とくダネ! 謝罪 2月8日放送で三浦雄一郎さんを故人扱い 放送事故は以前にも

エンタメ

三浦雄一郎さんが死去されたという誤報がフジテレビの報道番組『とくダネ!』にて流れてしまったようです。

調べたところ、登山家・プロスキーヤーとして有名な三浦雄一郎さんを故人として紹介してしまったとのこと。普通であればあってはならない事件です。酷い間違いですね。

詳しく見ていきます。

 

スポンサーリンク

三浦雄一郎・プロフィール

  • 名前:三浦雄一郎(みうらゆういちろう)
  • 生年月日:1932年(昭和7年)10月12日
  • 職業:日本のプロスキーヤー及び登山家

現在講演会などで活躍されている三浦雄一郎さん。もちろんご存命です。

三浦雄一郎さんの一家はそろってスキー関連の職業についているようです。

父の三浦敬三さんは山岳スキーヤー

長男の三浦雄大さんは競技スキーヤー

二男の三浦豪太はリレハンメルオリンピック・長野オリンピック出場したフリースタイルスキー・モーグル選手

長女の三浦恵美里はクラーク記念国際高等学校・横浜青葉キャンパス校長、ミウラ・ドルフィンズ代表取締役も兼務しているとのこと。

 

とくダネ!三浦雄一郎氏を故人扱い 経緯は?

とくダネ!で誤った放送を行ってしまった経緯としてはスキー・ジャンプの葛西紀明選手が2月8日夜に登場することを紹介したことから始まりました。

番組はその後。元モーグル男子の日本代表選手で登山家・三浦雄一郎さんの次男である三浦豪太さんに今大会の注目選手を聞いたVTRを放映しました。

しかし、三浦豪太さんを紹介するテロップで一緒に写る三浦雄一郎さんを『故・三浦雄一郎さん』と紹介していました。

 

これは本当に失礼ですよね。

フジテレビ宛に三浦雄一郎さん側から苦情はこなかったのでしょうか。おそらくは番組ディレクター側のミスかと思いますが、以前にも同じことが発生していたように思います。

番組再編よりも社員再編を行うべきでは・・?

 

VTR放送が終わった後、司会の小倉智昭さんは神妙な面持ちで謝罪されていました。小倉さんが間違えたわけではありませんが、とくダネ!の顔となっているため、ネットでは小倉さんが悪いような書き込みが目立つようになっています。

小倉さんも内心では相当怒っていたのではないでしょうか。

小倉智昭さんの謝罪の言葉は以下のようでした。

 

三浦豪太君のお父様・三浦雄一郎さん、今も大変お元気で、もう一度エベレストに行くんだとおっしゃっています。

その三浦さんに対して、大変失礼なスーパーを流してしまいました。申し訳ありません

 

 

とくダネ! 放送事故は以前にも

「とくダネ!」では、今回のような放送事故は実は度々発生しているようです。

前回としては、2017年7月28日放送のの冒頭。

同月27日に放送した医師法違反で逮捕された事件に関し、誤って一般の男性のインタビューを容疑者として放送してしまったようです。

残念ながら、そのときの動画はありませんでしたが、小倉智昭キャスターが謝罪を切り出され、梅津弥英子アナウンサーが謝罪されたそうです。

 

『今日ははじめにお詫びをさせていただきたいと思います』

『昨日、番組で放送した医療プロジェクト企画の中で、医師法違反容疑で70歳の男が逮捕された事件を扱いましたが、その際、一般の男性の方のインタビューを誤って容疑者として放送してしまいました。ご本人はじめ、関係者及び視聴者のみなさまにご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。誠に申し訳ありませんでした』

 

映像に流された一般男性の映像は資料映像で、一般男性は、容疑者の元を訪れたところをインタビューされていたようです。フジテレビ側は「過去の素材の内容を十分に確認しなかった」として謝罪されています。

その後、一般男性とは連絡が取れない状態となっていたそう。実際にその方に謝罪されたかは確かではありません。

 

ネットの反応

 

 

 

コメントをどうぞ