐野慈紀 借金で裁判に 野茂英雄に金を借りた理由とは?生活苦で嫁と離婚となる?

元メジャーリーガーの野茂英雄(のもひでお)さんが裁判を起こしているとのこと。

訴えたのは、近鉄バファローズ時代のチームメート、佐野慈紀(さのしげき)さんです。

二人の間の金銭トラブルはどのようなものであったのか。

その借金の金額は2500万とされています。

 

佐野慈紀 野茂英雄とは現役時代は『親友』の仲

佐野慈紀さんと野茂英雄さんは同じ近鉄バファローズで活躍しているときは

親友とされるほど、仲が良かったようですね。

入団当初、毎晩のように先輩と飲み歩いていた佐野に対し、すでにエースだった野茂が『このままでは大成しない』と説教。すると佐野は野球に集中し、活躍を始めたのです。その後、仲良くなった2人は、ずっと交流を続けていた。日本球界で敵が多かった野茂にとって、親友と呼べるのは佐野以外にいません

野茂英雄さんがメジャーリーグ挑戦で渡米した後も

佐野慈紀さんは活躍を続け、バラエティ番組に出演したり、

引退してからも「NOMOベースボールクラブ」の理事を務めていたりと、

活躍されていました。

 

現役時代だけでなく、引退後もしっかりとした関係性があったようです。

野茂さんが代表を務める「NOMOベースボールクラブ」の理事をやるなんて

相当な信頼の仲でないと出来ませんよね。

まさしく親友だったのでしょう。

 

 

 

 

佐野慈紀 借金問題の経緯について

その佐野慈紀さんが野茂英雄さんに

2500万もの借金を抱えることになった原因は何なのでしょうか。

まず、現在までの経緯についてまとめていきます。

 

 

2003年9月に野茂英雄さんは佐野慈紀さんに対し、年0.3%の利息で3000万円を貸付けたとされています。

返済の起源は10年としていましたが、

10年経過した今になっても佐野慈紀さんは434万5000円しか返済していないとのこと。

それによって、野茂英雄さんが残金の支払いを求めているようです。

この借金の問題について、これまで2回の口頭弁論が開かれているとのことですが、

佐野慈紀さんらは出廷しなかったようですね。

約2500万円の返済を求める内容がそのまま判決と決まったようです。

 

野茂英雄さんもお金に困っているわけでは無いようですが、

他の方にもお金を貸していて、今年50歳という節目に貸金を全て整理しようと考えたのだそう。

その後、佐野慈紀さんが提出した返済計画は15年に及ぶものだったことから、

訴訟に踏み切ったそうですね。

 

 

 

佐野慈紀 借金を返済できない理由は?

前述しましたが、佐野慈紀さんは現役時代は近鉄バファローズで活躍し、

引退してからもメディア等で活躍されていることもあり、

お金に関しては困るような生活はしていないはず。

 

 

しかしながら、野茂英雄さんから借りたお金を

返済できない理由というのはいったい何なのでしょうか。

佐野慈紀さんは

2006年からサンスポで野球評論家を務め、

自身が中心となって解説番組をネットで配信。

また2012年からBCリーグの石川ミリオンスターズの取締役に就任しています。

が、現在は取締役からは外されているとか。

 

 

 

また、現在の生活としては、

世田谷区にある家賃約30万円ほどの

高級賃貸マンションに家族4人で暮らしているとのこと。

家賃30万って相当な金額ですよね。

夫婦で1人2万円ほどの高級寿司を食べに行っているとの話もあります。

しかしながら、

その一方で佐野慈紀さんは税金を滞納したり、

旧知の新聞記者に借金を申し込んでいたとのこと。

 

どうやら、見せかけを豪華な生活としており、

実際はお金に困るような生活を送っていたということでしょうか。

 

 

 

佐野慈紀 借金で裁判に 野茂英雄に金を借りた理由とは?生活苦で嫁と離婚となる?

今回の野茂英雄さんとの金銭トラブルが公となり、

週刊文春では佐野慈紀さんに直撃する内容が記載されていました。

 

その記事を読む限りでは、

どうやら佐野慈紀さんは自分に問題があるとしていました。

2003年9月に野茂英雄さんから3000万円ものお金を借りた原因については

公言されていませんでした。

どうやら事情があるようですね。

ただ、『野茂英雄さんに助けてもらった』としていたので、

おそらくは何らかの金銭トラブルがあったのでしょう。

 

また、その借金の返済が遅れてしまったことから、野茂英雄さんとは疎遠になっていったのだとか。

金の切れ目が縁の切れ目とはよく言ったものですね。

裁判になった理由としては、

最初に返済計画書を2012年に提出するも、その通りに履行できず、

月2万返済の30年計画のものを再提出したようです。

これに、野茂英雄さんは納得できず、

裁判に踏み切ったのでしょうね。

 

裁判に出廷できなかった理由としては、野茂英雄さんに迷惑がかかると思っての事だったとか。

現在は借金返済に向けて誠心誠意やれることはやると、発言されていますが、

現在の生活レベルを落とす予定はないように思えます。

 

 

その理由としては、『困っている様子を周囲に見せたくない』『家族の前でも見栄を張りたい』という気持ちがあったそう。

気持ちはわかりますが、それでは裕福な生活をしているのに借金返済からは逃れているだけのように思ってしまいます。

 

ただ、現在の仕事状況としては厳しいようで、

今回のこの裁判となった金銭トラブルが公になってからは

仕事も減っているようです。

当然といえば当然かもしれません。

 

果たして借金返済ができるのでしょうか。

 

 

 

終わりに

野茂英雄さんと佐野慈紀さんは親友という仲であったのに、

今となっては裁判の相手となってしまったのですね。

これ以上悲しいことは無いように思います。

何故、佐野慈紀さんが3000万もの借金を作ることになってしまったのか。

この原因については分からないままですが、

おそらくはインタビュー記事の内容から察するに

『見栄』が主な原因のように感じますね。

 

お仕事もなくなりつつある今、

生活レベルも落とさずにはいられない状況になりうるでしょう。

心配ですが、後々、しわ寄せが来ることは容易に予想できるので、

速く返済に本気になって動いてほしいものです。。。