石原さとみ 向上心!アンナチュラル好評もネットでは『信心の賜物』

エンタメ

石原さとみ 向上心

女優の石原さとみさんがドラマ『アンナチュラル』の放送終了に伴い、その演技力や自己ブランディング能力の高さについて注目されています。

記事では向上心がものすごく高いのだとか。

 

スポンサーリンク

石原さとみ 向上心と自己ブランディング力!

https://twitter.com/gTBGpzKCAtCpBgy/status/976730314578976769

石原さとみさんが注目されているのは、その女優に対する向き合い方。

もちろん、石原さとみさんだけでなく、多く女優さんも同じように努力をされているかと思いますが、どうやら石原さとみさんは目線が異なる様子。

成功されている女優さんや俳優さんに多く見られるのは自己ブランディング力が高い事。

世間や視聴者からどのように見られているか、というのを最も大事にしています。

私の思う中で最も自己ブランディング力が高いなと思うのは大泉洋さん。

発言一つ一つにトゲが無く、誰も傷つけないような笑いを誘い、尚且つ俳優としての演技力も高い。さらには立派な父親としての一面もあり、一つ一つ考えて発言しています。

毎回見ていて勉強になるところがたくさんあります。

 

石原さとみさんにも同じことが言えるでしょう。

記事によると、女性はほとんどの方がメイクをされると思いますが、石原さとみさんは番組出演時には自身でメイクを行っているとのこと。

もちろん、メイクさんが信じられないとか言うわけではありません。

石原さとみさんは、その番組に出演する一瞬一瞬に対する熱意や思いが強く、

その状況に応じてどのように見られたいかを熟考し、それによって自身でメイクを変えているのです。

 今回の『アンナチュラル』でも、主人公の法医解剖医であるミコトが持つ柔らかさと意志の強さを表現するために、目と眉毛の間を狭め、毛流れを下に落とすように描き、色もグレイッシュな暗めのトーンを選んで引き締めたのだそうです。

そんなこと化粧が上手い人にしかできないように思いますが、おそらくは多くの演技をされているうちに勉強したのでしょうね。

シン・ゴジラに出演した時の石原さとみさんを覚えていますでしょうか?

鼻筋が高く、キリっとした表情で、尚且つ少しダークな印象を持たせた『仕事がデキる女』をしっかりと演じられています。

さらには、ニューヨークへの語学留学を行ったときからコツコツと学んできた得意の英語でセリフを流暢に話されていました。

このカッコよさ。ほかにできる女優さんってほとんどいないのではないでしょうか。

石原さとみさんが英語を学ばれているのは、おそらくは自身の演技や活動の枠を広げるため。

日本語だけで話しているよりも、英語が使えた方が『仕事がデキる女』としても拍が付きます。

しかも、あまり上手でないその場しのぎの付け焼刃の英語であれば、おそらく本当に話せる人からしたら『下手くそ』という印象を受けるでしょう。

下手したらバッシングも受けるかもしれません。

そんな印象を受けないようにと、日々コツコツと英語に取り組んできたことから現在の石原さとみさんを形成しているのでしょう。

これも努力の賜物と言えますよね。

 

どういう見え方ができるかを考えているのは、

以前笑っていいともに出演されていた時に話されていました。

 

 

石原さとみ 山下智久と破局?二股?モデルNikiと山Pのお忍びハワイデート?
かねてから交際が噂されている石原さとみさんと山下智久さん。 しかしながらここにきて週刊誌が山下智久さんがモデルのnikiさんとのハワイデートが報じました。 つい最近まで石原さとみさんが山下智久さんとの自宅デートが報じられていましたが、こ...

