キングダム 527話 犬戎現る 楊端和軍は劣勢!? 怒りは一気に頂点へ

こんにちは!

アイルです!

今回はキングダム527話の感想です!

白熱してきました朱海平原。信の活躍が気になるところ。

しかしながら今回の話のメインは場面が変わって楊端和(ようたんわ)の戦場が描かれています。どれだけ楊端和軍が強いと言えど、ストーリー上、圧勝にはならないのがもどかしいところ。

どうなる橑陽戦!

スポンサーリンク

 

 

あらすじ

次期将軍候補が活躍している朱会平原の地から南西に300里(150km)離れたところで

もう一つの別の戦いが進行。

山界の王 楊端和軍橑陽軍(りょうようぐん)の戦い。

依然、山の民の圧倒的武の力で楊端和軍が圧勝するかと思われた。

しかし、その単調さに楊端和は違和感を覚える。

そこへ、少数の騎馬隊が出現。

楊端和軍の第一陣と第二陣の間を疾走する。

あまりの少数かつ無防備な数の馬に、伝令係かと思われた。

しかし、その騎馬隊は山の民を引きずって登場。

舜水樹(しゅんすいじゅ)の騎馬隊であった。

楊端和はの視線が鋭くなる。

舜水樹は停止し、一斉にその山の民を葬る。

楊端和の怒りが燃え盛る。

舜水樹が仕掛けるかと思いきや、不気味に指を突き刺し挑発をした後は自軍に撤退。

公孫龍(こうそんりゅう)が迎え入れる。

楊端和は決して仲間の勇を無駄にはしない。

楊端和『バカが、しっかりと顔を覚えたぞ』

舜水樹は到着後、あろうことか趙軍(橑陽軍)に全軍撤退を指示。

舜水樹の目的は山の民の根絶やし。策に深く引き込む必要があると説明。

橑陽城に撤退命令を下す。

『〝橑陽の牙〟であの秦軍の肉を引きさく』

不自然な退却に動揺する楊端和軍。

楊端和軍の目的は敵の足止め。視界から消えられることを良しとしないため、追跡。

また同時に撤退という策には二種類の目的が存在すると説明。

1つは『有利な戦場』

2つめは『強力な援軍』

場面は変わり、崖の上で一匹に狼が遠吠えをする。

ここ、橑陽城には 趙人とは異なる人種の人間が巣食っている。

それが、橑陽の牙。

『〝犬戎〟だ』

犬戎(けんじゅう)とは、かつて中華の周王朝を滅ぼした大犬戎族の末裔のことであり、

その一族が城を占拠しているという。

その様子を感づき、楊端和は警戒命令。

『全軍停止!敵の突撃に備えよ』

かつて王朝を滅ぼし最凶部族が、その姿を現す。。。。

次号へ続く。

調査・観想

犬戎とはどうやら西戎とも呼ばれており、

中国の西部に住んでいた遊牧民族のようですね。

その頃、朝廷に帰順しない民族の事を、四方に分けて、

東夷北狄西戎南蛮と呼んでいたそうです。

以前、政(せい)の加冠の儀かかんのぎ)の時に反乱ありましたよね。

その時に戎狄公(じゅうてきこう)っていましたよね。

大まかなくくりでいえばあれと同じです。

中華つまり、『華の中』に帰順しない『華の外』の異民族の蔑称の一つです。

だから、匈奴や、楚より南の蛮族も同じくくりですね。

なんなら、山の民も同じようなものだと思ってます。(笑

度々、中国の歴代王朝に侵入し、略奪を繰り返したと言われています。

その中でも、犬戎は紀元前770年に秦の前の国・周の首都を陥落させたと言われています。相当強そうですね。

キングダムでは犬の被り物をしている兵が多数ですが、

実際は鶏やイノシシの被り物も多かったみたいですよ。

本作で犬しかいないのはイメージですね^^

画像引用:どんでん返しの卑弥呼の墓・邪馬台国

調べていくと、最終的には犬戎は秦に吸収されるとの記載が見つかりました。

今回かどうかわかりませんが、いつか楊端和が犬戎を従えそうですね。。。さすが ^^;

それにしても舜水樹が橑陽軍の大将として君臨するのは何故なのでしょうか。

李牧が信を置いている右腕のような存在なので、過去に偉業を成し遂げた人物なのでしょう。

ミステリアスで二重人格の人物像しか浮かんできませんが、おそらく、戦略的直観や軍師の才能がずば抜けているとみられます。

※馬南慈が強化系なので、それと対比させて。

あれで楊端和の個の実力とかで張り合われたら、なんか違うなって思いますもんね。

舜水樹は史実では出てきません。オリジナルです。

次回は間違いなく楊端和軍と橑陽軍本軍の激突ですね!

本当であれば気持ちよく楊端和に勝ってほしい!

次回に期待です!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加