稲村亜美 短パンユニ姿のアングルが・・フォームが美しいと話題!

タレントの稲村亜美(いなむらあみ)が都内で行われた『エポック社 創業60周年記念イベント』に出席しました。

ショートパンツのユニホーム姿で登場。たちまちマスコミを釘付けに。

最速103kmの記録を持つ稲村登壇して早々にピッチングフォームを構え、壇上で振りかぶって力強く投げる姿を披露しました。

スポンサーリンク

 

 

稲村亜美 短パンユニ姿のアングルが・・フォームが美しいと話題!

 神スイングで大ブレークし、プロ野球の始球式に引っ張りだこの稲村。自己最速は「103キロ」だといい、この日の野球盤対決では「165キロを出して、大谷翔平選手を超えたい!」と高らかに宣言した。

 気合十分に投球ボタンを押し、放たれたボールは「136キロ」。自己最速は更新したものの目標には遠く及ばず「残念です…。ゲームだからイケるかなと思ったのに」と残念がっていた。

 最新の野球盤では、高中低、左右中央の9方向へ投げ分けできる「3Dコントロールピッチング機能」や、投球の高低差に対応できる「3Dスラッガー機能」。さらには「スピードガン電光掲示板機能」など、新たな機能を兼ね備えている。 

 イベントでは、投手・勤、打者・稲村で3球勝負を実施。巧みな配球術で“神スイング”を封じ込めた勤は「野球盤で青春を過ごした。キャリアが違いますから」と、したり顔。稲村は「くやしいー! 野球盤と言えど野球ですから…」と苦杯をなめた。

出展:https://www.oricon.co.jp

素晴らしいピッチングフォームでした。

稲村亜美 台湾での始球式で自己最速

神スイングでも有名な稲村亜美さん。

ココ最近では野球関係のお仕事に引っ張りだこですね。

以前に台湾の始球式に出演もしたそうですよ。

その時の映像がこちらです。

女性でこの急速はなかなか出せないですよね。。

その後は台湾のチームでも讃えられ、最終的にチームに囲まれていました。

何かと囲まれることが多い稲村亜美ですね^^;

そういえばこういうこともありましたね!

稲村亜美 困惑!もみくちゃ騒動原因は運営の準備不足? 協会は謝罪文を掲載

稲村亜美 短パンユニ姿にネットの反応は?

ネットの反応を集めてみました!

調べれてみると、やはりいぜんの『もみくちゃ』問題についてのイメージが強いようですね。

このイベントの記事を見る限りでは、何ら気にさせる様子はありません。

なにごとも無くてよかったと思います。

●野球盤か。。
136キロ、すごい!と思ってしまったのは自分だけ?

●そう言えば、この人の始球式の話し聞かないな?
やっぱり、あの件で各球団が敬遠してるのか?

●触られているのに触られていないと言っているから、イベントに呼ばれなくなったのでしょうね。

●野球関連の話題以外全くない女性タレントってどうなん?

●大谷のワードを出せば読まれるからなぁ
記者が「大谷選手を超えてみますか!」と誘導尋問したのか
それとも事務所が大谷の名前を出す指示をしたか
稲村がそこら辺を理解してて大谷の名前を使ったか

●芸能人にしては美人ていうわけではないが健康的でかわいいと思う。

●鉄腕稲村かと思ったらゲームだった
この子炎上してたけど スタイル良いよね

●稲村亜美よりも野球盤の機能に驚いた、いつのまにこんなに進化したんだ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加