美奈子 心情吐露!今の心境は?第8子妊娠で切迫早産気味による自宅安静

ビッグダディの元妻で知られるタレントの美奈子さんが

「切迫早産気味になってしまった」と8日にブログを更新されました。

美奈子さんは現在第8子を妊娠中。

出産時期は明らかにされていませんが、6月の発表が安定期を迎えた後でしたら
年内にはご出産の予定ですね。

7人のお子様を抱えての切迫早産。大丈夫でしょうか。

スポンサーリンク

 

 

美奈子 心情吐露!今の心境は?第8子妊娠で切迫早産気味による自宅安静

正期産である妊娠37週から41週より早く生まれることを「早産」

と呼ばれますが、その一歩手前での状態のことを「切迫流産」と言います。

子宮口が開いたり、破水したり、子宮の収縮などのトラブルが起こります。

妊娠21週目までは同じ状態のことを「切迫流産」と呼ばれるので

美奈子さんは22週(妊娠6か月)以降に突入していますね。

状態がひどければ入院しなければならないので、美奈子さんはそこまでではない?

と思えますが、現在いるお子様のことを思って入院を拒否される方も実際にはいるので

美奈子さんももしかしたらその状態で

不安いっぱいでブログを更新したのかもしれません。

出産を何人経験しても、一人ひとり妊娠の状態は全く違います。

美奈子さんの長女はもう高校生とのことですし、家族の助けを借りて

どうか無理をしないで欲しいと思います。

美奈子 心情吐露の報道詳細

 「ビッグダディ」こと林下清志氏の元妻として知られるタレントの美奈子(35)が8日、自身のブログを更新。「切迫早産気味になってしまった」と報告し、率直な心情をつづった。

美奈子はブログで「切迫早産気味になってしまった。自宅安静と週一の注射と毎食後の薬」と報告。「まだまだ出産までは日にちがあるし、安静も始まったばかりなのにもう心が折れそう」「やらなきゃいけない事沢山あるのに。やりたいこと事も沢山あるのに」と苦しい心境を明かした。

 それでも「こんなに小さいれんとが気を使ってくれてる。ありがとうね。ママも頑張ります」「優しさがしみる」「ありがとう」と子どもに感謝し、決意を新たにしていた。

 美奈子は最初の夫と結婚、離婚を2度繰り返しながら5人を出産。3度目の結婚となったビッグダディこと林下氏との間に1人をもうけた。2015年5月に元プロレスラーの一般男性と結婚し、昨年7月に第7子となる女児を出産していた。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

美奈子 心情吐露のネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました。

●子供が増えることそのこと自体は実に結構だが、この人の場合は子供の教育とか育ち方に少なくない不安を覚えてしまうのが正直なところ 

●出産の時だけ話題になってる。
でもタレント?
違和感しかない。

●フフフ・・すごい。少子高齢化対策の鏡だねwww。 

子供5人以上生んだら、老後の面倒は国が見てあげても良いと思う。 

●ふと思ったんだが、ジャンジャン子供生んで行政の施し受けまくるのと子供は産まずバリバリ仕事をこなすのとでは、どちらのほうが生産性が高いのだろう?
ビックダディや美奈子の子供や更にその子供が親みたいな人生を歩めば非生産性の無限ループだと思うんだけど。 

●もはや話題づくりのための妊娠かと勘ぐってしまう

知り合いは5人目を産んだときにもうこれ以上はダメって医者に止められたみたいだけど8人も産めるってすごいよね

●世間はとやかく言うが、責任を持って大切に育てて下さい。
どのように育つかで、この方の評価も変わると思う。 

●去年の7月も出産で、8人目でしょ。
身体大変だよ。
もうちょっと間隔開けたほうがいい。 

●すごい年上かと思ってたら同年代でわろた・・ 

●去年産んだばっかりやろ?
うちも去年産んだけど、妊娠なんかしたら身が持たないです。
8人も産んだら歳いったらガタが来るのかな?
9人目は一旦ストップして身体を労ってあげた方がよろしいかと。 

●タレントとしてと言うか、タレント気取りなのがイラつくが、少子化には貢献してるんじゃない?それにネグレクトしてないし、彼女なりにちゃんとやっとると思う。好き嫌いは別にしてね。だから、母としてのこの人は非難しようとは思いません。
ただ、タレントとしてなら厳しい目で見ます。 

●夫婦喧嘩して結婚と離婚を繰り返して子供を沢山産むことでマスコミに取り上げられる変わった存在。 

●テレビの印象とは違い良い母親じゃないですか?
役場に届ける書類、幼稚園の願書、お金の支払い等、責任感の強い女性だと思いますね。
ダディの時はお金無い、旦那はワガママ
それでも子供に対しては良い母していたと思います。
八人目だろうがこの人なら大丈夫だと思います 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加