 

 

石原さとみ 向上心!座右の銘は『きのうの自分に勝つ』

比較、競争、争いの絶えない芸能界。

アイドルグループなどではセンター争いは必ず置きます。

女優でも同ことが言えるでしょう。

そんな中で、石原さとみさんは人と比較しないことを心掛けていると言います。

というのは、座右の銘が『きのうの自分に勝つ』と言うことだそう。

言葉では簡単ですが、なかなか実際に行動できないようにも思います。

そのうえで、石原さとみさんはこれをいつも心に置いて行動しているそう。

人と比較して勝つのでなく、きのうの自分に勝つ。高校生になった頃にある本で読んで、そのままじゃないけど、よく覚えている言葉です。人と自分を比較して落ち込んだり妬んだりするのではなく、きのうの自分と比べて今日はどれだけ成長できるのかに励む。それが一番大切なことかな

昨日より少しでも成長した自分を目指して励むこと。

現在の石原さとみさんを見ると、

どこか説得力のある言葉のようにも思います。

 

 

石原さとみ 始球式でサブマリン投法 山Pとの結婚報道はホント?
こんにちは! アイルです。 石原さとみさんが始球式で豪快なサブマリン投法をしたとこのことで 話題となっています! 毎回、何かしら練りに練った投法を披露する事で話題になりますよね。 そんな石原さとみさんについて調べていきます! ...

 

 

石原さとみ 向上心!アンナチュラル好評もネットでは『信心の賜物』

●向上心があるのはもちろん、結構、泥臭く、努力するのが好きな人なのでは?

丸石原さんはよく知らないんですけど、この記事と同じような「石原さとみは努力家で飾らない性格で同性にも人気!」というのをよく見る様な気がします。
と言うことは、世間的にそう思われていないから度々こういう宣伝しなければならないのかな?そう思わせたい思惑があるのかなと思ってしまう。

●信心の賜物。
持ち上げすぎじゃ。

●少なからずアンナチュラルは主要キャストはみんな良かった

●最近私かわいいでしょ的な感じがして好きになれない。

●アンナチュラルは、単純に面白かった。
それだけでしょ。
ドラマが面白いのは、脚本・演出含めた総合力。

●あざとさが滲み出ていて好きになれない

●好きな女優さんではあるけど
学会じゃなかったらもっと自然に支持できたのですが…

●なんか私は可愛いよアピールが出てる!
たらこ唇だし!
あまり好きではない!
可愛く映る時と、えって!思うときある!

●ガッズィーラは無かったな。
英語はやめた方がいい。

●あまりそう思ったことはなかったけど、
石原さんってそんなに努力をする人なのか。

●いまどき野木脚本作で主演やれば好感度も上がるだろそりゃ。逃げ恥が流行っちゃったもんだから、ブランド的な人気も絶対ある。他の女優も狙っているのは野木脚本作と決まっている。数字が若干地味目とはいえ、イメージ作りは効果絶大。ましてや、石原は役柄の幅を最も広げたいタイプだったと思う。アンナチュラルで勝ちに行けちゃった。

●昔は田舎くさいだけの子だったけどオシャレになった印象はある。
だけどちんちくりんw
演技もさほどうまいわけじゃないのに生き残っているのは、やっぱ事務所の力と本人の努力の賜物かw

●同性からの人気は全く気にしてなさそう。
化粧品のCMでさえ、男性を意識してますよね。
昔の芋臭かった頃と全然キャラが変わって怖い。

●もうドラマも終わったし、
これ以上の上げ記事必要ですか?
私の周りでこの人に憧れていたり好きな人
殆ど居ないんですけど。
やはり創価の支持が大きいんでしょうか。

●こういう記事を見ても何も響かない。
と言うか、その人と直接深い付き合いをした事が無いから、何とも言えない。
有名人を見て、ドラマやバラエティ番組を見たイメージとしてでしか捉えられないから、有名人の好き嫌いは、本心で言えないのでは?だから、私は、自分と直接深い交流した人との中でしか、どういう人か判断出来ませんね。芸能界は特に関心がないと言うか、興味持てません。ほとんどが偽りの世界だからです。

ネットのコメントを見ていて感じたのは、

やはり『信心の賜物』という言葉が多いように感じました。

というのは、石原さとみさんは創価学会のファミリーとして噂されているんですね。

それ故に、その力が働いてここまで成功している・・という声があるようでした。

確かに成功している分、そういったところで他の噂が立ってしまうことはなんだか残念ですね。。。

コメントをどうぞ