YOUTUBER ヒカル VALU騒動で謝罪 無期限の活動休止を報告

現在、『VALU騒動』で話題となっているYOUTUBERのヒカルが、9月4日公開の動画で活動休止することを自身のYOUTUBEチャンネルで公開した。

VALU騒動に関して、『各クリエイターのファンの方々および関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけいたしますこと、心よりお詫び申し上げますとともに、ご理解を賜りますようお願い申し上げます』と、謝罪するコメントを動画で語る。

今回の騒動の内容としては、ヒカル含む所属事務所『VAZ』が運営するチーム『NextStage』で、株式会社VALUが提供している仮想株式サービス『VA』を売買できるサービス『VALU』を用いた企画を行い、『優待を行う』と公言していたがそのサービスを提供することなくVALUを売り払い、VAの価格を暴落させ利益を得た。それにより、VAを購入したユーザーに損害をあたえたことが詐欺に当たるのではないかと指摘され、多くの批判を集めていた。

ヒカルの他、『怪盗ピンキー』『かす』『禁断ボーイズ』『ラファエル』も合わせて活動を休止。

また、VAZが運営するヒカル・禁断ボーイズ・ラファエルのチーム『NextStage』を解散することを発表した。

スポンサーリンク

 

 

プロフィール・ヒカル

プロフィール

  • YOUTUBE名:ヒカル
  • 本名:前田圭太
  • 生年月日:1991年5月29日
  • 出身地:兵庫県姫路市
  • 事務所:株式会社VAZ(執行役員・Nextstage代表役員)

VALUとは?

前述したように、株式会社VALUが提供している仮想株式サービス『VA』を売買できるサービス『VALU』の事を指す。

クラウドファンディングと株式市場を組み合わせたものをイメージしてもらいたい。

株は本来、企業が資金を集めるために発行するものであり、その株を買うことで、株主(出資者・オーナー)となる事ができます。株主になることで、様々なメリットや権利を得ることができます。

それを企業ではなく、個人で行おうとするものがVALU。(VALUはビットコインと連携)

そして、人気な企業ほど、株の価値は高くなります。VALUでも同じで、個人の知名度が高いほど、そのVALUの価値は高くなります。

ヒカル達が行ったこととは?

ヒカルはVALUを開始し、自分たちのVALUを持っている人たちには『優待を行います』と、公言しました。その内容としては『VALU保有者限定のオフ会やセミナー』といったもの。

しかしながら、ヒカル含む『Nextstage』のメンバーは後に自分たちのVALUをすべて売り払う。つまり、優待を行いますと公言して、VALUの価値を高させるだけ高くして、売り払うことによって約5000万程の利益を得たと言われている。

ヒカルさん達のVALUを購入したユーザーはその『優待』得られることもなく、また、そのVALUを売り払っても価値が引くなってしまっているため損をすることになった。これは詐欺になるのではないかと、多くの批判を集めている。

しかしながら、株式取引であれば、違法となる事は間違いないが、現在VALUについては2016年11月に作られたばかりであり、法の適用外となっているため、問題はないのではないかとの話もある。

ちなみに、ヒカルはこのVALUに関するツイートはすべて削除している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加