渋谷すばる 会見の動画や内容は?脱退・退所は真実!『海外での活動を・・!』

関ジャニ∞の渋谷すばるさんの脱退・退所報道が流れていますね。

先日、週刊誌フライデーにて、関ジャニ∞の脱退報道が流れていましたが、

どうやらその報道は真実だったようです。

その会見の動画はあるのでしょうか?

調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

渋谷すばる 会見の動画や内容は?脱退・退所は真実!『海外での活動を・・!』

 

既に会見は終了しており、

涙ながらの会見と言うことになりました。

 

 

 

渋谷すばる 退所報道の詳細は?

関ジャニ∞の渋谷すばる(36)が音楽を学ぶため海外に留学することを理由に2018年12月31日付けでジャニーズ事務所を退所することを15日、発表した。この日、メンバーと共に都内で会見。7月15日に札幌ドームから始まる5大ドームツアーには参加せず、同日からグループは6人体制となる。8人組で始まった関ジャニ∞のメンバー脱退は06年の内博貴(31)以来、2人目。

 渋谷は会見で「今まではジャニーズ事務所、関ジャニ∞というグループにありがたくも守られ、支えられ、時には甘えさせてもいただきましたが、この先は今までの環境ではなく、すべて自分自身の責任で今後の人生を音楽で全うするべく、海外で音楽を学び、今後、さらに自分の音楽というものを深く追求していきたいと思いました」と脱退と退所の理由を説明した。

 渋谷が「海外を拠点に生活していきたいので、事務所を辞めたい」と意志を事務所に伝えたのは今年の2月15日。今年8月からCDデビュー15周年に入るタイミングでの事態にメンバー、スタッフは戸惑いを隠せず、説得のためメンバー全員で最低でも2回は協議した。

 4月上旬まで話し合いは続き、舞台の大阪公演から帰京した4月10日に最終的な話し合いの期限に設定したが、結果的に「海外で音楽を学びたい」という思いに変わりはなく、他のメンバー6人も受け入れた。

 脱退と退所を漠然と考え始めたのは「35歳を過ぎたぐらい。人生半分ぐらい来たのかなとぼんやり考え始めたのが最初」だといい、意志が固まったのは「今年の1月あたり」だと振り返った。脱退後は海外で、音楽の学校に通うことを考えており、「英語を取得したい」という思いから英語圏での活動を想定しているという。

 メンバーの退所でグループが会見を行うのはジャニーズ史上初めて。安田章大は自宅で転倒し背中に打撲の症状があり、医師のすすめで欠席した。

出展:https://headlines.yahoo.co.jp

 

 

渋谷すばる 退所でファンクラブ会員宛のコメント全文は?

こちらがファンクラブ会員宛に公開された

退所に関するコメント全文です。

 

 

渋谷すばる 会見でのコメント全文

現段階で公開されている

渋谷すばるさんの会見でのコメントです。

 

本日は貴重なお時間を頂戴いただき、ありがとうございます。

えー、渡しく渋谷すばるからお伝えさせていただきたいことがございます。

この度、ジャニーズ事務所を辞めさせていたく決断をいたしました。

36歳という年齢を迎え、人生残り半分と考えた時に、

いままでは

ジャニーズ事務所

関ジャニ∞というグループに

ありがたくも守られ、

支えられ、

時には甘えさせてもいただきましたが、

この先は

今までの環境ではなく

すべて

自分自身の責任下で

自分の人生を

音楽で全うするべく

海外で音楽を学び、

今後さらに自分の音楽というものを

深く追求していきたいと思いました。

メンバーと何度も話し合いました。

そのたびに

自分を見つめなおし、

考えなおしました。

ですが、自分の意思が

変わる事はありませんでした。

自分勝手な決断で申し訳ありません

目は赤みを帯びでおり、

涙ぐんでいる様子が見て取れます。

よっぽど辛い決断だったんでしょうね。。。

 

また、

放送されている映像以外にも

「今までも曲をつくることはしたので、音楽を勉強するなかでそれを形にしていこう。なにかしらの形で発表するのかはわからないですが、ゆくゆくはそういうタイミングや機会があればいずれはできたら。引退ということではない」

「音楽というものをちゃんと勉強したことがない。そういった音楽の学校なのか、いろんなところへ行って学びたい」

と語学も含め学んでいきたいと告白されています。

具体的な場所は検討中とのこと。

 

「とりあえず英語圏の方がいいかなというのは漠然と思っている」

「音楽を学びながら自分のなかから出てくるものを音楽として形にしていけたら」

と今後の方向性を示しています。

その他に記者からの質問は以下となっています。

 

Q:退所のキッカケについてはー?

A:れがきっかけでは無い。

 

Q:ジャニーさんに報告したのは

A:二日前

 

Q:メンバー全員で話し合った回数は?

A:二回

 

Q:メンバーはどんな言葉でひきとめた?

A:話を聞いたときの反応は

なんでや?

それはいやや!

・・しかなかった。

しかし、そこまで言うのであれば、それはもう頑張ってこいという思いしかなかった

 

 

横山裕 渋谷すばる脱退退所会見でのコメント

横山裕さんの会見でのコメント全文です。

正直きょうという日がこないでほしいと思っていました。

僕らなりにすばるにいてほしいという想いを伝えました

でもすばるの思いは強く、

なんの迷いもなく、

それを聞いたときに僕たちも下をむいていてはいけないと本当に思いました。

これからすばるにも厳しい道が待っていると思います。

僕たちもすばるに負けないよう全力で前を向いて突っ走っていくので、

皆さまどうがお力を貸していただければ幸いと思います。

涙ながらにコメントされているところを見ると、

これまでのメンバー同士の仲の良さや、絆の深さが見えますね。

 

村上信五 渋谷すばる脱退退所会見でのコメント

関ジャニ∞メンバーの村上信五さんは

これまでのメンバーで辛い事や時期を乗り越えてきた経験や体験をもとに

コメントされていました。

eighterという言葉はすばるから最初に出てきた言葉でもあります。

それは一番ファンの皆様が分かってくださっている言葉です。

その言葉をのこしてでも旅立っていくということを含めて

我々はそれを受け付いた上で向き合っていくべきことだと思いますので

ほんとに大倉君も言いましたけど

まぁ家族であり、友人であり、

ライバルでもありという

いろんな時期を見てきています。

ジュニアの時はこのメンバーで

関ジャニ∞という名前のグループとして

デビューできるかどうかも分からない時間を過ごしてきた中での

今回の決断ですので

そこは

新しいカテゴリーが出来てしまった僕らならではの

僕らにしかわからないところでの思いと言うのも

たくさん・・あります。

 

 

会見中もつらいでしょうね。

言葉を絞り出しているような印象を受けました。

 

 

大倉忠義 渋谷すばる脱退退所会見でのコメント

関ジャニ∞のメンバー大倉忠義さんのコメントです。

短いですが、現在公開されている会見の内容を紹介していきます。

 

そういう夢を持ったのであれば、

んー、応援するべきなのかなという・・うん・・事を思いました。

 

 

丸山隆平 渋谷すばる脱退退所会見でのコメント

関ジャニ∞の丸山隆平さんのコメントです。

短いですが現在公開されているコメント全文ですね。

 

まさかデビューする当時はこのようなことが

あるとは思ってもなかったですし、

これはやっぱり

関ジャニ∞で・・みんなで向き合ってすばるのことも向き合って

出た結果であって、

メンバーであることには変わりはないです。

 

脱退とは言っても、

仲の良いメンバ―であることには変わりはないですし、

これからも一緒である、応援してくという思いが

込められているように思います。

コメントをどうぞ